奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

2020年5月アーカイブ

平城宮跡資料館令和元年度冬期企画展「発掘された平城2019」リーフレット を学術情報リポジトリで公開しました。 本文をPDFで閲覧いただけます。 http://hdl.handle.net/11177/7683   ...
続きを読む
 2019年に私たち奈良文化財研究所のカンボジア事業が25周年の区切りを迎えたことを受け、2019年12月2日、修復作業が大詰めを迎えている西トップ遺跡現地で、「奈良文化財研究所カンボジア事業25周年式典」を開催いたしました(写真1)。 写真1  奈良文化財研究所は、内戦終結直後の1993年に、カン...
続きを読む
奈良文化財研究所ホームページ「現地説明会」に1955年から2008年までの現地説明会、およそ300件の情報を追加いたしました。 現地説明会のページはこちら»https://www.nabunken.go.jp/fukyu/account.html 現地説明会で配布された資料も多数公開してお...
続きを読む

古代都市平城京の疫病対策

2020年5月  律令制度に基づく国家づくりが軌道にのり、平城京が国の中心として繁栄しつつあった天平7年(735)。天然痘とみられる疫病が、大宰府管内で流行し始めました。翌年には一旦、収束したともみられていますが、天平9年(737)4月に再度、大宰府管内で流行がはじまると、7月には平城京をはじめ畿内...
続きを読む

神社か?寺院か?

2020年5月  皆さんもご存じのように、関西には有名な名所・旧跡がたくさんあります。なかでも私は、京都府八幡市にある石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)(図1)に深い興味を抱いています。その名の通り、現在、石清水八幡宮は神社です。しかし、前近代においては、神社と寺院の合体した宗教施設でした。私は...
続きを読む
はじめに  景観研究室では文化的景観の調査研究をおこなっています。文化的景観はその地域の歴史と風土に根ざした生活や生業の景観であり、地域の文化を総合的に捉える文化財です。代表的な例には、棚田や水郷などで知られる農山漁村の景観などがあります。  現在の日本社会では、少子高齢化・人口減少による地域社会...
続きを読む

月別 アーカイブ