お知らせ

 

飛鳥の祭紹介③―飛鳥光の回廊

飛鳥資料館写真コンテスト作品展「飛鳥の祭」の受賞作と合わせて、飛鳥の祭を紹介します。第3回目は「飛鳥光の回廊」です。村内の観光施設や寺院、集落などがろうそくの光でほのかに照らされます。岡寺では、2016年から和傘をつかったライトアップもおこなわれ、幻想的な風景がカメラマンや観光客の人気を集めています。

 

田中嘉宏氏の「祭りの女(ひと)」は、祭という非日常の空間を演出する露店。その賑やかな風景を上手く表現されている点が評価されました。光の使い方も印象的です。

 

山本明子氏の「飛鳥つなぐ光の道」は、岡寺の和傘ライトアップを撮影した作品です。境内に配置された光と和傘の配置で、見る人の視線を三重塔まで誘導しています。

 

飛鳥資料館写真コンテスト作品展「飛鳥の祭」では、飛鳥の歴史を感じる祭、人々の暮らしを彩る祭を写真で楽しめます。飛鳥の祭に込められた人々の思いや祈りをご覧ください。

 

◆開催期間

2020年10月16日(金)~12月6日(日) 

(※月曜休館 ただし11月23日(月・祝)は開館、11月3日(火・祝)は無料入館日)

 

◆今年の入選作品の詳細はこちら

◆開館時間・アクセス等の詳細はこちら

 

3位「祭りの女」田中嘉宏 本データ_R.jpg 4位「飛鳥つなぐ光の道」山本明子 本データ_R.jpg

2020年11月13日(金曜日)

 
 
   飛鳥資料館について
   庭園
   常設展示
   特別展・企画展
   学び
   ご利用案内・アクセス
   ミュージアムショップ
   ダウンロードコンテンツ
   お知らせ
   お問い合わせ

他の言語を選ぶ