奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

春の息吹

 本日の日中は春本番を感じられるぽかぽか陽気となりましたね。

 春の息吹を感じながら、平城宮跡を散策される人々の姿も増えてきています。

 平城宮跡(2015年3月17日現在)の桜の開花状況をお知らせいたします。

 全体的につぼみがふくらんだ状態です。今冬は暖冬傾向でしたので、桜の花芽は休眠から目覚めにくく開花が遅くなると予想されていました。ところが、2月以降も気温が高い日が続きましたので、平年よりも早い開花になりそうです。

 開花状況は引き続きお知らせいたしますので、参考になさってくださいね。

 さて、平城宮跡内で御覧になれる芽吹きの植物の一部をご紹介いたします。

 東院庭園内に植えられている、ヤナギ、ヤマモモ、イロハモミジ、モモです。ヤナギの鮮やかな新芽は柔らかく、小さい花が集まった穂がたくさん見られます。モモの花はまだ咲き始めたばかりです。

 春は動植物たちが動き出す季節、小さな発見の連続が楽しみな毎日です。

 

20160317_1.jpg

桜のつぼみ

20160317_2.jpg

第一次大極殿を望む

20160317_3.jpg

梅林付近

20160317_4.jpg

推定宮内省跡付近

20160317_5.jpg

東区朝堂院跡付近

20160317_6.jpg

東院庭園のヤナギ

20160317_7.jpg

東院庭園のヤナギの穂

20160317_8.jpg

東院庭園のヤマモモ

20160317_9.jpg

東院庭園のヤマモモの花

20160317_10.jpg

東院庭園のイロハモミジ

20160317_11.jpg

東院庭園のイロハモミジの新芽

20160317_12.jpg

東院庭園のモモ

20160317_13.jpg

東院庭園のモモの花

20160317_14.jpg

メジロ

 

月別 アーカイブ