• 人気絵はがきベスト5

    先日まで開催していた「飛鳥むかしむかし 早川和子原画展」の会期中に

    人気だったオリジナル絵はがきベスト5を発表します。

     

    第1位 7世紀前半に甘樫丘から眺めた飛鳥の風景

    第2位 これまでの「飛鳥むかしむかし」に登場したみなさん

    第3位 飛鳥資料館

    第4位 飛鳥京跡苑池の「水上舞台」で演じられた伎楽の想像図

    第5位 新羅から送られたラクダを見物する飛鳥の人々

     

    展覧会は終わってしまいましたが、絵はがきは引き続き販売していますので、

    飛鳥を訪れた記念にぜひお買い求めください。

     

    絵はがき人気ベスト5を発表!.jpg

    ▲ページトップへ

  • 飛鳥資料館HPのメンテナンス

    飛鳥資料館ホームページのリニューアルに伴い、

    下記の時間帯でホームページの閲覧ができなくなります。

    ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

     

    ◆メンテナンス作業(予定)

    3月29日(水)9:00~20:00 飛鳥資料館ホームページのリニューアルに伴い、

    下記の時間帯でホームページの閲覧ができなくなります。

    ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

     

    ◆メンテナンス作業(予定)

    3月29日(水)9:00~20:00 

     

    H_HPリニューアル.jpg

    ▲ページトップへ

  • 完売グッズのお知らせ

    2月から販売を開始したオリジナルグッズですが、

    瓦てぬぐい(紺)とブックカバー(キトラ古墳 天文図柄)は完売しました。

    大変ご好評をいただき、ありがとうございました。

     

    ◆在庫状況

    瓦てぬぐい(ピンク):残りわずか(平城宮跡資料館のみの販売)

    土器手ぬぐい:残りわずか(飛鳥資料館、平城宮跡資料館で販売)

    ブックカバー(高松塚古墳 スカート柄):在庫あり

     

    ◆オンラインショップはこちら

    https://www.nabunken.go.jp/asuka/shop/ 

    在庫状況-1.jpg

    ▲ページトップへ

  • 高松塚古墳壁画発見45周年

    45年前の今日、1972年3月21日は、高松塚古墳の極彩色の壁画が発見された日です。
     
    当日の昼過ぎ、盗掘坑の土を除いていくと、石室にあいた穴がみつかりました。
    調査に参加していた学生が、腹ばいになって穴から石室内をのぞき込み、極彩色の壁画を発見したのです。
     
    石室内には、青龍・白虎・玄武の四神と、男子群像・女子群像、日月・星宿図が描かれていました。
    高松塚古墳壁画の発見により、飛鳥ブームが巻き起こり、全国から大勢の人が明日香村を訪れました。
     
    飛鳥資料館の映像コーナーでは、高松塚古墳発見時のエピソードや調査研究の歴史を紹介する番組を放映しています。
    ぜひご覧下さい。
     
    P1060386_R.JPG

    ▲ページトップへ

  • 限定!サイン入り図録販売

    先日のギャラリートークで大変好評だった早川和子さんのサイン入り図録(¥1,300)を、

    今週土曜日のギャラリートークの際にも販売します。ギャラリートークの日だけの限定販売です!

     

    よく見ると表情が違うイラストが本当にかわいいです。

    ※サイン入り図録は「地下特別展示室前でのみの販売」です。

    数に限りがありますので、売り切れの際はご了承ください。

     

    ◆ギャラリートーク

    3月18日(土)@地下特別展示室

    午前の部 10:30~

    午後の部 13:30~

    H_P1060319_Fotor.jpg

    ▲ページトップへ

  • 飛鳥資料館HPリニューアルのお知らせ

    ただいま、飛鳥資料館では3月末に公式ホームページのリニューアルを予定しています。

    このリニューアル作業に伴い、1日ほどホームページが見られない時間帯が発生します(ミュージアムショップでの購入等もできなくなります)。

    詳細については、またホームページとFacebookでお知らせします。

     

    ご不便をおかけしますが、ご協力よろしくお願いします。

    そして、新しく生まれ変わったホームページをお楽しみにしていてください!

    ▲ページトップへ

  • 早川和子原画展オリジナルパンフレット

     

    現在開催中の企画展では、オリジナルのパンフレットを配布しています。

    このパンフレットには、展示品目録、展示室マップ、

    そして早川さんのイラストを使った飛鳥のマップが載っています。

    飛鳥のマップでは、飛鳥資料館の展示に関係する4つの場所を

    早川さんのイラストとともに、紹介しています。

    会場限定のこのマップを片手に、飛鳥を散策してみませんか?

     

    IMG_3536_Fotor.jpg    IMG_3553_Fotor.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 人気商品は完売間近!

    2月1日(水)から販売開始したオリジナルグッズですが、

    予想を上回る反響をいただき本当にありがとうございます。

     

    現在、オンラインショップで「売り切れ」となっている

    瓦てぬぐい(紺)、瓦てぬぐい(ピンク)、ブックカバー(キトラ古墳 天文図柄)につきましては、

    在庫数の関係で飛鳥資料館のミュージアムショップ店頭と

    平城宮跡資料館のミュージアムショップ店頭での取り扱いのみになっています。

    ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。

     

    飛鳥資料館では全種類を販売していますが、上記3種類のグッズは完売間近ですので、

    お求めになりたい方はお早めのご購入をおすすめします。この機会に、ぜひ飛鳥へお越しください。

     

    IMG_3478_Fotor.jpg

    ▲ページトップへ

  • 飛鳥もほんのり雪化粧

    今朝の飛鳥は、冷え込みが一段と強まりました。

    飛鳥資料館の庭園にある、山田寺塔心礎(複製)の舎利孔にも、薄氷が張っています。

    モノトーンの世界の中、寒椿が凛と咲いていて心が和みました。

    冬の飛鳥もいいものです。

     

    DSC_0294_R.JPGtubakiDSC_0291_R.jpgyukiDSC_0289_R.jpg

    ▲ページトップへ

  • オリジナル絵はがきも販売中

    開催中の「飛鳥むかしむかし 早川和子原画展」では、オリジナル絵はがきを販売しています。

    絵柄は全部で16種類、各100円(税込み)です。

    飛鳥資料館庭園内のミュージアムショップでは1枚から、

    オンラインショップでは8枚が1セットになったセットAとセットBの2種類をご購入いただけます。

     

    切手を貼る部分の猫のイラストは、今回の絵はがきのための描き下ろしです!

    猫が大好きな早川さんの“猫愛”のあふれる絵はがきに仕上がりました。

    飛鳥を訪れた記念にいかがですか?

     

    ◆オンラインショップでの購入はこちら

    https://www.nabunken.go.jp/asuka/shop/ 

     

    H_IMG_3231_Fotor.jpgH_IMG_3225_Fotor.jpg

    ▲ページトップへ

  • 2月5日(日)は無料開館日です

    今週の日曜は、飛鳥資料館に無料で入館いただけます。

    同じ日には、奇祭として知られる「おんだ祭り」が飛鳥坐神社で開催されます。

    飛鳥坐神社から飛鳥資料館は、歩いて10分ほどの距離ですので、

    お祭りにいらした方も、この機会にぜひ飛鳥資料館へお立ち寄りください。

     

    H_IMG_3221.JPG

    ▲ページトップへ

  • オリジナルグッズが新登場!

    このたび、飛鳥資料館では、飛鳥資料館と奈良文化財研究所の新しいグッズを作りました!
    本日2月1日(水)から、飛鳥資料館ミュージアムショップとオンラインショップ、
    平城宮跡資料館ミュージアムショップで販売を開始します!
     
