お知らせ

 

イベント参加者大募集!

現在開催中の秋期特別展「飛鳥-自然と人と-」の期間中、10月29日(火)に、イベント「飛鳥の森を探る」を開催します。本日は、そのおすすめポイントをご紹介します。

 

<その1> 研究者から直に学べる!

当日は、奈良文化財研究所の星野安治(年輪年代学研究室室長)、上中央子(環境考古学研究室客員研究員)が、古代の植生や木の利用についてレクチャーします。研究者の話を生で聞ける絶好のチャンスです。

 

<その2> 飛鳥の木とじっくりむきあえる!

研究者と一緒に、古代と現代の飛鳥の森でよくみられる樹木を観察します。専門家ならではの目線を通して、植物の特徴や魅力がわかります。

 

<その3> 飛鳥資料館特製「あすか森しおり」がつくれる!

飛鳥の森について学んだ後は、葉っぱの栞づくりを体験。飛鳥の森の世界をつめこんだ栞は、お土産に持って帰れます。

自然を通して歴史を見直すことで、見慣れた森の意外な姿や、知っていたつもりの歴史の新たな魅力がみえてきます。ぜひ、みなさまのご参加をお待ちしております。

 

※イベントへの参加には、事前申込(Email/はがき)が必要です。申込方法の詳細は、こちら

 

reIMG_3149.JPG

2019年10月18日(金曜日)

 
 
   飛鳥資料館について
   庭園
   常設展示
   特別展・企画展
   学び
   ご利用案内・アクセス
   ミュージアムショップ
   ダウンロードコンテンツ
   お知らせ
   お問い合わせ

他の言語を選ぶ