奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

3D Bone Atlas Databaseの更新

 平成29年2月10日(金)より、ウマ骨格図譜のデータを刷新するとともに、ヒト骨格図譜に男女の頭骨と骨盤、性差の解説文を追加しました。馬の骨格図譜は、遺跡から出土するほとんどの馬骨に対応できるよう、部位を大幅に増加してあります。

 また、ヒトの性差にかんする解説文には、解説を読みながら確認できるよう、3Dの骨格図譜を組み込んであります。馬の骨格図譜は、新たに導入した機器によって、これまで以上に各部位の骨格が精緻に表現されています。ぜひご活用ください。

3D Bone Atlas Database
https://www.nabunken.go.jp/research/environmental/gaiyo.html