なぶんけんブログ|奈良文化財研究所に関する様々な情報を発信します。

夏酒

 数年前、平城宮跡の復元朱雀門から南西すぐの場所で行った発掘調査で、不思議な言葉が記された木簡が見つかりました(『平城宮発掘調査出土木簡概報』45、16頁下段(20)、【写真1・2】)。

   ・夏酒

   ・□□      縦(32)㎜・横14㎜・厚さ4㎜ 081型式

 「夏酒」とは、一体何でしょう? 奈良時代には、夏限定のお酒があったのでしょうか??

 実はこの「夏酒」という言葉、『多聞院日記』の16世紀後半~末頃の記事に散見します(「春酒」も一箇所認められます)。『多聞院日記』とは、奈良・興福寺の塔頭であった多聞院の僧侶が書き継いだ日記で、酒造りに関する記述を含むことでも知られています。

 また、15世紀頃の数種の酒の製造法を記すとされる「御酒之日記(ごしゅのにっき)」という史料では、河内・金剛寺の天野酒(あまのざけ)や京都の柳酒(やなぎざけ)を「冬之酒」と称しています。どうやら、中世には季節を冠して呼ばれるお酒が存在したようなのです。

 さらに「御酒之日記」を見てみましょう。注目すべきは、奈良・正暦寺の菩提泉(ぼだいせん)。この製造法の記述の中に「夏 てあれハ其飯ヲ能々さますへく候」(=夏にてあれば其の飯をよくよく冷ますべく候)などとあり、夏期に醸すことが想定されていた様子が看取されます。実はこの菩提泉、乳酸発酵を利用しつつ、夏場に仕込んでいたと考えられているお酒なのです。

 ここから推すに、お酒に冠された季節は、仕込みの時期を表しているのではないでしょうか。だとすると、菩提泉は「夏酒」の一種ということになります。

 それぞれのお酒は醸造時期だけでなく製造法が異なりますから、その味もまたさまざまだったと思われます。ちなみに菩提泉は、乳酸発酵を用いること、および原材料の分量や製造法の特徴などから、濃厚で、酸の効いた味わいであったと想像されています。中世には、現代よりもはるかに、味も作り方も多種多様なお酒が混在していたのではないでしょうか。また、人びとはその味の違いなどから、季節を感じ取っていたかもしれません。

 ただし、現在のところ、醸造時期や味わいが異なる多彩なお酒が共生する様相が確実に認められるのは、中世以降に限られます。10世紀成立の『延喜式』を参照すると、6・7月に毎日醸して供するお酒、7月下旬から醸造を始めて8・9月に供するお酒、10月以降に仕込むお酒、などがみられます。ただし、これらは基本的に、造酒司という役所で醸造された天皇などへの供御用のお酒です。季節のお酒がどのような階層の人びとにまで普及していたか、そもそも『延喜式』の製造法がいつまで遡るかなど、よくわからない部分も多く残ります。

 その意味で「夏酒」木簡は、前後の文脈も読み取れない小さな断片ですが、季節感に富んだ豊かな酒造り文化が奈良時代に存した可能性を示唆する発見、と言えるかもしれません。今後の資料の増加に期待しましょう。

 

【参考文献】
鎌谷親善「「御酒之日記」について」『酒史研究』13、1995年
鎌谷親善・加藤百一「「御酒之日記」―その解説と翻刻―」『酒史研究』13、1995年
大原弘信「菩提酛復活物語」『酒史研究』30、2014年

 

【謝辞】
 本稿執筆にあたり、油長酒造の山本長兵衛氏より貴重なご教示を賜りました。記して謝意を表します。

 

sahorou20220901_1.jpg

【写真1】平城宮朱雀門前の二条大路南側溝から出土した木簡。とても読みにくいが・・・

sahorou20220901_2.jpg

【写真2】赤外線で観察すると、オモテ面(右)の文字ははっきり「夏酒」と読める

(都城発掘調査部主任研究員 山本 祥隆)

月別 アーカイブ