お知らせ

 

終了間近!秋期特別展 軒瓦ぬりえ配布中!

秋期特別展「屋根を彩る草花飛鳥の軒瓦とその文様」に合わせて作成し、会場で配布している“軒瓦ぬりえ”(全8種類)についてご紹介します。

 

ぬりえの題材として取り上げているのは、どれも今回の会場で展示している軒瓦です。 ぬりえを手元に置きながら、元となった瓦をぜひ探してみてください。

 

瓦の文様は思いのほか立体的なものもあり、会場では実物を見ることでそれを実感していただきたいのですが、 平面的な線画で描いてみると、複雑だったモチーフをシンプルな文様にデザインする過程がよくわかります。

 

もともと瓦は一部の瓦(山田寺の垂木先瓦など)を除いて、焼いた後に色を塗ったりすることはなかったと考えられますが、 このぬりえでは想像の翼を広げて、自由な色に塗ってみてください。 どんな色で塗ったらきれいかな、などと考えながら文様を観察していると、意外な発見があるかもしれません。

 

ぬりえははがきサイズとなっており、切手を貼ればそのまま使えるようになっています。 特別展会場で配布していますので、ご自由にお持ち帰りください(なくなり次第終了)。

 

 

なお、コラム作寶樓で飛鳥資料館の「彩る歴史―飛鳥資料館ぬりえ―」が紹介されました。

ぜひご覧いただき、軒瓦ぬりえとあわせてお楽しみください(軒瓦ぬりえはマグネットのプレゼント対象外です。)

 

IMG_6133r.jpg

2021年12月14日(火曜日)

 
 
   飛鳥資料館について
   庭園
   常設展示
   特別展・企画展
   学び
   ご利用案内・アクセス
   ミュージアムショップ
   ダウンロードコンテンツ
   お知らせ
   お問い合わせ

他の言語を選ぶ