奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

平城宮跡自然散策の最近のブログ記事

秋の七草

 秋の気配が色濃くなり、澄んだ空気のなか平城宮跡の草原には虫たちの高らかな声が響いています。虫たちの声や草原を渡る風の音にそっと耳を澄ましていると、どこか移ろいゆく季節のもの寂しさを感じずにはいられません。  さて、今回は秋を代表する植物「秋の七草」をご紹介いたします。  平城宮跡において目...
続きを読む

ツバメのねぐら入り2017

平城宮跡では今年もツバメのねぐら入りのシーズンを迎えています。 今年度はピーク時最大60,000羽のツバメが観測されており、ねぐらであるヨシ原の上空に集結し一斉に舞い降りる様は圧巻の一言につきます。 平城宮跡における最大飛来数はこの5年間で約3倍にも増加しています。全国には多数のツバメのねぐ...
続きを読む

蝉時雨

梅雨明けから10日あまりが経過しました。 連日の猛暑の中、早朝から蝉の鳴き声で目が覚めるといった方もいらっしゃることでしょう。 蝉は幼虫として地中で生活する期間が長く、種類にもよりますが3~13年(アブラゼミは6年)に達し、羽化して成虫となった後は数週間ほどでその一生を終えます。 その間、...
続きを読む

東院庭園に集う

梅雨入りから早くも一か月が経過しました。 曇天の下、平城宮の東に位置する東院庭園を訪れました。 東西80m、南北100mの敷地の中央には逆L字形の池があり、朱塗りの中央建物をはじめとする隅楼、築山石組や曲水などが復原されています。 池の周囲を歩いてみますと、奈良時代に植栽されていた樹木(ア...
続きを読む

ヒバリのヒナの成長過程

5月29日に孵化したヒバリのヒナですが、その後は天敵に襲われることなく順調に成長しています。 孵化4日目。親ヒバリを刺激しないように周囲を確認して巣に近づきます。 この時期はまだほぼ目は閉じたままで、親ヒバリが餌を運んでくる気配に口をぱくぱくと開けているようです。 孵化7日目。全身がふわふ...
続きを読む

ヒバリの孵化

平城宮跡内の某所で、本日ヒバリのヒナが二羽誕生しました。 卵は小さく2センチほどの大きさです。孵ったばかりのヒナは、まだ殻をお尻につけたままのようです。 産卵場所は草の根元などにあるため、今後天敵の標的になりかねません。 自然界の掟とはいえ、何とか無事に巣立って欲しいと願うばかりです。 ...
続きを読む

野鳥を育む平城宮跡

平城宮跡を彩ったソメイヨシノも今は葉桜となり、眩しい新緑で覆われています。 春を告げる野鳥のさえずりが高らかに響き渡り、繁殖の準備を始める5月、夏鳥たちが姿を現し始めています。 「ピーチュル、ピーチュル」 甲高いさえずりに空を見上げると、停空飛翔している「ヒバリ」を見つけることができます。...
続きを読む

桜の開花状況(満開)

平城宮跡の桜の開花状況をお知らせいたします。 先週から気温がぐんぐん上昇し早くも見頃を迎えている宮跡の桜ですが、長らく雨の日が続いていますね。 このように3月下旬頃から4月上旬にかけて葉の花(菜種)が咲くころに降り続ける雨を「菜種梅雨」とよびます。 硬くなった大地を潤し、芽吹きを迎えた植物...
続きを読む

桜の開花状況(三分咲き)

平城宮跡の桜の開花状況をお知らせいたします。 奈良地方気象台は4月3日に桜の開花を発表しました。昨年より11日遅い開花となりました。 桜が開花する条件の一つとして「冬の寒さ」が必要ですが、暖冬の影響でしょうか、全国的に遅い傾向にあるようですね。 平城宮跡の桜は三分咲きの状態です。今週末から...
続きを読む

桜の開花状況(つぼみふくらむ)

平城宮跡の桜の開花状況をお知らせいたします。 日本気象協会発表の奈良市の予想開花日は、本日3月31日です。 今年の桜前線は平年より遅いペースで進んでいるようですね。 皆様の身近な桜はもう花開きましたか?   ...
続きを読む