    飛鳥ファンの方にも、考古学ファンの方にも、雑貨ファンの方にもお楽しみいただける、
    これまでにないグッズに仕上がりました。
    数に限りがありますので、興味のある方はお早めにどうぞ。
     
    ◆グッズの種類
    ・土器てぬぐい ¥700 (税込)
    ・瓦てぬぐい(紺) ¥1,300 (税込)
    ・瓦てぬぐい(ピンク) ¥1,300 (税込)
    ・ブックカバー(高松塚古墳 スカート柄) ¥600 (税込)
    ・ブックカバー(キトラ古墳 天文図柄) ¥600 (税込)

    ◆グッズの購入はこちらからどうぞ

    https://www.nabunken.go.jp/asuka/shop/ 

    H_グッズポスター土器.jpgH_グッズポスター瓦.jpg

    H_グッズポスターブックカバー.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 今日は「文化財防火デー」です

    1949年1月26日に法隆寺の金堂が炎上して、壁画が焼損したことをきっかけに、

    1955年に「文化財防火デー」が制定されました。

     

    「文化財を火災、震災その他の災害から守るとともに、全国的に文化財防火運動を展開し、

    国民一般の文化財愛護に関する意識の高揚を図ること」を目的に、

    毎年1月26日には寺院や博物館など、文化財を管理する多くの施設で防火訓練が行われます。

     

    本日、飛鳥資料館でも文化財防火運動の一環として、防火訓練を行いました。

    いざという時にそなえて、スタッフ一同、気持ちを引き締めました。

     

    ◆文化財防火デーの詳細はこちら(文化庁HP)

    http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/hogofukyu/boka_day.html

     

    IMG_3064_Fotor_R.jpg IMG_3093_Fotor_R.jpg 

    ▲ページトップへ

  • キトラ古墳壁画「玄武」公開中

    1月22日(日)より、キトラ古墳壁画保存管理施設(四神の館1階)でキトラ古墳壁画の第2回公開が始まりました。

    今回は、北壁(玄武他)をご覧いただけます。壁画の見学には事前申し込みが必要ですが、

    平日や公開の後半を中心にまだ空きがありますので、この機会にぜひご応募ください!

     

    また、四神の館の地階展示室は、申し込み不要、無料で自由に見学できます。

    大画面での高精細映像や、復元した石室などを展示しているので、

    キトラ古墳と壁画についてより深く知ることができます。壁画を見る前に見学するのもおすすめです。

     

    ◆公開期間

    2017年1月22日(日)~2月19日(日)

     

    ◆壁画見学の応募はこちら(公開事務局HP)

    http://www.kitora-kofun.com/ 

     

    H_DSC_0052初日.jpg

    ▲ページトップへ

  • 雪が降りました!

     

    今日の飛鳥は朝から冷え込み、とても寒い1日でした。

    午後には雪が降りましたが、休館日だったので、そのようすを写真でお届けしたいと思います。

     

    明日からは「飛鳥むかしむかし 早川和子原画展」が開催になります。

    優しい色づかいのイラストが並んだ展示室は、一足早く春のような雰囲気になっています!

    みなさまのお越しをお待ちしています。

     

    H_IMG_3020.JPG

    H_IMG_3032_Fotor.jpg

    ▲ページトップへ

  • 展示準備の真っ最中です!

     

    先週末は、今季最強という寒波の影響でとっても寒かったですね。

    飛鳥でも雪がちらつく週末となりました。

     

    飛鳥資料館の特別展示室では、

    今日から「飛鳥むかしむかし 早川和子原画展」の設営作業が始まっています。

     

    どんな展示になるかお楽しみに!

     

    H_IMG_2975.JPG H_IMG_2979.JPG

    ▲ページトップへ

  • キトラ古墳壁画公開、第二次募集を開始!

     

    キトラ古墳壁画の第2回公開(1月22日~2月19日)について、第二次応募の受付がはじまりました。

    壁画は北壁(玄武ほか)を公開いたします。この機会にぜひご応募ください。

    公開の詳細、お申し込みは公開事務局のHPをご覧ください。

     

    なお、四神の館の地下展示室は申し込み不要、無料で自由に見学できます。

    壁画をご覧いただく前に観覧していただくと、より深くキトラ古墳と壁画について知ることができます。

     

    ◆キトラ古墳壁画の見学申し込みはこちら

    http://www.kitora-kofun.com/

    H_161206_FL_0024_玄武.jpg

    ▲ページトップへ

  • 幻想的な庭園

    明日香村一帯では、本日の早朝から濃い霧が発生しました。

    朝日に照らされる庭園の石造物たちがとても幻想的な朝でした。

     

    RaDSC_0253.JPG

     

    ▲ページトップへ

  • 年末年始休館のおしらせ

    早いもので師走も半ばを過ぎました。
    年内の開館は25日(日)までとなります。
    年末年始は平成28年12月26日~平成29年1月3日まで休館とさせていただきます。
    新年は1月4日(水)から開館いたします。
    何卒よろしくお願い致します。
     
    RaP1050759.JPG

    ▲ページトップへ

  • キトラ古墳壁画保存管理施設のHPがオープン

    キトラ古墳壁画体験館 四神の館 キトラ古墳壁画保存管理施設(以下、保存管理施設)の

    ホームページが本日オープンしました。

    保存管理施設やキトラ古墳の紹介はもちろん、壁画公開に関する情報など、こちらからも発信していく予定です。

     

    また、本日から第2回壁画公開の見学申し込みも受付を開始しています。

    保存管理施設のホームページのトップにある「第2回壁画公開 申込はこちらから」より

    特設ページ(キトラ古墳壁画公開事務局のページ)にリンクし、見学の応募ができるようになっています。

     

    ぜひ、ご家族、ご友人を誘ってご参加ください!

     

    キトラ古墳壁画保存管理施設HP

    https://www.nabunken.go.jp/shijin/index.html 

    ▲ページトップへ

  • 皇帝ダリアが見頃

     

    今年も庭園にある皇帝ダリアが咲きました。

    青い空と薄紫の花びらのコントラストがまぶしいです。

     

    H_DSC_0285.JPG

    ▲ページトップへ

  • 紅葉シーズン!

    庭園のイチョウの木が見頃を迎えています。

    鮮やかなイチョウの黄色をバックに石人像を撮影してみました。

    飛鳥資料館の庭園には、ほかにもたくさんの撮影スポットがありますよ!

     

    rDSC_0253.JPG

     

    ▲ページトップへ

  • 秋の訪れ

     

    飛鳥資料館の庭園で柿が実りました。

    イチョウの葉も黄色く色づき始めて、秋の訪れを感じる今日この頃です。

    ご来館の際には、庭園でゆっくりと季節の移ろいをお楽しみください。

     

    H_P1050693.JPG

    ▲ページトップへ

  • 遺跡見学&乾拓体験会

     

    11月23日(水)にキトラ古墳壁画体験館で行われるイベントのお知らせです。

     

    遺跡の保存と活用を目指した取り組みについてのミニ講演会とキトラ古墳の見学後、

    史跡内設置の乾拓版を用いてキトラ古墳壁画を写し取り、

    落款印を押す乾拓体験会を行います。

     

    【日 時】

    2016年11月23日(水・祝) 10:00~11:30

    【場 所】

    国営飛鳥歴史公園 キトラ古墳周辺地区 キトラ古墳壁画体験館

    【主 催】

    奈良文化財研究所、国営飛鳥歴史公園

    【定 員】

    20名(先着順)

    【参加費】

    300円(乾拓用紙・筆記用具代込み)

    【申 込】※事前に電話による申込が必要です。

    キトラ古墳壁画体験館 四神の館

    TEL:0744-54-5105

    ホームページ:https://www.asuka-park.go.jp/event/detail.php?id=823

     

    キトラ乾拓.jpg

    ▲ページトップへ

  • 奥飛鳥に広がる美しい棚田

    ―奈良の文化的景観―

     

    飛鳥資料館のある明日香村では、稲穂が黄金色になり、すっかり秋の気配が漂っています。

     

    「探検!奈文研」では、奈良文化財研究所の研究成果をわかりやすく紹介しています。

    本日は、その中から風景を文化財として保護する取り組みについてご紹介します。

    https://www.nabunken.go.jp/nabunkenblog/2014/05/tanken17.html 

     

    飛鳥資料館の映像コーナー(地階)では、

    国の重要文化的景観に登録された奥飛鳥の棚田を紹介する映像をご覧いただけます。

    ぜひ、奥飛鳥に広がる美しい景観をお楽しみください。

    ▲ページトップへ

  • 四神の館についての最新情報!

    キトラ古墳壁画体験館 四神の館1階の展示室では、壁画の公開が終了した後も出土遺物の公開をおこなっています。

    今回はキトラ古墳の盗掘に関連した出土品をあつめてみました。

     

    盗掘者が灯明皿として使ったと思われる鎌倉時代の小皿や、

    盗掘者によって打ち割られた南壁石の破片を組み立てたものなど、

    これまでほとんど公開されたことがない貴重な遺物を展示しています。

     

    もちろん地下の常設展示もオープンしておりますので、ぜひお越しください。

     

    盗掘者があけた南壁の穴.jpg

    ▲ページトップへ

  • 11月3日文化の日は無料入館日です

    飛鳥資料館は、文化の日11月3日(祝・木)を入館無料といたします。

    特別展「祈りをこめた小塔」開催中です。

    秋らしくなり、散策にはいい季節となりました。

    みなさまのお越しをお待ちしております。

    ▲ページトップへ

  • 遂に、四神の館がオープン!

