お知らせ

 

飛鳥の祭紹介①―綱掛け

飛鳥資料館では、写真コンテスト作品展「飛鳥の祭」を開催しています。
今回は、飛鳥の祭をコンテストの受賞作と合わせて紹介します。

 

稲渕と栢森で、111日と成人の日におこなわれる「綱掛け」。集落を流れる飛鳥川に勧請縄を掛け、悪神の侵入を防ぎ、五穀豊穣と子孫繁栄を祈ります。稲渕の男綱には男性の陽物、栢森の女綱には女性の陰物を藁でつくり、縄の中央に掛けます。

 

西村充康氏の「準備中」は、祭の準備を進める地元の方々の動きを切り取った作品です。モノクロームな色合いの中に、お供えの蜜柑が美しく映えます。主題が明確で撮影技術も的確な点が、審査会でも高く評価されました。

竹本晴行氏の「女綱をなう」は、栢森での女綱作りを撮影した作品で、縄をなう人の動きと差し込む光、畑から立ち上る煙が冬の空気感を伝えています。

 

飛鳥資料館写真コンテスト作品展「飛鳥の祭」では、飛鳥の歴史を感じる祭、人々の暮らしを彩る祭を写真で楽しめます。飛鳥の祭に込められた人々の思いや祈りをご覧ください。

 

◆写真コンテスト作品展「飛鳥の祭」開催期間

2020年10月16日(金)~12月6日(日) 

(※月曜休館 ただし1123日(月・祝)は開館、113日(火・祝)は無料入館日)

◆今年の入選作品の詳細はこちら

◆開館時間・アクセス等の詳細はこちら

 

1位「準備中」西村充康 本データ_R.jpg 3位「女綱をなう」竹本晴行 本データ_R.jpg

2020年11月02日(月曜日)

 
 
   飛鳥資料館について
   庭園
   常設展示
   特別展・企画展
   学び
   ご利用案内・アクセス
   ミュージアムショップ
   ダウンロードコンテンツ
   お知らせ
   お問い合わせ

他の言語を選ぶ