奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

野鳥とサザンカ

暦の上では4日後に「立春」を迎えます。連日厳しい寒さが続いていますが、立春を境に気温の底はピークを過ぎ、ゆっくりと春めいた気温に移りゆくことでしょう。

さて、そんな厳冬の平城宮跡では秋に銀色の穂を揺らしていたオギの群落はほぼ刈り取り作業が行われ、湿地帯では冬を象徴する冬鳥たちの姿が見られるようになりました。

撮影中、中央区朝堂院東側に広がるオギの群落地の水路に佇む一匹の野鳥に遭遇しました。

背は高く、脚もすらりと長く、全長は90-100cmほどにもなるサギの中では日本最大といわれる「アオサギ」です。

獲物を狙いすましているのでしょうか、水面をじっと凝視しています。徐々に距離を詰めていきますが、至近距離まで接近しても微動だにしません。ですが、ようやく人の気配に気づいたアオサギはゆっくりと大きな翼をはばたかせて飛び去っていきました。

身近に野鳥の生態を観測できるのも平城宮跡ならではですね。

宮跡内のほぼ全域に植えられているサザンカは見頃を迎えており、その鮮やかな花色には思わず足を止めて見入ってしまうほどです。

そのサザンカの生垣の中から時折「チー、チー」という、鳴き交わる美しい声が聞こえてきました。優しいその声の主は春を告げる鳥「メジロ」です。メジロたちも、梅や桜の開花を心待ちにしているに違いありません。

春の訪れを待つ平城宮跡にぜひお越しください。

IMG_2863.jpg

アオサギ

IMG_2866.jpg

アオサギの飛翔

IMG_2867.jpg

アオサギの飛翔 背景はサザンカ

IMG_2987.jpg

サザンカの木に群がるメジロたち

IMG_2987_2.jpg

サザンカの花の蜜を吸うメジロたち

Img_2949.jpg

つぼみ膨らむ梅の木とメジロ

IMG_2788.jpg

平城宮跡資料館近くのサザンカ

IMG_2937.jpg

平城宮跡資料館近くのサザンカ

IMG_2775.jpg

 

平城宮跡資料館近くのサザンカ

IMG_2790.jpg

サザンカの花

IMG_2909.jpg

平城宮跡資料館近くのサザンカ

IMG_2908.jpg

平城宮跡資料館近くのサザンカ

IMG_2913.jpg

平城宮跡資料館近くのサザンカ

IMG_2887.jpg

第一次大極殿とサザンカの生垣

IMG_2881.jpg

第一次大極殿北側のサザンカの生垣

IMG_2888.jpg

第一次大極殿とサザンカの生垣

20180131map.jpg

 

撮影場所
クリックで拡大していただけます