奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

銀色に輝くオギ原

 樹木の葉が色付き始める季節、無数のオギ(荻)が一斉に穂を出して輝き始めました。

 平城宮跡にはオギの群落地が複数存在します。朱雀門の北側、東院庭園の西側では大規模な群落が形成されています。

 オギは和歌集に詠まれた古い歴史をもつ植物です。万葉集に登場する秋の情景が色濃く詠まれた1首をご紹介しましょう。

◆オギ

 葦辺(あしへ)なる 荻(をぎ)の葉さやぎ 秋風の

 吹き来るなへに 雁(かり)鳴き渡る               作者未詳 (巻第十・2134番) 

 

 葦辺の荻の葉が音を立て、秋風が

 吹いて来ているのにつれて雁が鳴き渡っていくことよ        出典:『万葉集』(二)、講談社、中西進

 

 平城宮跡にお越しになり、銀色の穂のそよぎに深まる秋の風を感じられてみてはいかがでしょうか。

 

20161118_1.jpg

オギと第一次大極殿

 

20161118_2.jpg

オギと朱雀門

 

20161118_3.jpg

近鉄沿線のオギ群落

 

20161118_4.jpg

東院庭園近くのオギ群落

 

20161118_5.jpg

オギ

 

20161118_6.jpg

オギの穂

 

20161118_7.jpg

オギの穂

 

map20161118.jpg

撮影場所
クリックで拡大していただけます

 

 

月別 アーカイブ