アリスイ

 平城宮跡を散策しているとたくさんの野鳥に出会うことができます。  梅林や草原、湿地が広がる豊かな自然環境が多種多様な野鳥たちの生息場所になっているのです。  今回はその中からキツツキの仲間の「アリスイ」をご紹介したいと思います。  アリスイはキツツキ科アリスイ属の鳥で、日本では夏に繁殖の...
続きを読む

梅便り2017(ほぼ満開)

 平城宮跡資料館前の梅林の開花状況をお知らせいたします。  3月初旬は寒さが和らぎ暖かい気候に恵まれたため、ほぼ満開に近い状態となっております。 梅と大極殿 ...
続きを読む

梅便り2017(三分~五分咲き)

 平城宮跡資料館前の梅林の開花状況をお知らせいたします。  全体的に三分~五分咲きです。  梅の芳香に誘われて、メジロたちが蜜を求めて枝から枝へと飛び回っています。  早春の平城宮跡にぜひお越しください。 紅梅 ...
続きを読む

梅便り2017(つぼみ膨らむ)

 平城宮跡資料館前の梅林の開花状況をお知らせいたします。  本日は午後から気温が上昇し、春の陽気を感じられる一日となりました。  先週は積雪の中でじっと春の訪れを待っていた梅に、春の日差しが降り注ぎつぼみが嬉しそうに開花しています。  これから開花状況を順次お知らせいたしますので、ぜひ平城...
続きを読む

雪化粧

 未明から降り始めた雪。  うっすらと雪化粧をした平城宮跡の情景に出会うことができました。  ようやくほころび出した梅も、雪の帽子を被って春の訪れを待ちわびているかのようですね。   梅林付近 ...
続きを読む

サザンカの季節

 本日は二十四節気の一つ「大寒」です。平城宮跡では時折小雪が舞う本格的な寒さとなりました。  厳しい寒さの中で、平城宮跡の草木の多くは、来るべき春に備えて休眠に入っています。  そのような中で、ひと際目を引く鮮やかな花を咲かせているのがサザンカです。  平城宮跡資料館東側の梅林の中や大極殿...
続きを読む

霧の平城宮跡

 師走の早朝、平城宮跡は濃い霧に覆われました。  建造物や自然をつつみこむ霧の中に佇むと、普段目にしている情景とはまるでかけ離れた、まるで異世界の扉が開いたかのような錯覚を覚えました。  濃い霧の向こう側に、1300年余の時を経て古代人たちの足音が聞こえてくるかのような、そんな幻想的な朝の情...
続きを読む

銀色に輝くオギ原

 樹木の葉が色付き始める季節、無数のオギ(荻)が一斉に穂を出して輝き始めました。  平城宮跡にはオギの群落地が複数存在します。朱雀門の北側、東院庭園の西側では大規模な群落が形成されています。  オギは和歌集に詠まれた古い歴史をもつ植物です。万葉集に登場する秋の情景が色濃く詠まれた1首をご紹介...
続きを読む

キンモクセイの香る季節

 平城宮跡では今、キンモクセイ(金木犀)が満開を迎え、見ごろとなっています。  宮跡に赴くと、秋の爽やかな風にのってキンモクセイの甘く芳しい香りが漂ってきます。  キンモクセイは日本古来の植物ではなく、江戸時代に中国から伝来したといわれています。  キンモクセイ(金木犀)の名前の由来は、樹...
続きを読む

空に架かる虹

 雨上がりのひと時、雲の隙間から太陽が顔をのぞかせました。  東の空には大きな虹が架かり、とても幻想的な情景に出会うことができました。  中央区朝堂院近くから見られた虹は2本出ていますね。通常よく目にする虹は1本ですが、2本出ることがあります。左の虹を「主虹(しゅこう)」、右の虹を「副虹(ふ...
続きを読む

うろこ雲たなびく平城宮跡

 うろこ雲がたなびく季節になりました。9月は雨の日が続き、あいにく天候には恵まれず青空を見上げる機会も少なかったのではないでしょうか。  そんな中、貴重な晴れ間を見つけて、秋の気配が濃厚になってきた平城宮跡を歩いてみました。  今回は秋を象徴する草花をご紹介したいと思います。  平城宮跡資...
続きを読む

