奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

重要文化的景観選定地一覧の更新

「重要文化的景観」とは、文化的景観の中でも特に重要なものについて、都道府県又は市町村の申出に基づき、
国によって選定された地域のことです。
 
2015年10月7日に新たに以下の3地区が新たに選定されました。
 
「佐渡相川の鉱山及び鉱山町の文化的景観」(新潟県佐渡市)
「大沢・上大沢の間垣集落景観」(石川県輪島市)
「京都岡崎の文化的景観」(京都府京都市)
 
今回の選定で重要文化的景観選定地区は50地区になります。
 
今回の選定地区に関する情報シートを重要文化的景観選定地一覧に追加いたしました。
ご活用いただければ幸いです。
 
[関連ウェブサイト]
文化庁報道発表「史跡等の指定について」(2015年6月19日付)
 
 
なお、「佐渡相川の鉱山及び鉱山町の文化的景観」、「京都岡崎の文化的景観」の2つの地区は、景観研究室が
受託事業として平成22年度より価値調査及び保存計画策定に協力してきた地域です。
詳しくは、下記のウェブサイト及び刊行物等をご参照ください。
 
(景観研究室)
 

月別 アーカイブ