奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

足元に小さな春を見つける

 4月も半ばを迎え、日中は汗ばむぐらいの陽気の日が多くなりましたね。

 宮跡内の動植物たちの成長はめまぐるしく、草花たちは太陽を仰ぐように元気に咲きほこっています。

 カーペット状に一面に咲くムラサキサギゴケ、眩しい黄色はタンポポ、清楚な白はスミレ、ぽんぽん花開くのはシロツメグサ。こういった情景が宮跡内のいたるところで見ることができます。

 歩きながらいったん立ち止まり、少し足元に視線をおとしてみてください。小さな春が笑顔で迎えてくれますよ。

 東区朝堂院付近にはソメイヨシノの並木がありますが、数本だけ八重桜があります。今が満開で見頃ですので是非ご覧になってみてくださいね。

 散策途中に、アオサギとカラスが獲物を争奪しているであろう場面に遭遇しました。アオサギが捕獲したヘビをカラスが横取りしようと奮闘していました。

 自然が豊かな平城宮跡ならではの光景ですね。

 

20160415_1.jpg

一面のムラサキサギゴケ

20160415_2.jpg

ムラサキサギゴケ

20160415_3.jpg

一面のタンポポ

20160415_4.jpg

タンポポ

20160415_5.jpg

シロスミレ

20160415_6.jpg

シロツメグサ

 

20160415_7.jpg

八重桜

20160415_8.jpg

八重桜

20160415_9.jpg

八重桜 遠くに第一次大極殿を望む

20160415_10.jpg

アオサギとカラス

 

月別 アーカイブ