ツバメのねぐら立ち

 さわやかな秋風が心地よい季節になりましたね。  前回ご紹介しました「ツバメのねぐら入り」に引き続き、今回は早朝の情景をお伝えしたいと思います。  夜明け前、ヨシ原周辺は虫の音が響き渡り、東の空が白み始める頃ツバメたちは眠りから目覚めます。  チィチィチュチュッと囀りながら羽ばたき始め、ね...
続きを読む

ツバメのねぐら入り2016

 平城宮跡では今、ツバメのねぐら入りがピークを迎えています。  私たちの身近な鳥でもあるツバメは、冬の時期は暖かい南国(台湾やフィリピンなど)で越冬し、春になると繁殖のために日本に戻ってきます。  4月頃から民家の軒下などで子育てを始めるツバメ。やがて巣立ったヒナと親ツバメは河川敷のヨシ原な...
続きを読む

万葉集に詠まれた植物

 梅雨明けから10日経ちました。  蝉たちが生を謳歌する甲高い声が、宮跡内に響いています。これからいよいよ本格的な夏の到来ですね。  平城宮跡内では86種の万葉植物の生育が確認されており、一年を通じて様々な種に出会えます。  本日は、万葉集に詠まれている植物たちをご紹介したいと思います。 ...
続きを読む

東院庭園周辺の樹木

 東院庭園の周辺にはたくさんの樹木が植えられていて、四季折々の姿を見ることができます。  梅雨空の下、甘い香りを放っているのがクチナシです。冬に熟す実が口を開かないことから「クチナシ」と名付けられたそうです。実は染料としても利用されます。東院庭園の駐車場を囲む生垣として利用されています。  ...
続きを読む

雨降り花

 本格的な雨の季節となりました。  梅雨の季節を彩る花々といえば、皆さん何の植物を思い浮かべますか?  昨年は「アジサイ」を紹介いたしました。(「梅雨空の下」2015年7月9日)  今回はとても身近な植物で、道端や草原などでよく目にする機会もあるシロツメクサ(クローバー)を紹介したいと思い...
続きを読む

緑の柱跡

 平城宮跡の第一次大極殿の東側には天皇の住まいである「内裏」という建物がありました。  1300年余の時を経て、現在は内裏跡にイヌツゲ(犬黄楊)という木が植樹されています。  芽吹きの季節を迎え、艶やかな光沢のある新芽が成長して、小さな花がたくさん咲いています。  イヌツゲは雄株と雌株に分...
続きを読む

満開のヒラドツツジ

 季節は新緑の5月に入りました。  平城宮跡の随所でヒラドツツジ(平戸躑躅)の花が満開を迎えています。  ヒラドツツジは、長崎県平戸市で発祥したツツジ科の植物です。花は大輪で、一重咲きが特徴です。  花の色も白から赤の単色、白を基調として赤系の色が入ったものまで幅広く御覧いただけます。 ...
続きを読む

足元に小さな春を見つける

 4月も半ばを迎え、日中は汗ばむぐらいの陽気の日が多くなりましたね。  宮跡内の動植物たちの成長はめまぐるしく、草花たちは太陽を仰ぐように元気に咲きほこっています。  カーペット状に一面に咲くムラサキサギゴケ、眩しい黄色はタンポポ、清楚な白はスミレ、ぽんぽん花開くのはシロツメグサ。こういった...
続きを読む

桜の開花状況(満開)

 平城宮跡(2015年4月5日現在)の桜の開花状況をお知らせいたします。  週末の陽気で一気に満開になり、見頃を迎えています。  明日も天候に恵まれますので、お花見が楽しめそうですね。   平城宮跡資料館付近 ...
続きを読む

桜の開花状況(咲き始め)

平城宮跡(2015年3月30日現在)の桜の開花状況をお知らせいたします。 昨日の陽気で一気に開花し始めています。今週末にはお花見が楽しめそうですね。 東院庭園のモモは満開を迎えており、新しく葺き替えられた中央建物の屋根もとても美しいですね。     ...
続きを読む