     

    キトラ古墳を中心とした国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区が9月24日に開園しました。

    公園の中にある「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」も同時にオープンし、実物の壁画も公開が始まりました。

     

    地下の展示室は申し込み不要で、無料で自由にご覧いただけます。

    1階展示室での実物の壁画見学は事前申し込み制です。

    公開期間の後半は、まだ少し空きがあります。

    空き状況などの詳細は、公開事務局ホームページをご覧ください。

     

    四神の館の展示は、地階だけでも見応えがあると好評をいただいております。

    ほかにも公園では、開園を記念して様々なイベントが実施されています。

    この秋は、四神の館へぜひご来館ください。

     

    ◆壁画見学申し込みはこちら(壁画公開事務局HP)

    http://www.kitora-kofun.com/ 

     

    H_DSC_0071壁画の展示室.JPG   H_DSC_0077地階展示室.JPG

    ▲ページトップへ

  • 鬼のいない鬼瓦!?

     

    ―鬼のいる鬼瓦、いない鬼瓦―

     

    「鬼瓦」と聞くと、ちょっと怖い顔をした鬼が、屋根の上でにらんでいるイメージがありますよね?

    しかし、鬼瓦と呼ばれる瓦の中には、鬼が描かれていないものもあるんです!

     

    「探検!奈文研」では、奈良文化財研究所の研究成果をわかりやすく紹介しています。

    本日は、その中から鬼瓦についてのお話をご紹介します。

    https://www.nabunken.go.jp/nabunkenblog/2014/11/tanken63.html 

     

    飛鳥資料館では、山田寺と奥山久米寺の鬼瓦を展示しています。

    鬼のいない鬼瓦の実物を間近でご覧ください。

     

     

    ▲ページトップへ

  • 常設展示リニューアルしました!

     

    飛鳥資料館の常設展示で人気だった

    「キトラ古墳壁画の精巧な複製陶板」が、装いを新たに戻ってきました。

    キトラ古墳の石室を展開したような配置で、迫力のある展示になっています。

     

    この複製陶板は、精密に再現されているので、

    壁画の下書きの跡や筆遣いまでお楽しみいただけます。

     

    この機会に、ぜひ飛鳥資料館へ足をお運びください。

     

    H_P1050203.JPG

     

     

    ▲ページトップへ

  • どうして地中に埋まったの?という疑問を解決!

     

    ―遺跡なぜ地下に?―

     

    博物館に行くと、発掘調査で地中から発見されたものをたくさん目にすると思います。

    それら出土品を見ていて、ふと「どうして埋まったんだろう?」と思ったことはありませんか?

     

    「探検!奈文研」では、奈良文化財研究所の研究成果をわかりやすく紹介しています。

    本日は、その中から遺跡がなぜ地下に埋まっているのかというお話をご紹介します。

    https://www.nabunken.go.jp/nabunkenblog/2014/04/tanken01.html 

     

    飛鳥資料館で展示してあるものの多くは、発掘調査で見つかったものです。

    古代の文化や人々の暮らしに思いを馳せつつ、長い時間の流れにロマンを感じてもらえたら嬉しいです。

     

     

    ▲ページトップへ

  • 過去を明らかにした内側が真っ黒な土器!?

     

    ―石神遺跡と遠隔地から運ばれた土器―

     

    みなさんは、石神遺跡をご存知ですか?

    明日香村にある雷丘から飛鳥資料館の前を通る直線道路の南側、

    現在は稲穂の緑がさわやかな田んぼの下に石神遺跡が眠っています。

    飛鳥資料館で展示している須弥山石(しゅみせんせき)や石人像は、この石神遺跡から発見されました。

     

    奈良文化財研究所では、研究員が見かけたおもしろい話を「コラム作寶樓(さほろう)」として発信しています。

    本日はその中から、石神遺跡から見つかった、内側が真っ黒な土器についてのお話をご紹介します。

    https://www.nabunken.go.jp/nabunkenblog/2015/09/20150901.html 

     

    飛鳥時代には、異国の人などをもてなす場所だったと考えられる石神遺跡ですが、そこで見つかった内側が黒い土器は、

    遠くから飛鳥にやってきた人々の存在を現代に伝えてくれる重要な発見だったんですね!

    ▲ページトップへ

  • キトラ古墳壁画が搬送されました

    8月24日、キトラ古墳壁画のうち9月から公開される3面(天井・南壁・西壁)が
    キトラ古墳壁画体験館「四神の館」へ搬送されました
    いよいよオープンに向けて作業も佳境に入ります。
     
    写真は搬送の様子です。
    壁画を搬送する美術品輸送車両(白いトラック)が左下に写っています。
    実は、キトラ古墳と同じく極彩色の壁画で知られる高松塚古墳も写っています。
    すぐに見つけることができた方は飛鳥通ですね!
     
    ◆壁画公開の情報はこちら(公開事務局
     
     
    キトラ壁画搬送車両.jpg

    ▲ページトップへ

  • テレビ撮影がありました!

     

    本日、飛鳥資料館にて、BS TBS「奈良ふしぎ旅図鑑」の撮影が行われました。

    番組放送日は、9月21日(水)20:54~20:59です。お見逃しなく!

     

    H_IMG_0023.JPG

    ▲ページトップへ

  • キトラ古墳壁画公開に向けて予習をしよう!

    先日、この秋のキトラ古墳壁画の公開が発表されましたね。
    天文図は初公開ということで見学を楽しみにされている方も多いのではないでしょうか?
     
    飛鳥資料館では、とても精巧なキトラ古墳天文図の複製を展示しています。
    そこに解説映像を投影しているので「天文図に興味はあるけど、難しそう…」
    という方でもわかりやすい内容になっています。
     
    「天文図のことをもっと詳しく知りたい!」という方には
    『キトラ古墳天文図 星座写真資料』(飛鳥資料館ミュージアムショップで販売中)がおすすめです。
    考古学の観点からだけでなく、天文学の観点からもキトラ古墳天文図について知ることができる
    大変充実した内容になっています。
    展示室で資料集を見ながら天文図の複製をじっくり見学するというのもオススメですよ!
     
    この秋の実物の壁画公開に向けて、飛鳥資料館へいらして、予習をしてみてはいかがですか?
     
    ◆本のご注文はこちらからどうぞ
     
    H_IMG_9952.JPG
     
    H_IMG_8215.JPG

     

    ▲ページトップへ

  • 本日は無料観覧日です!

     

    本日8月16日(火)は、飛鳥資料館に無料で入館いただけます。

     

    ただいま特別展示室では、写真コンテストの作品も展示中です。

    来館者の方からは、

    「日本の原点を見ているようで感動しました」

    「“うちわにもなる”チラシがいい記念、そしていいお土産になる」

    など、ご好評をいただいております。

     

    夏休みの勉強に、飛鳥めぐりの休憩に、ぜひお立ち寄りください。

    (写真は、無料配布中の亀石うちわと庭園の亀石)

     

    H_P1040864.JPG

    ▲ページトップへ

  • 世界最古の天文図、初公開!

    すでにテレビや新聞等でご覧になった方もいるかもしれませんが、

    今年の秋にキトラ古墳壁画が公開されます。

    公開される場所は、新しく開園する国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区にある「四神の館」。

    今回は、キトラ古墳の天井に描かれた天文図が初公開となります。

    また、朱雀の描かれている南壁、白虎の描かれている西壁の壁画も同時公開されます。

    壁画の観覧は「事前申込制」ですので、ご覧になりたい方は申し込みをお忘れなく!

    ご応募は、往復はがきとインターネットにて公開事務局が受け付けています。

     

    <公開期間>
    平成28年9月24日(土)~10月23日(日)
    ※10月5日(水)・10月19日(水)は閉室

    <公開時間>
    9:30~17:00

    <公開場所>
    キトラ古墳壁画体験館四神の館内 キトラ古墳壁画保存管理施設
    (国営飛鳥歴史公園内 奈良県高市郡明日香村阿部山67)

     

    ◆ご応募はこちら(公開事務局)
    http://www.kitora-kofun.com/index.html 
    その他くわしい情報もこちらをご覧ください。

    sza.jpg

    ▲ページトップへ

  • 無料入館日のおしらせ

    飛鳥資料館は、8月16日(火)を入館無料といたします。
    只今地下特展室では、写真コンテストの来館者投票を開催中です。
    厳しい暑さが続きます、お気をつけてお出かけください。
    みなさまのお越しをお待ちしております。

    ▲ページトップへ

  • 夏、到来!

