特別展・企画展

秋期特別展 「飛鳥-自然と人とー」

 

日時:2019年10月11日(金)~12月1日(日)
   ※月曜休館(ただし10月14日(月・祝)11月4日(月・振休)は開館、10月15日(火)11月5(火)は休館)
   ※10月22日(火・祝)11月3(日・祝)は無料入館日

場所:飛鳥資料館 特別展示室
時間:午前9時〜午後4時半(入館は午後4時まで)
主催:奈良文化財研究所飛鳥資料館
協力:入江泰吉記念奈良市写真美術館、歴史に憩う橿原市博物館、明日香村文化協会
後援:文化庁、明日香村、近畿日本鉄道株式会社
料金:一般270円(170円)/大学生130円(60円)
   高校生及び18歳未満、65歳以上は無料
   (年齢のわかるものが必要です)
   ※( )は20名以上の団体

 

 飛鳥の都で、人々は自然とどのように向き合ってきたのでしょう?飛鳥の都は、山地と丘陵地が間近にせまり、平坦地は狭く、中心部を横切るように川が流れています。この地の自然環境は、その後の日本の都―たとえば奈良や京都とは、あきらかに異なります。けれども、そんな飛鳥の地にも、何度かの中断をはさみながらも、100年近く都がおかれてきました。

 そして、1300年が過ぎ去った今、飛鳥には人々が郷愁を感じる農村景観が広がります。山には木々が茂り、川には岩を縫うように清流が流れ、傾斜地には棚田が築かれ、その傍らには古代の遺跡が眠ります。

 飛鳥時代から現代まで、飛鳥の人々は、この山や川の恵みを利用してきました。飛鳥の自然は、時代の流れと共に少しずつ姿を変えながらも、いつも人々の暮らしの側にありました。

 今回の特別展では、飛鳥における自然と人との関わりを様々な角度から考えてみたいと思います。飛鳥時代の遺跡と人々の暮らしと自然が一体となった飛鳥の魅力を、飛鳥資料館写真コンテストに寄せられた写真と、文化財研究の成果と合わせてお楽しみください。

 

【イベント1】「飛鳥の森を探る」要事前申込

飛鳥時代の森と現代の森とは、どんな違いがあったのでしょう? 出土資料や木の観察、葉っぱの栞づくりをしながら、出土した植物の分析を進めている研究者とともに、飛鳥の森を探ります。

●日時・場所

10月29日(火)13:30~15:30 飛鳥資料館にて

※要事前申込(多数の場合は抽選)、定員15名、参加無料(要入館料)。

●申込方法
E-mailまたは往復はがきに以下の必要項目をご記入の上、「イベント参加希望」と明記して、10月20日(日)までにお申込みください(往復はがきの場合は、当日消印有効)。

 ・必要項目
  ①参加希望日
  ②代表者の氏名・年齢
  ③代表者の郵便番号・住所
  ④代表者の電話番号
  ⑤その他の参加者全員の氏名・年齢

  (1回の申込で代表者を入れて2名まで申込できます)

●往復はがき記載例
往復はがき.gif

*申込締切から、2週間程度で返信が届かない場合は、ご連絡ください。
*メール申込の方は、@nabunken.go.jpからのメールを受信できるように設定してください。

 

【イベント2】「ふるさと飛鳥を語る」(事前申込不要)

地元のおじいちゃん、おばあちゃんが展示室に登場!観光目線とは一味ちがう、とっておきの飛鳥の魅力に出会えます。

●日時・場所

11月15日(金)13:30~15:30 飛鳥資料館特別展示室にて

 

【お問合せ・イベント申込】
  〒634-0102 奈良県高市郡明日香村奥山601/TEL 0744-54-3561
  E-mail:info.shiryokan@nabunken.go.jp

 
   飛鳥資料館について
   庭園
   常設展示
   特別展・企画展
   学び
   ご利用案内・アクセス
   ミュージアムショップ
   ダウンロードコンテンツ
   お知らせ
   お問い合わせ

他の言語を選ぶ