桜の開花状況(開花直前)

 平城宮跡(2015年3月23日現在)の桜の開花状況をお知らせいたします。  全国各地で桜の開花宣言のニュースが流れ始めていますね。  平城宮跡では全体的につぼみが色付き、数日のうちに開花する模様です。  開花の模様は随時お伝えいたしますで、御覧になってくださいね。   ...
続きを読む

春の息吹

 本日の日中は春本番を感じられるぽかぽか陽気となりましたね。  春の息吹を感じながら、平城宮跡を散策される人々の姿も増えてきています。  平城宮跡(2015年3月17日現在)の桜の開花状況をお知らせいたします。  全体的につぼみがふくらんだ状態です。今冬は暖冬傾向でしたので、桜の花芽は休眠...
続きを読む

梅便り2016 (満開)

 平城宮跡資料館前の梅林の開花状況をお知らせいたします。  ここ数日の気温上昇に伴い、ほぼ満開で見頃を迎えています。     ...
続きを読む

梅便り2016 (つぼみ~咲き始め)

 平城宮跡資料館前の梅林の開花状況をお知らせいたします。  奈良市の今朝の気温は氷点下まで下がり、真っ白な霜に覆われた一日の始まりとなりました。  紅梅、白梅ともにつぼみが膨らみ、日中の暖かな日差しの元でゆっくりと開花しています。  昨年の同時期と比較してみますと、やはり暖冬傾向の影響でし...
続きを読む

梅便り2016 (一部開花)

 立春の日の朝、平城宮跡一面は真っ白な霜がおりました。ぴんと張りつめた空気のなか、霜をまとった梅の蕾たちが、朝日を浴びてふっくらとした姿を現しました。  平城宮跡資料館の横にある梅林は、全体的にまだ蕾の状態です。  東院庭園の駐車場近くにある梅林では、紅梅が開花しています。  暦の上では今...
続きを読む

本格的な寒さ

 二十四節気の一つ「小寒(寒の入り)」からちょうど1週間が経ちました。  暦の上では最も寒さが厳しくなる時期に入りましたが、皆さんも肌で感じられているように今冬は平年より気温が高い日が続いていますね。  今朝は平城宮跡にも霜が降り、ようやく本来の寒さが到来しています。  梅林の梅は暖冬の影...
続きを読む

晩秋の平城宮跡

 11月も最終日を迎え、平城宮跡は晩秋の気配が色濃くなってきました。  冬に近づくにつれ、彩りが少なくなるこの季節。そんな風景の中に鮮やかな赤を添えているのがサザンカです。  サザンカは平城宮跡資料館東側の梅林の中や大極殿周辺、朱雀門周辺など随所に植えられています。真冬にも次々と開花して道行...
続きを読む

実りの季節

 平城宮跡の樹木は実りの季節を迎え、色鮮やかな実がたわわに生っている情景が見られます。  好天に恵まれ暖かい日が続いたからでしょうか、5月に開花していたシャリンバイの花が再び咲いていました。  思わず指でつまんでみたくなりますが、食用ではありませんので観賞用に止めておいてくださいね。 &n...
続きを読む

秋の情景

 平城宮跡では毎年、この季節になると銀色に染まった草原が見られます。  これらの草原景観を形成しているのが、万葉植物の一つでもあるオギ(荻)です。  一見ススキ(薄)にとてもよく似ているため、別名「ススキもどき」といわれています。  ぬけるような青空を背景に、銀色に輝く眩しいオギの穂が秋風...
続きを読む

季節外れの桜

 平城宮跡には涼しい風が吹き渡り、草原には虫たちが競って美しい鳴き声を響かせています。  もうすっかり秋の気配が色濃くなってきましたね。  そんな秋の情景をお届けしたいところですが、今年は珍しい自然現象が起こっているのでそちらを取り上げていきたいと思います。  場所は平城宮跡資料館前の桜の...
続きを読む