     

    今日は、飛鳥資料館の庭園でセミを見つけました。

    セミの鳴き声を聞いていると、いよいよ夏がやってきた!という感じがしますね。

     

    ただいま、第7回写真コンテスト「飛鳥の石」の作品展を開催しております。

    庭園で夏を味わった後に、展示室で涼みながら飛鳥にあるたくさんの石をお楽しみください。

     

    H_P1040804_Fotor.jpg

    ▲ページトップへ

  • 庭園のスモモから古代に思いを馳せる

    飛鳥資料館の庭園のスモモの木に
    最近、実がなりました。
    まだ色づき始めですが、
    虫や小鳥たちに好評のようです。
     
    みなさんは、スモモと日本人の関わりはご存じですか?
    スモモには、大きく分けて西洋原産と中国原産のものがありますが、
    中国原産のスモモは、古くから日本に伝わっており
    特にスモモの花は『日本書紀』や『万葉集』に登場します。
     
    『日本書紀』
    舒明天皇十年(638年)の記述
     
    九月(ながつき)に霖雨(ながあめ)して
    桃(もも)李(すもも)花さけり
     
    現代語訳:9月に何日も雨が降り続き、桃やスモモが花をつけた。
     
     
    『万葉集』
    第十九巻 4140 大友家持(おおとものやかもち)の歌
     
    わが園の李(すもも)の花か庭に散る
    はだれのいまだ残りたるかも
     
    現代語訳:わが家の庭園のスモモの花が散ったのであろうか、
    それともはらはらと散った雪がまだ残っているのでしょうか
         (※スモモは白い花を咲かせます。)
     
    スモモは昔から日本人に身近な存在だったことがわかります。
    庭園で、古代に思いを巡らせてみるもいいですね!
     
     

    庭のスモモ.jpg

    改・日本書紀と万葉集のスモモ-1.jpg

    改・日本書紀と万葉集のスモモ-2.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 日本最古のお寺、飛鳥寺に関する研究とは!?

    ―飛鳥寺と奈文研―

     

    飛鳥寺といえば、日本で最初の本格的な仏教寺院ですね。日本最古の仏像「飛鳥大仏」のたどってきた歴史にロマンを感じる人も多いことでしょう。

     

    奈良文化財研究所では、

    研究員が見かけたおもしろい話を

    「コラム作寶樓(さほろう)」として発信しています。

    本日は、その中から飛鳥寺の調査研究に

    関するお話をご紹介します。

    https://www.nabunken.go.jp/nabunkenblog/2013/05/20130501-1.html

     

    奈良文化財研究所が飛鳥寺の発掘調査をはじめてから、今年で60年の歳月が経ちました。

    記事では、当時の飛鳥寺の発掘調査で明らかになったことと、

    今でも、その成果が学術的に重要な価値を持ち続けていることを解説しています。

     

    写真にある飛鳥寺・塔心礎の出土品は

    飛鳥資料館で展示していますので、

    ぜひ来館して、実物をご覧ください!

    ▲ページトップへ

  • 博物館の裏側を知ろう

    ―温度や湿度に注意―

     

    みなさんは「博物館」と聞いて、どんなイメージを持つでしょうか?

    多くの人は、常設展や特別展などの「展示」を通して博物館を楽しんでいると思います。

    しかし、博物館の役割は展示業務だけではありません。

    みなさんが博物館で見ている「モノ」の管理も非常に大事な仕事です。

     

    奈良文化財研究所では、研究員が見かけたおもしろい話を「コラム作寶樓(さほろう)」として発信しています。

    本日は、その中から「文化財の保存・管理」に関するお話を紹介します。

    この記事では、温度や湿度の変化に敏感な文化財をどのように保存・管理しているのか、

    どんな点に注意しなければならないのかを解説しています。

    https://www.nabunken.go.jp/nabunkenblog/2014/01/20140101.html 

     

    梅雨の時期は、湿度も気温も高くなる季節のため、環境の変化に敏感な文化財の管理には特に注意が必要です。

    飛鳥資料館の展示の裏側には、文化財を後世に守り伝えるための日々の活動があることも知っていただけたらうれしく思います。

    ▲ページトップへ

  • 七夕飾りはじめました

    先週より、飛鳥資料館のエントランスにて七夕飾りをしています。

    ぜひ、短冊にお願いごとを書いて吊るしてください。亀石や猿石もいるので、探してみてくださいね!

     

    七夕飾りedited1_R.jpg   七夕飾りedied4_R.jpg

    ▲ページトップへ

  • 『キトラ古墳天文図 星座写真資料』入荷!

    4月に販売開始してから、好評で品切れとなっていた

    『キトラ古墳天文図 星座写真資料』の販売を再開しました。

    飛鳥資料館ミュージアムショップ、ホームページでお求めいただけます。

    この機会にキトラ古墳の天文図をお楽しみください。

     

    <見どころ>

    ・122枚の未公開写真を含む多くの星座の詳細写真を掲載

    ・詳細写真に基づいた、正確な天文図の図面を提示

    ・天文学の専門家による、わかりやすい解説を掲載

     

    ◆注文はこちらからどうぞ

    https://www.nabunken.go.jp/asuka/shop/

     

    IMG_8215_R.JPG

    ▲ページトップへ

  • かわいらしいお客さん

    先日、庭園にホオジロが来ていました!

     

    飛鳥資料館の庭園では、

    石造物だけでなく、いろんな鳥も見られるんですよ。

    ぜひ、庭園で鳥たちのさえずりに耳を傾けてみてくださいね!

     

    IMG_6802 のコピー_R.JPG

    ▲ページトップへ

  • 何の後ろ姿でしょうか?

     

    IMG_6800_R.JPG

     
    こちらの大きな石、
    何かの後ろ姿を撮影したものです。
    前からなら見たことあるという方が
    多いのではないでしょうか?
     
    飛鳥資料館の庭園で
    みなさんをお迎えしていますので、
    来館の際に答えを確かめてみてくださいね!

    ▲ページトップへ

  • 瓦っておもしろい!

    ―瓦はお寺の履歴書―
     
    みなさんは、博物館で瓦を見たときに何を感じるでしょうか?
    「昔の瓦はこんな形をしていたんだ~」
    「おもしろい模様!」など様々な感想があると思います。
    「瓦の楽しみ方がわからない」と思う方もいるかもしれません。
     
    奈良文化財研究所では、研究員が見かけたおもしろい話を
    「コラム作寶樓(さほろう)」として発信しています。
    本日は、その中から飛鳥資料館に展示している
    「瓦」に関するお話をご紹介します。
     
    この記事では、瓦の研究がどのようなことを明らかにするのか、
    また、そこから見えてくる瓦のおもしろさを解説しています。
     
    飛鳥資料館では、記事に出てくる飛鳥寺や山田寺の瓦以外にも、
    飛鳥の地に建てられたお寺の瓦をご覧いただけます。
    ぜひ、瓦に秘められた飛鳥の歴史をお楽しみください。
     

    ▲ページトップへ

  • クイズの正解は...

    昨日、6月10日は「時の記念日」でした!

    クイズはいかがでしたか?

     

    『日本書紀』によると「天智10年4月25日に天智天皇が漏刻(水時計)を置き、

    鐘鼓を鳴らして初めて時を知らせた」という記載があります。

    天智天皇10年4月25日は、西暦で671年6月10日になるため、

    国立天文台により大正9年(1920)に6月10日が「時の記念日」として定められました。

     

    斉明天皇6年(660)に中大兄皇子(後の天智天皇)が漏刻を造らせた場所と考えられるのが、

    飛鳥資料館の近くにある史跡「飛鳥水落遺跡」です。

    奈良文化財研究所の発掘調査に基づいて復元された漏刻の模型や、漏刻の仕組み、

    漏刻を支えた強固な建物の構造を飛鳥資料館で紹介しています。

     

    この機会に飛鳥の「時」に思いをはせてみてはいかがでしょうか?

     

    IMG_6392_R.JPGIMG_6383_R.JPG

    ▲ページトップへ

  • 突然ですが、クイズです!

    今日は何の日でしょうか?

    日本書紀にある一文を手掛かりに考えてみてください。

     

    ヒント:夏四月 / 漏剋(漏刻) / 始打 / 鐘鼓

    飛鳥資料館の展示にもヒントがありますよ!

     

    答えは明日発表します。

    お楽しみに!

