奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

ツバメのねぐら入り2017

平城宮跡では今年もツバメのねぐら入りのシーズンを迎えています。

今年度はピーク時最大60,000羽のツバメが観測されており、ねぐらであるヨシ原の上空に集結し一斉に舞い降りる様は圧巻の一言につきます。

平城宮跡における最大飛来数はこの5年間で約3倍にも増加しています。全国には多数のツバメのねぐらが確認されていますが、ヨシ原の減少により他のねぐらのツバメたちが平城宮跡に移動してきたのかもしれません。

全国的にも大規模なねぐらスポットとして知られている平城宮跡。ヨシ原の生態系の貴重性を感じることができるツバメの飛翔をぜひ実際にご覧ください。

 

 

(2017年8月24日)

IMG_1701.jpg

日没後ねぐら入りを待つ

IMG_1699.jpg

以下、ツバメの飛翔

IMG_1831.jpg

 

IMG_1883.jpg

 

IMG_1903.jpg

 

IMG_1835.jpg

2016年のねぐら入りの様子(2017年8月10日)はこちら

 

20170824map.jpg

撮影場所
クリックで拡大していただけます