ドングリの木

 梅雨明けから10日が経ちましたね。長い眠りから目覚めた蝉たちも早朝から一斉に鳴き始めています。  平城宮跡には蝉たちが集まる樹木が多数あります。佐伯門跡から第一次大極殿に向かって一本の並木道があります。春には多種類の桜が美しい通りですね。  夏を迎え、木々は緑の葉をたたえ蝉たちがたくさん集...
続きを読む

梅雨空の下

 梅雨入りから一ヵ月以上経ちました。今週は特に蒸し暑さを感じる日々が続いているので、梅雨明けが待ち遠しいところですね。  さて今回は、梅雨時を彩る花の一つ「アジサイ」をご紹介しましょう。 平城宮跡資料館駐車場近くの雑木林の中にひっそりと咲いています。ご存じの方もおられるかもしれませんが、私たち...
続きを読む

梅雨の晴れ間

昨日は梅雨の中休みの晴れの一日となりました。 平城宮跡資料館横にある梅林を覆っていた草もすっきりと刈り込まれ、歩いていると草の芳しい香りが周辺に漂っています。 シロツメグサの群生地の真ん中に小道が現れました。   ...
続きを読む

木陰で一休み

 梅雨入りから1週間が経ちましたね。雨傘の出番も増えたのではないでしょうか。  でも今日は強い日差しを遮る日傘が役立つお天気になりました。  こんな日は木陰のベンチで休憩しながら、ゆっくりと宮跡散策をお楽しみください。  ベンチは資料館東側の梅林近くに設置されており、コナラの大きな木は日差...
続きを読む

平城宮跡に咲く樹木の花

5月も下旬となり平城宮跡は緑一色、新緑の季節をむかえています。 その緑のなかに、色鮮やかな花を咲かせている樹木たちをご紹介しましょう。 平城宮跡資料館に隣接する梅林の北側には、シャリンバイとトベラの生垣があります。 シャリンバイ(車輪梅)という名前は、枝が一箇所から車輪状に出ており、梅の花...
続きを読む

平城宮跡資料館周辺を歩く

 平城宮跡資料館の駐車場から奈文研仮庁舎まで歩く道すがら、出会える植物たちをご紹介いたします。  駐車場入口ではカエデの木がお出迎えしてくれ、ヒラドツツジの生垣の中にヤマブキが咲いています。  ヒラドツツジの生垣は平城宮跡周辺に多数見ることができます。今はまだ咲き始めですが、朱、桃、白、紫の...
続きを読む

桜の開花状況 (満開)

平城宮跡(2015年4月2日現在)の桜の開花状況をお知らせいたします。 佐伯門から第一次大極殿院への桜並木は、まだ咲き始めの桜が多く、来週も楽しめそうです。 明日から週末にかけてお天気が下り坂の予報ですので、青空の下でお花見ができるのは今週は最後かもしれませんね。   ...
続きを読む

桜の開花状況 (咲き始め)

平城宮跡(2015年3月30日現在)の桜の開花状況をお知らせいたします 全体的に咲き始めの状態です。 今日は好天に恵まれ、青空の下でお昼ご飯を楽しむ人々で賑わっています。   遺構展示館周辺 ...
続きを読む

桜の開花状況 (つぼみふくらむ)

平城宮跡(2015年3月26日現在)の桜の開花状況をお知らせいたします。 花冷えから一転、明日からは春の陽気となり一気に桜の開花が見られることでしょう。   第二次大極殿周辺 ...
続きを読む

桜の開花状況(つぼみ)

春分の日が過ぎ、全国各地の桜の開花ニュースが聞かれるようになりましたね。 平城宮跡の桜も先週の暖かさでつぼみが一気にふくらみ始め、ピンクの花弁がお目見えしています。   平城宮跡資料館前(2015年...
続きを読む

梅便り2015 (五分~七分咲き)

平城宮跡内の梅林の開花状況をお知らせいたします。 平城宮跡資料館前の梅林は、五分咲きです。 東院庭園前にはとても濃い色合いの紅梅があります。こちらはほぼ満開で今が見頃となっています。 今週は寒の戻りがあり厳しい寒さが続きましたね。週末からは気温も上昇し、来週にはきっと満開を迎えることでしょ...
続きを読む

梅便り2015 (三分咲き)