     

    時の記念日クイズ.jpg

    ▲ページトップへ

  • あじさいが咲き始めました

    本日はあいにくの雨ですが、飛鳥資料館では咲き初めのあじさいにとまるアゲハチョウが見られました。

    (6月7日)

    RaIMG_6336_Fotor_R.jpg

    ▲ページトップへ

  • 当館Facebookページが公式認証されました

    奈良文化財研究所飛鳥資料館のFacebookアカウントが、公式認証(グレーバッジ)されましたのでおしらせいたします。

     

    ホームページ等の公式対応は下記のとおりです。

    インターネット上にみられる「奈良文化財研究所」「飛鳥資料館」「Asuka Historical Museum」等の名称がついたアカウントやホームページ、Facebook、Twitterなどは、下記の公式のもの以外は、すべて非公式のものであり、奈良文化財研究所および飛鳥資料館とは一切関係ありません。

     

    <公式ホームページ>

    ◆奈良文化財研究所

    https://www.nabunken.go.jp/

     

    ◆飛鳥資料館

    https://www.nabunken.go.jp/asuka/

     

    <Facebook公式ページ>

    ◆奈良文化財研究所

    https://www.facebook.com/nabunken

     

    ◆奈良文化財研究所 飛鳥資料館

    https://www.facebook.com/asukahistoricalmuseum

     

    <Twitter>

     Twitterは運用していません。

     

    <その他>

     飛鳥資料館の公式あるいは公認のボランティア団体、ファンクラブ等はありません。

    ▲ページトップへ

  • 新緑がまぶしい季節になりました

    新緑がまぶしい季節になりました。

    飛鳥資料館の庭園、本日も木々の緑が美しいです。

    (6月2日)

    IMG_5144_R.JPG

    ▲ページトップへ

  • 5/26に資料館がラジオで紹介されます

    ラジオHONEY FMにて飛鳥資料館の特別展を紹介していただけることになりました。
    下記の予定で西田研究員が生出演しますので、お知らせいたします。
     
    日 時:5月26日(木) 9:10~9:20頃
    局 名:HONEY FM(FM82.2、兵庫県ローカル)
    番組名:ハニー・モーニング・トレイン
        「どこ行こ?その行こ!お出かけ日和」コーナー
    内 容:飛鳥資料館と特別展の紹介、みどころなど
     
    インターネットでも聴けます。
    ハニーFMの聴き方は下記にあります。
    http://fm822.com/simulradio/
     
    どうぞよろしくお願いいたします。

    ▲ページトップへ

  • 事件発生防止のため手荷物検査実施について

    昨今、ヨーロッパにおいて大規模な集客施設など警備が緩やかな
    「ソフトタ-ゲット」を狙ったテロ行為が発生しております。 
    奈良文化財研究所では、三重県志摩市で5月26日、27日に開催予定の
    第42回先進国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせて、手荷物検査を以下のとおり実施いたします。
    
    ご来館いただく皆様には大変ご不便をお掛けいたしますが、事件発生防止のための取組ですので、
    何卒ご理解と協力をお願い申し上げます。
    
    ・実施期間:平成28年(2016)年 5月 21日(土)、22日(日)及び 5月26日(木)~5月29日(日) 終日
    ・実施場所:平城宮跡資料館及び飛鳥資料館入口
    ・実施内容:係員(警備員)がお客様のカバン等の中身を確認させていただきます。 
    

    ▲ページトップへ

  • 庭のつつじが見頃です!

    現在、飛鳥資料館では庭のつつじが満開です。

    特別展『文化財を撮る』も開催中ですので、

    この機会にぜひ飛鳥資料館へ足をお運びください。

     

    IMG_4120_R.JPG IMG_4126_R.JPG

     

    ▲ページトップへ

  • 八重桜・しだれ桜が見頃です

    穏やかな気候になってきました。
    飛鳥資料館の前庭は八重桜としだれ桜が見頃です。

    ぜひ資料館へ足をお運びください。     
    春の特別展「文化財を撮る」はただ今展示準備中です。


    (4月13日)

    P1040433.jpg P1040432.jpg
    20160413a.jpg 20160413b.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 寺院コーナーに新しい展示が加わりました

    飛鳥資料館の寺院コーナーが
    さらにリニューアルをしてオープンしました。
    
    飛鳥寺の瓦を葺いていた様子や
    壁一面に張られた川原寺の磚仏など、
    飛鳥時代の寺院空間をわかりやすく紹介しています。
    
    海外からのお客様向けに、英語表記も増やしました。
    
    華ひらく飛鳥の仏教文化を感じに、
    ぜひご来館ください。

     

     

    20160624-0.jpg

     

    20160624-2.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 常設展示リニューアルオープン

    工事のため閉鎖していた第1展示室が、リニューアルして公開になりました。

     

    寺院コーナーでは坂田寺と大官大寺の出土品と解説を新設しました。

    古墳コーナーでは特別展で人気のあったキトラ古墳天文図の複製をご覧いただけます。

    通路も広くなりゆったりと見学していただけます。飛鳥散策の際にぜひお立ち寄りください。

     

    20160126-3.jpg

     

    20160126-1.jpg

     

     

    ▲ページトップへ

  • 無料入館日のおしらせ

    村内祭事により、2月7日(日)を入館無料といたします。
    冬期企画展(1月29日~)とあわせてご来館をお待ちしております。

    ▲ページトップへ

  • 年末年始休館のおしらせ

    年内の開館は本日25日までとなります。

    年末年始は平成27年12月26日~平成28年1月4日まで休館とさせていただきます。

    新年は1月5日(火)から開館いたします。

    何卒よろしくお願い致します。

    ▲ページトップへ

  • 第1展示室公開休止のおしらせ

     

    常設展の改装に伴う第1展示室の公開休止を、1月下旬ごろまで延長いたします。

    ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承ください。

     

    常設展改装期間中は、第1展示室の公開を休止します。
    公開日程等の詳細は、決まり次第おしらせいたします。

     

    第二展示室、ロビー、地階、屋外展示につきましては観覧可能です。

     

     

     

     

     

    休止図.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ▲ページトップへ

  • 「キトラ古墳体験学習施設」名称募集中です

    11月20日まで、国営飛鳥歴史公園事務所によるキトラ古墳周辺地区「体験学習施設」の名称募集が行われています。


    「体験学習施設」は平成28年秋にオープン予定で、キトラ古墳に関する展示や、期間限定での壁画公開などが予定されています。


    飛鳥資料館にも応募用紙と投票箱が置かれておりますので、是非、みなさまのアイデアをお寄せください。


    お問い合わせ先など、詳しくは、以下HPからご確認ください。

    http://www.kkr.mlit.go.jp/asuka/pdf/gakushukan-meishou-boshu.pdf

     

    P1030806.jpg

     

    P1030808.jpg

     

     

    ▲ページトップへ

  • 高松塚古墳壁画修理作業室公開のための無料バス 運行中

    「国宝 高松塚古墳壁画 修理作業室の公開(第14回)」にともない、
    国営飛鳥歴史公園 高松塚周辺地区行きの無料バスが運行されています。

    公開期間の11月8日(日)までとなります。
    ご利用の方は、飛鳥資料館前の天極堂駐車場からご乗車ください。

    16時45分が最終となります。

    ▲ページトップへ

  • 文化の日は入館無料です

    飛鳥資料館は、文化の日11月3日(祝・火)を入館無料といたします。

    特別展開催中です。

    散策にはいい季節となりました。

    みなさまのお越しをお待ちしております。

    ▲ページトップへ

  • クリアファイル販売のおしらせ

    平成27年度秋期特別展「キトラ古墳と天の科学」開催を記念して

    A4サイズのクリアファイルを販売しています。

     

    当館のミュージアムショップとホームページでお求めいただけます。

    ご来館の記念に、お土産におすすめです!

