奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

秋の情景

 平城宮跡では毎年、この季節になると銀色に染まった草原が見られます。

 これらの草原景観を形成しているのが、万葉植物の一つでもあるオギ(荻)です。

 一見ススキ(薄)にとてもよく似ているため、別名「ススキもどき」といわれています。

 ぬけるような青空を背景に、銀色に輝く眩しいオギの穂が秋風に揺れていています。

 先週に引き続き、今秋も好天気に恵まれそうですのでぜひ散策にお越しくださいね。

 

20151021_1.jpg

大極殿

20151021_2.jpg

オギの群落

20151021_3.jpg

オギと朱雀門

20151021_4.jpg

オギの穂

20151021_5.jpg

オギとセイタカアワダチソウ

20151021_6.jpg

佐伯門周辺の紅葉が始まった桜並木

20151021_7.jpg

紅葉した桜の葉