奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

平城宮跡に咲く樹木の花

5月も下旬となり平城宮跡は緑一色、新緑の季節をむかえています。

その緑のなかに、色鮮やかな花を咲かせている樹木たちをご紹介しましょう。

平城宮跡資料館に隣接する梅林の北側には、シャリンバイとトベラの生垣があります。

シャリンバイ(車輪梅)という名前は、枝が一箇所から車輪状に出ており、梅の花に似ている様子から名づけられました。

トベラは甘い芳香のある花が咲き、思わず顔を近づけてみたくなります。

 

 

20150522_1.jpg

シャリンバイ(車輪梅)

20150522_2.jpg

トベラ

20150522_3.jpg

トベラの生垣

 

生垣を過ぎた先には、花の見頃をむかえたセンダンの木があります。淡い紫色の小花が気持ちよさそうに風に揺れています。

20150522_4.jpg

センダン

20150522_5.jpg

センダンの花

 

ヤエザクラの花は若い実をつけ始めています。

20150522_6.jpg

ヤエザクラの実

 

いずれも平城宮跡資料館のすぐ近くでご覧いただけますので、ぜひお立ち寄りくださいね。

月別 アーカイブ