     

    20151020-1.jpg

    ▲ページトップへ

  • 臨時休館のおしらせ

     

       

    10月8日(木)は、臨時休館となります。

    ご迷惑をお掛けしますが、お間違えのないようお願いいたします。

    ▲ページトップへ

  • 気象警報時の対応について

    台風等の影響により、気象警報が発令された場合、開館時間内でも臨時で閉館することがあります。ご了承ください。 
    *飛鳥資料館のある明日香村は気象予報区分では奈良県の北部(北西部)にあたります。

     

     

    ▲ページトップへ

  • 無料入館日のおしらせ

    飛鳥資料館は、8月15日(土)を入館無料といたします。
    只今地下特展室では、写真コンテストの来館者投票を開催中です。
    厳しい暑さが続きます、お気をつけてお出かけください。
    みなさまのお越しをお待ちしております。

    ▲ページトップへ

  • 秋期特別展の準備に伴う第一展示室休止のおしらせ

    秋期特別展準備に伴い、平成27年9月1日(火)より第一展示室の常設展を休止いたします。
     第二展示室、ロビー、地階、屋外展示につきましては観覧可能です。

     

    また、9月1日(火)~9月12(土)は正面玄関入口扉の改修工事の為、入口の場所がスロープ側にかわります。
    ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいませ。

     

     

    休止図.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ▲ページトップへ

  • 須弥山石の作業が終わりました

    22日、雨の中の作業でしたが、須弥山石(複製)の型取り作業が無事に終了しました。

    飛鳥の須弥山石のレプリカが、国立歴史民俗博物館にも展示される日が楽しみです。

    作業中にご来館のお客様にはご迷惑をおかけしました。

    シリコンパックされて、心持ちキレイになった須弥山石をお楽しみ下さい。

     

     

    20150724a.jpg

     

    20150724b.jpg

     

     

    ▲ページトップへ

  • 台風にともなう閉館のおしらせ

    台風のため、7/17(金)午前中を休館とさせて頂きます。

    午後の開館については、お問い合わせください。

    ▲ページトップへ

  • 須弥山石(複製品)作業中です

    22日まで、飛鳥資料館の庭園にある須弥山石(複製品)では、
    国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)のリニューアルにむけた展示品制作のため、
    型取り作業をしております。

     

    安全のため、近寄ることができません。
    ご迷惑をおかけしておりますが、どうぞご了承下さい。

    須弥山石の実物は、館内で通常通り展示しておりますので、
    ゆっくりとご覧ください。

     

    150714_FM_0013.jpg晴天下でのシリコン塗布作業

     

    150714_FM_0016.jpg現代アートのようです

     

    須弥山石.jpg須弥山石(実物)

     

    ▲ページトップへ

  • あじさいがきれいです

    前庭を流れる川岸に、あじさいが綺麗に咲いています。

     

    また庭の隅では、巣立ったツバメが飛ぶ練習をしていました。

    まだまだ親ツバメは忙しく虫取りに飛び回っているようです。

    今年は幾分過ごしやすい梅雨ですので、ぜひお出かけ下さい。

     

    (6月24日)

    P1020933_R.JPG P1030018_R.JPG
    P1030259_R.JPG P1030125_R.JPG

     

    ▲ページトップへ

  • 新緑の季節です

    資料館の前庭ではツツジがきれいです。

    藤も咲いていますが、見頃は短い様子。
    新緑の季節、ぜひ飛鳥資料館へ遊びに来てください。特別展の期間中(6月21日まで)は無休です。

     

    (4月30日)

    P1020894s.jpg P1020897s.jpg
    P1020900s.jpg  

     

    ▲ページトップへ

  • 春になりました

    あちこちで桜の花が咲いていますが、飛鳥資料館の前庭でも桜が咲き始めました。

    山桜や八重桜はまだまだですが、ソメイヨシノや枝垂れ桜は見頃です。ウグイスの声も聞こえ、風流ですよ。
    春の特別展「はじまりの御仏たち」も、あと少しで公開です。


    (4月2日)

    P1020761s.jpg P1020764s.jpg
    P1020768s.jpg P1020769s.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 第2展示室、公開休止のおしらせ

    山田寺東回廊のメンテナンスのため、4月7日(火)から12日(日)まで、第2展示室の公開を休止します。

    4月14日(火)より再公開する予定です。

    ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

      yamada.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 春の準備

    飛鳥資料館では、冬の企画展も終了し、春の特別展「はじまりの御仏たち」の準備を進めております。

    資料館の前庭でも春の準備が進んでいて、ふきのとうと桜のつぼみが膨らんでいます。春が待ち遠しいですね。
    (3月5日)

    P1020651_R.JPG P1020648_R.JPG
    P1020656_R.JPG P1020659_R.JPG

     

    ▲ページトップへ

  • 映像コーナーに奥飛鳥の新番組が入りました

    映像コーナー新番組『飛鳥の時代へ誘う水流 飛鳥川 ~奥飛鳥の文化的景観~』を公開!

     

    地下の映像コーナーに「奥飛鳥の文化的景観」をテーマにした新番組が入りました。飛鳥川の風景と歴史を美しい映像でご紹介するハイビジョン番組です。

     

    奥飛鳥とは、山深い明日香村東南地域の通称です。ここには人々の営みと自然の風土が調和した古くからの景観が保たれており、平成23年9月に国の「重要文化的景観」に選定されています。

     

    当館では、現在の奥飛鳥の景観を記録し、後世に伝えるため、継続的に映像を撮影してきました。

    これらの映像をもとに、今回は「飛鳥川」に注目して番組を製作しました。

    番組では、川にまつわる習俗や信仰、農業用水や生活への利用など、飛鳥川の流れとともに営まれてきた歴史をご紹介します。

    宮殿や寺院の歴史だけではない、飛鳥のもう一つの魅力を、ご覧ください。

     

    現地は冬景色ですが、映像では緑鮮やかな川沿いの眺めをお楽しみいただけますよ。

      20150120.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 無料入館日のおしらせ

    村内祭事により、2月1日(日)は無料入館日となります。

    ご来場お待ちしております。

    ▲ページトップへ

  • 「向原寺蔵 金銅観音菩薩立像」展示休止のおしらせ

    展示中の「向原寺蔵 金銅観音菩薩立像」につきまして、
    都合により1月20日・21日は展示を休止いたします。
    あしからずご了承ください。

    「向原寺蔵 金銅観音菩薩立像」の紹介はこちら
      20140714.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 年末年始の休館のおしらせ

    平成26年12月26日~平成27年1月3日まで休館とさせていただきます。

    新年は1月4日から開館いたします。

    何卒よろしくお願い致します。

    ▲ページトップへ

  • 写真コンテスト受賞作品の展示をリニューアルしました

    20141216.jpg

    地階にて、これまで開催してきた飛鳥資料館写真コンテストの上位入賞作品を展示しています。

    第5回「飛鳥の甍」の作品も加わりました。

    様々な表情を見せる飛鳥の風景をお楽しみください。

    第6回の開催についてはこちら

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ▲ページトップへ

  • 晩秋の庭

    飛鳥資料館では、秋の特別展も終了し、冬の企画展
    「飛鳥の考古学2014―縄文・弥生・古墳から飛鳥へ―」の準備に邁進しております。

    資料館の庭では、名残の黄葉が冬の訪れを告げています。
    人影もまばらなこの時期、空気も凛と張り詰めています。

    20141211a.jpg

    朝靄に煙る山々を背景に、皇帝ダリアが美しく咲いていました。
    雨もまた良し。

    20141211b.jpg

    そして、この雨があがったら、澄んだ空気の中、
    どんな飛鳥の空がみえるのか・・・
    週末はぜひ、カメラ片手に飛鳥めぐりに。
    資料館の庭も、無料開放しております。

     

    ▲ページトップへ

  • NHK BSプレミアム「飛鳥の大宇宙~キトラに眠るのは誰だ~」が放送されます

    下記の番組に、飛鳥資料館の展示が紹介されます。

     

    NHK BSプレミアム
    プレミアムヒストリー「飛鳥の大宇宙~キトラに眠るのは誰だ~」
     11月20日(木)   午後8時から8時59分 
     11月28日(金) 午前8時から8時59分(再放送)

     

    出土した骨の分析、GPSによる正確な古墳の位置の分析、

    海外の古墳との比較などから、日本古代史最大のなぞ、

    キトラ古墳の被葬者に迫ります。

     

    番組の内容などは放送局へお尋ねください。

      キトラ星宿全体.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 11月15日(土)交通規制が行われます

    「第34回全国豊かな海づくり大会」及び関連行事開催に伴い、
    11月15日(土)・16日(日)・17日(月) の3日間、奈良県内において一時的な交通規制が行われます。
    橿原市・明日香村方面は11月15日(土)13時30分頃~17時頃の予定となっています。
    当日、明日香方面へお越しの方はご注意ください。
    交通規制については、奈良県警察本部のホームページをご覧ください。

    ▲ページトップへ

  • 紅葉がみごろです

    資料館の前庭は秋らしい紅葉が見ごろです。散策にはちょうどいい気候この時期、ぜひ飛鳥資料館まで足をお運びください。
    (11月11日)
    20140613-1.jpg 20140613-2.jpg
    20140613-1.jpg 20140613-2.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 11月3日は無料開館日です

    飛鳥資料館は、11月3日(月)文化の日を入館無料といたします。
    みなさまのお越しをお待ちしております。

    ▲ページトップへ

  • 秋期特別展「はぎとり・きりとり・かたどり」 まもなく始まります!!

    秋期特別展「はぎとり・きりとり・かたどり」がまもなく始まります!!

