奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

空に架かる虹

 雨上がりのひと時、雲の隙間から太陽が顔をのぞかせました。

 東の空には大きな虹が架かり、とても幻想的な情景に出会うことができました。

 中央区朝堂院近くから見られた虹は2本出ていますね。通常よく目にする虹は1本ですが、2本出ることがあります。左の虹を「主虹(しゅこう)」、右の虹を「副虹(ふくこう)」というそうです。

 いろいろな表情を見せてくれる平城宮跡。ぜひ一度行楽シーズンにお越しください。

 

20161005_1.jpg

佐伯門付近の並木

20161005_2.jpg

中央区朝堂院付近

20161005_3.jpg

第一次大極殿付近

20161005_4.jpg

第一次大極殿

 

20161005map.jpg

撮影場所
クリックで拡大していただけます