お知らせ

 

高松塚古墳壁画発見50周年です!

国宝高松塚古墳壁画が昭和47年(1972)3月21日に発見されてから、今年で50年を迎えます!

飛鳥資料館では、高松塚古墳に関連する資料を常設展示しています。

第一展示室には、高松塚古墳の出土品(3月24日から重要文化財の出土品を展示予定)や壁画の写真、墳丘断面のはぎとり標本を展示しています。

地下特集展示では、石室解体や壁画修理に関する展示のほか、石室の実物大模型、石室解体作業で実際に石材を吊り上げた治具(クレーン)など、他では見られない資料の数々をご覧いただけます。

また、庭園には石室解体作業のために製作された実験用石室があります。

このほか、高松塚古墳に関連したグッズや図録も販売しています。

壁画発見50周年のこの機会に、ぜひ飛鳥資料館にお越しください!

 

140514_FM_0014_R.jpg

190609_asuka_0501_R.jpg

180206_hdsc_0003_R.jpg 210427_asuka_0122_R.jpg グッズポスターブックカバー_R.jpg

2022年03月18日(金曜日)

 
 
展示
ご利用案内・アクセス
学び
飛鳥資料館について
ミユージアムショップ
お知らせお問い合わせ

他の言語を選ぶ