    普段は目にする機会の少ない、大型のはぎとりは迫力満点です。
    今回は土層の迫力や美しさを引き出すために、照明なども工夫しました。
    芸術の秋、学問の秋。遺跡の土層の世界を様々な角度からお楽しみ頂けると思います。 ぜひご来場ください!!


    詳細はこちらをご覧ください

    P1020056.jpg

    運び込まれた巨大なはぎとり
    (吉備池廃寺僧房柱穴) 

     

    ▲ページトップへ

  • 向原寺蔵 金銅観音菩薩立像の公開を延長します

    9月10日までを予定していた、向原寺所蔵の金銅観音菩薩立像の公開ですが、好評につき来年1月末(予定)まで延長いたします。

     

    ≪以前のおしらせ≫

    金銅観音菩薩立像(向原寺蔵)を期間限定公開します。
    江戸時代、向原寺(豊浦寺の後身とされる)に隣接する難波池から発見された仏像の頭部に、体部ほかを補作したもの。
    頭部は飛鳥時代後期(白鳳期)の作とみられています。
    本像はかつて盗難にあい、長らく行方不明でしたが、近年向原寺に戻りました。
    穏やかで美しいお顔をしておられます。この機会にぜひご覧ください。

      20140714.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 新しい展示、「壁画ナビゲーション」を公開します

    8月23日(土)から、大型モニター版とタブレット版、2つの「壁画ナビゲーション」を公開しています(常設展示)。

    大型モニター版では、高松塚古墳・キトラ古墳壁画の高精細画像をタッチパネルで自由に拡大・縮小して、観賞することが出来ます。
    赤外線の画像も表示でき、可視光の画像と対比も可能です。飛鳥美人の細かな筆づかいや、朱雀の下描線、白虎の瞳など、壁画ナビでしか見られない世界をお楽しみください。


    タブレット版も好評稼働中です! キトラ古墳、高松塚古墳の石室内に入ったような感覚で、画面上のボタンをタッチすると、壁画をみたり、赤外線画像や材料の説明を見たりできます。 大型タッチパネル版の壁画ナビとはちょっと違った壁画の世界を、のぞいてみませんか。

    技術協力:独立行政法人 情報通信研究機構(NICT)


    あわせて31日(日)まで、「高松塚古墳の複製漆喰壁画」も公開しています。
    これは漆喰を吹き付けた特殊な用紙に、壁画の画像を印刷したものです。
    写真だけではわからない、漆喰壁画の質感をご覧いただけます。


    高松塚・キトラに迫る展示。ぜひ飛鳥資料館へ足をお運びください。 

    P1010716.jpg20140814.jpg

    チラシはこちら
     

     

    ▲ページトップへ

  • 無料入館日のお知らせ

    飛鳥資料館は、8月15日(金)を入館無料といたします。
    只今地下特展室では、写真コンテストの来館者投票を開催中です。
    厳しい暑さが続きます、お気をつけてお出かけください。
    みなさまのお越しをお待ちしております。

    ▲ページトップへ

  • あじさいの季節です

    資料館のあじさいはこれからが見頃です。春の特別展は6月15日(日)が最終日ですので、梅雨の晴れ間、水田が美しい飛鳥にぜひお越しください。
    (6月13日)
    20140613-1.jpg 20140613-2.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 高松塚古墳の版築を展示中です

    長らく工事のため一部閉鎖していた第1展示室が、4月半ばから全面公開しています。高松塚古墳の紹介や須弥山をご覧いただけます。
    また、新たに、高松塚古墳の墳丘断面剥ぎ取りを展示しています。版築技術を用いて作られた古墳の綺麗な地層はなかなかの迫力。
    終末期古墳の土層構造や地震痕跡をみられる貴重な資料なのです。

     

     

     

     

     

    ▲ページトップへ

  • 「ぐるっとパス」に参加しています

    飛鳥資料館は「ミュージアムぐるっとパス・関西2014」に参加しています。

    お持ちの方はぜひご利用ください。

    当館受付で購入することもできます。

     

    「ぐるっとパス」は関西地区の美術館・博物館など51施設で利用できる、便利でお得なミュージアムパスです。 

    詳細は下記ホームページよりご覧ください。

     

    gurubanner_150_38.gif

    ▲ページトップへ

  • 春の花々がきれいに咲きました

    資料館の前庭は春の花々が咲き誇っています。
    中でもしだれ桜はこれからが見ごろを迎えます。

    ご来館の際には前庭も是非ご覧下さい(4月2日)

    140402hanamomo.JPG 140402renngyo.JPG
    140402c.JPG 140402a.JPG

     

    ▲ページトップへ

  • 公式フェイスブックページができました

    飛鳥資料館公式フェイスブックページができました。
    資料館を身近に感じてもらえる情報を紹介していきます。
    ぜひご覧ください。

     

    リンクはこちらからどうぞ!

    facebooklogo.gif

    ▲ページトップへ

  • 雪が積もりました

     

    冬期企画展初日、みごとな雪景色となりました。

    よく降ります。

    (2月14日)

     

    y1.jpgy2.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 観覧料改定のお知らせ

    2014年4月1日(火)からの消費税増税に伴い、観覧料を下記のとおり一部改定いたします。

     

    観覧料

     一般   270円(170円)
     大学生  130円(60円)
     高校生及び18歳未満無料
     ()内は20名以上の団体料金です。

    ▲ページトップへ

  • 第1展示室の一部閉鎖について

    topics125c.jpg展示室改装工事に伴い、2014年2月25日(火)より3月末予定まで、第1展示室の一部を閉鎖いたします。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 なお第1展示室の半分と第2展示室、地下展示室は観覧していただけます。

     

     

     

     

     

    ▲ページトップへ

  • 無料入館日のおしらせ

    村内祭事により、2月2日(日)は無料入館日となります。

    ご来場お待ちしております。

    ▲ページトップへ

  • 年末年始の休館のおしらせ

    平成25年12月26日から平成26年1月3日まで休館とさせていただきます。
    新年は1月4日から開館いたします。
    何卒よろしくお願い致します。

    ▲ページトップへ

  • 紅葉が見頃です

    資料館前庭の紅葉が見頃をむかえています。
    銀杏の葉がダイナミックに風に舞っています。
    玄関脇スロープの皇帝ダリアも立派ですよ。
    (11月27日)
    DSC8046.jpg _DSC8050.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • ミュージアムショップのおしらせ

    インターネットでショップがご利用いただけるようになりました。

    新着の展覧会図録や紀要、グッズをお求めいただけます。どうぞご利用ください。

    ミュージアムショップ

    ▲ページトップへ

  • 秋の花々がきれいです

    topics155a.jpg朝晩が涼しくなりました。飛鳥資料館では前庭の川沿いに秋の花が咲き誇っています。
    秋晴れの気持の良いこの時期に飛鳥散策にお越しください。(9月24日) 

     

     

     

     

     

     

     

    topics155b.jpg

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ▲ページトップへ

  • 夏企画展 関連図録を販売中です

    topics153.jpg夏期企画展「飛鳥・藤原京を考古科学する」の開催期間中、
    考古科学を扱った過去図録を販売します。
    数量限定のため、売り切れの場合はご了承ください。

    『遺跡を測る』 飛鳥資料館図録第30冊(1997)
    『遺跡を探る』 飛鳥資料館図録第37冊(2001)
    『古年輪』 飛鳥資料館図録40冊(2003)

    当館ミュージアムショップにてお買い求めください。

     

     

    ▲ページトップへ

  • 五位鷺が来ています

    資料館前庭の川に「ごいさぎ」きています。
    川に入ったり、木にとまったり、愛嬌のある姿がみられます。
    (6月14日)
    topics152a.JPG topics152b.JPG

     

    ▲ページトップへ

  • あじさいの季節です

    topics151.jpg資料館前庭の川沿いにあじさいが咲き始めました。
    少し下がった斜面に咲いています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ▲ページトップへ

  • 「風景の記憶」ポストカード販売しています

    現在展示中の「風景の記憶」展のポストカードを、当館ミュージアムショップにて期間限定で販売しています。
    暑中見舞いにもおすすめです。
    topics149a.jpg topics149b.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 新緑の季節です

    5月に入り、新緑がきれいな季節になりました。資料館の前庭では、藤やつつじも咲いています。(5月7日)
    topics148a.jpg topics148b.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 奈良県外国人留学生パスポート対象施設です

