奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

秋風に吹かれて

 秋風が心地よい季節になりました。平城宮跡周辺を歩いていると、ふと鼻をかすめる甘い香りが漂ってきます。その香りの正体はキンモクセイ(金木犀)です。

 平城宮跡は今、秋風にのって運ばれたキンモクセイの優しい香りで包まれています。キンモクセイについては「キンモクセイの香る季節」(2016年10月20日)をご覧ください。

 少し足を伸ばして東院地区を訪れますと、穂が開き始めたばかりのオギが風になびき美しい景観がひろがっています。

 オギの穂は開き始めの頃はうっすらと茶色の色彩が目立ちますが、開ききった穂は透き通るような純白になります。さらにこれから11月下旬頃にかけて見頃を迎えます。

 爽やかな秋風に吹かれながら、平城宮跡をゆったりと散策してみませんか。

 

1_IMG_6328.jpg

キンモクセイ(以下同)

2_IMG_6397.jpg

3_IMG_6414.jpg

4_IMG_6341.jpg

平城宮跡資料館から駐車場までの生垣

5_IMG_6382.jpg

推定宮内省付近

6_IMG_6366.jpg

第一次大極殿付近

7_IMG_6418.jpg

オギ(以下同)

8_IMG_6419.jpg

東院庭園付近

9_IMG_6440.jpg

東院庭園付近

10_IMG_6267_1015.jpg

東院庭園付近から朱雀門を望む

11_IMG_6263_1015.jpg

東院庭園付近

12_IMG_6451.jpg

東院庭園付近


20191017map.jpg

撮影場所
クリックで拡大していただけます

月別 アーカイブ