お知らせ

 

「飛鳥の考古学2018」の報道発表を行いました

明日から、冬期企画展「飛鳥の考古学2018」が始まります!

 

本日は、報道関係者の方に展覧会の会場を公開しました。本展覧会を担当した若杉研究員が、展示の内容や展示資料についての紹介をしました。

記者の方々も最新の研究成果に興味津々のようすでした。

 

今回の展覧会では、2017年度に奈良文化財研究所、奈良県立橿原考古学研究所、明日香村教育委員会が、

飛鳥・藤原地域で行った発掘調査の成果をご紹介します。

会場には、8つの遺跡から出土した瓦や土器、金属製品など計350点ほどの資料を展示しています。

この冬は、飛鳥・藤原地域から出土した古代の資料が持つ魅力と、そこから明らかとなった飛鳥の歴史をお楽しみください。

 

◆開催期間

2019年1月25日(金)~3月17日(日)

※月曜休館(祝日と重なれば翌平日)

※2月3日(日)、2月24日(日)は無料入館日

 

◆冬期企画展「飛鳥の考古学2018」の詳細はこちら

 

IMG_1973_Fotor_R.jpg IMG_2003_Fotor_R.jpg 

IMG_1981_Fotor_R.jpg IMG_1930_Fotor_R.jpg

2019年01月24日(木曜日)

 
 
   飛鳥資料館について
   庭園
   常設展示
   特別展・企画展
   学び
   ご利用案内・アクセス
   ミュージアムショップ
   ダウンロードコンテンツ
   お知らせ
   お問い合わせ

他の言語を選ぶ