奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

サザンカ

 二十四節気の一つ「冬至」も過ぎ、いよいよ本格的な寒さが到来しています。来るべき春への備えとして葉を落とす樹木たち、地上部は枯れて球根になり土中で眠りにつくもの、種となって子孫を次世代に繋ぐもの・・・厳冬期を迎えた植物たちの形状は様々です。

 そのような中でも、冬を代表する花でもある「サザンカ」は、常緑のまま寒さに耐えながら色鮮やかに咲き誇っています。

 平城宮跡内にはサザンカが多数植栽されており、無数に花弁をつけるその姿に類まれなる生命力を感じます。

 開花期間も長く、春先まで私たちの目を楽しませてくれることでしょう。

 

20201217_1.jpg

第一次大極殿を望む

20201217_2.jpg

第一次大極殿を望む

20201217_3.jpg

梅林付近

20201217_4.jpg

梅林付近

20201217_5.jpg

梅林付近

20201217_12.jpg

梅林付近

20201217_13.jpg

白花 梅林付近

20201217_6.jpg

平城宮跡資料館付近

20201217_7.jpg

平城宮跡資料館付近

20201217_8.jpg

花弁の絨毯 梅林付近

20201217_9.jpg

第一次大極殿を望む

20201217_10.jpg

第一次大極殿を望む

20201217_11.jpg

中央朝堂院付近

 

20201217map.jpg

撮影場所
クリックで拡大していただけます

月別 アーカイブ