    「奈良県内 外国人留学生 社寺、文化・観光施設入館無料パスポート」と
    「学生証」を提示された留学生の方は、無料で入館していただけます。

    パスポートの発行、利用方法などについては、奈良県外国人支援センター内留学生交流室へお問い合わせください。
    住所:奈良市三条本町8−1 シルキア奈良2階
    電話:0742-81-3430

     

     

    ▲ページトップへ

  • しだれ桜が満開です

    資料館の前庭は花桃や桜が咲いています。
    中でもしだれ桜は満開で見頃です。(4月1日)
    topics146a.jpg topics146b.jpg
    topics146d.jpg topics146c.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 第1展示室再開のおしらせ

    改修工事のため閉鎖していた第1展示室を2月2日(土)より再開いたします。
    長らくご迷惑をお掛けしました。
    新しい展示も加わりましたので、ぜひ一度足をお運びください。

     

     

    ▲ページトップへ

  • 無料入館日のお知らせ

    村内祭事につき、2月3日(日)を入館無料といたします。

    みなさまのお越しをお待ちしております。

     

     

    ▲ページトップへ

  • 消防訓練を行いました

    消防訓練を行いました。
    災害時の対応や役割について改めて検討しました。
    また、消火器の使い方を再確認しました。(1月17日)
    topics143a.jpg topics143b.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 資料館も雪が積りました

    topics142a.jpg昨日の明日香村は午前中から雪が降り始め、あっという間に積りました。飛鳥資料館の庭も一面真っ白の銀世界に。
    本日もまだ溶けずに残っています。(1月15日)

     

     

     

     

     

     

     

     

    ▲ページトップへ

  • 年末年始の休館のおしらせ

    平成24年12月25日から平成25年1月3日まで休館いたします。
    新年は1月4日より開館しています。何卒よろしくお願い致します。
    お出かけの際は暖かくしてお越しください。

     

     

    ▲ページトップへ

  • 入館受付移動のお知らせ

    topics140.jpg12月4日より、正門横にあった入館受付が、館内へと移動しました。

    団体予約などもこちらでお受けしますので、お気軽に声をおかけください。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ▲ページトップへ

  • 秋が深まってきました

    資料館の前庭も紅葉がみられ、秋が深まってきました。自慢の銀杏もきれいです。スロープ入口には皇帝ダリアが元気に咲いていますよ!(11月20日)
    topics137a.jpg topics137b.jpg
    topics137c.jpg topics137d.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 改修に伴う第一展示室閉鎖のおしらせ

    topics125b.jpg当館の改修工事に伴い、平成24年12月3日(月)より第一展示室の常設展を閉鎖いたします。

    工事期間中は、ロビー等にてミニ展示をおこないます。 第二展示室、ロビー、地階、屋外展示につきましては観覧可能です。

    ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいませ。

     

     

     

     

    ▲ページトップへ

  • 文化の日は無料入館日です

    11月3日文化の日は、無料入館日となります。
    館内無料でご観覧いただけます。
    散策に最適な季節となりました。この機会にぜひ明日香へ足をお運びください。

     

     

    ▲ページトップへ

  • 臨時休館日のお知らせ

     

       

    10月18日(木)が改修の為臨時休館となります。

    ご迷惑をお掛けしますが、お間違えのないようお願いいたします。

    ▲ページトップへ

  • サイト再開のお知らせ

    サイトを再開いたしました。
    長期にわたる閉鎖でご迷惑をお掛けし、申し訳ありませんでした。
    今後も飛鳥資料館サイトをよろしくお願いします。

     

     

    ▲ページトップへ

  • 無料入館日のお知らせ

    飛鳥資料館は、8月15日(水)を入館無料といたします。

    ただ今、写真コンテストの来館者投票開催中です。

    みなさまのお越しをお待ちしております。

     

     

    ▲ページトップへ

  • 売店移動のお知らせ

    館内のミュージアムショップが正門付近に移動しました。
    庭園同様入館料なしでご利用いただけます。
    また、大型ロッカーがショップ内に移動しました。ぜひご活用ください。
    topics128.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 計画停電のお知らせ

    飛鳥資料館も今夏の計画停電の対象エリアに含まれています。
    停電が実施される際は、ご不便をおかけします。ご了承ください。
    実施予定は下カレンダーを参照ください。停電実施の決定は当日行われます。

    topics127.jpg

    ▲ページトップへ

  • あじさいが咲いています

    あじさいの季節になりました。当館の前庭であじさいがきれいに咲いています。

    明日香村内も田植えが始まり瑞々しい風景が広がっています。

    素敵な写真が取れたらぜひ写真コンテストへご応募ください。
    topics126.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 地階映像コーナー再開のおしらせ

    調整中だった地階の映像コーナーが再開しました。
    椅子に座ってゆっくりお楽しみください。

     

     

    ▲ページトップへ

  • 庭園に猿石が登場

    庭園の見晴らしの良いところに猿石が設置されました。
    座って休憩するのによい季節になりましたので野兎も見に来てくれました!?
    topics121a.jpg topics121b.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 電話工事、ネットワーク機器移設に伴う電話・FAX・メール不通のおしらせ

    飛鳥資料館内の電話工事、ネットワーク機器移設の実施に伴い、下記の間は当館への電話・FAX・インターネットメールサービスが不通となりますので、お知らせいたします。ご関係者の皆様には何かとご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。

    ◎電話工事に伴う電話不通期間
     日時:平成24年3月12日(月)午後5時〜午後10時30分(予定)

    ◎ネットワーク機器移設に伴うメール不通期間
     日時:平成24年3月12日(月)午後5時〜3月13日(火)午後5時(予定)
     ※飛鳥資料館のホームページはご覧いただけます。

    ▲ページトップへ

  • 無料入館日のお知らせ

    村内祭事につき、2月5日(日)を入館無料といたします。
    2月26日(日)まで冬期企画展「飛鳥の考古学2011」開催中です。
    みなさまのお越しをお待ちしております。
    topics116a.jpg topics116b.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 雪の飛鳥資料館

    全国的に寒いようですが、本日(1/24)は朝から雪が降り続いています。
    冬ならではの景色をどうぞカメラに
    「飛鳥資料館写真コンテスト」
    topics113.jpg topics113a.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 無料入館日のお知らせ

    飛鳥資料館は、関西文化の日(http://www.kansaibunka.com
    11月3日(木)を入館無料といたします。
    現在開催中の特別展もご覧いただけます。
    庭園の木々も色づきはじめました、みなさまのお越しをお待ちしております。

     

     

    ▲ページトップへ

  • 無料入館日のお知らせ

    飛鳥資料館は、8月14日(日)を入館無料といたします。
    厳しい残暑が続きます、お気をつけてお出かけください。
    みなさまのお越しをお待ちしております。

     

     

    ▲ページトップへ

  • 庭園の新緑が鮮やかです

    5月に入り気温もぐんぐん上がってきました、
    緑がきれいな庭園をお楽しみください。
    5月29日まで特別展開催中につき無休です。
    topics97b.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 常設展が一部リニューアルしました

    キトラ古墳の展示が新しくなり、詳しい解説に加え、
    陶板で再現された壁画をより近くで見ていただけるようになりました。
    また飛鳥寺の展示には、塔心礎出土の挂甲のレプリカと復原品が加わりました。
    topics96c.jpg topics96b.jpg
    topics96a.jpg topics96.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • キトラ古墳壁画特別公開 ご来場者7万人達成しました

    キトラ古墳壁画四神 特別公開期間のご来場者が7万人を超えました。
    7万人目のお客様には記念品を贈呈しました。
    このあとは…、ご来場者10万人!?を超えるときにセレモニーを行います。
    (6月7日)
    70000.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 桜が満開です。

    飛鳥資料館の桜が満開です。
    今年は改修工事期間のため、無料で入館していただけます。お早めにどうぞ。
    ※入館無料期間 〜5月13日(木)
    sakura.jpg

     

    ▲ページトップへ

  • 4月16日より、キトラ古墳壁画特別公開(5/15〜6/13)の前売り券を販売しました。

    販売場所:飛鳥資料館売札、近鉄橿原神宮前駅、他近鉄主要駅
    前売り料金:大人400円 高校・大学生200円(中学生以下無料)
    ※通信販売は行っておりません。

     

     

    ▲ページトップへ

  • キトラりんりんダイヤルを開設します

    平成22年2月1日より、キトラりんりんダイヤルを開設します。
    キトラ古墳壁画「四神」特別公開に関するお問合せ専用ダイヤルです。

    <電話番号:050-7105-5355>
    受付時間:平成22年2月1日〜・9:00〜18:00、土曜日は21:00まで

    *お電話番号はお間違えのないようにご注意ください。

    ▲ページトップへ