平城宮跡資料館前の梅林の開花状況をお知らせいたします。 ほころんだつぼみが次々と開花しています。みつばちも香りに誘われて飛来しています。   (2015年3月6日) ...
続きを読む

梅便り2015 (つぼみ)

平城宮跡資料館前の梅林の開花状況をお知らせいたします。 堅いつぼみがふくらみ始め、少し視線を上に向けてみると一輪二輪咲き始めています。 今後は定期的に開花状況をお知らせしていきますので、ぜひご覧になってくださいね。   ...
続きを読む

雪景色

昨日は暖かくなり始めたかなと思ったのですが、本日は雪が降りました。 平城宮跡も薄く雪化粧をし、とてもきれいです。 春は、桜がきれいな平城宮跡。そろそろ春が待ち遠しいです。     雪の...
続きを読む

サザンカとメジロ

立春を過ぎて暦のうえでは春になりましたが、まだまだ寒い日が続いていますね。 春が待ち遠しい平城宮跡では、色鮮やかなサザンカの木が満開をむかえています。 そのサザンカの木にやってくる緑色の小さな鳥がメジロです。メジロは甘い蜜が大好きで、サザンカや梅などに集まってくるのです。 梅のつぼみもよう...
続きを読む

秋風そよぐ平城宮跡

平城宮跡の朱雀門周辺にはたくさんのススキが群生しています。 秋風に揺れるススキや色づき始めた桜の木々を眺めながら、深まる秋を 感じてみてはいかがでしょう。 朱雀門近くには休憩所が新設されていますので、ぜひご利用ください。   ...
続きを読む

小さなお花畑

平城宮跡にはたくさんの草花が咲いています。 気温の上昇とともに咲き広がり、まるで小さなお花のカーペットです。 宮跡にお越しの際には、ぜひ探してみてくださいね。   タンポポ(2014年4月23日)...
続きを読む

桜の開花状況 (満開)

平城宮跡周辺の開花状況をお知らせいたします。 ほぼ満開を迎えていますが、一部遅咲きの品種もあります。(佐伯門周辺)   平城宮跡資料館前(2014年4月2日) ...
続きを読む

桜の開花状況 (咲き始め)

平城宮跡周辺の開花状況をお知らせいたします。 今週末には一気に開花が進みそうです。   平城宮跡資料館前 ...
続きを読む

梅便り (八分咲き)

東院庭園周辺の梅の開花状況をお知らせいたします。 こちらの紅梅は平城宮跡資料館前のものとは色合いが異なり、ほぼ満開です。(2014年3月12日) ...
続きを読む

梅便り (五分咲き)

平城宮跡資料館前の梅林の開花状況をお知らせいたします。 全体的につぼみが目立つ状態ですが、一部開花が早い樹もあります。(2014年3月7日)   ...
続きを読む

平城宮跡は雪景色

平城宮跡の雪景色です。 ...
続きを読む

平城宮跡ギャラリー 2013年4月

  大極殿 (2013年4月4日)   ...
続きを読む

平城宮跡ギャラリー 2013年3月

  資料館前  (2013年3月6日)   ...
続きを読む

平城宮跡ギャラリー 2013年2月

  大極殿  (2013年2月28日)   ...
続きを読む

平城宮跡ギャラリー 2012年11月

  ススキの原  (2012年11月5日)    ...
続きを読む

平城宮跡ギャラリー 2012年8月

  ツバメの塒(ねぐら)入り  (2012年8月12日)   ...
続きを読む

平城宮跡ギャラリー 2012年7月

  亀  (2012年7月22日)   ...
続きを読む

平城宮跡ギャラリー 2012年4月

  もう咲いている!? (2012年4月2日)   ...
続きを読む

平城宮跡ギャラリー 2012年3月

  さざんか  (2012年)   梅...
続きを読む

平城宮跡ギャラリー 2011年8月

  朝焼け  (2011年8月7日)   ...
続きを読む

平城宮跡ギャラリー 2011年6月

  平城京歴史館  (2011年6月3日)   ...
続きを読む

平城宮跡ギャラリー 2011年4月

  近鉄と朱雀門 (2011年4月7日)   佐伯門跡 (2011年4月8日) ...
続きを読む