なぶんけんブログ|奈良文化財研究所に関する様々な情報を発信します。

奈良文化財研究所研究報告 第28冊 「文化財多言語化研究報告」

奈良文化財研究所研究報告 第28冊「文化財多言語化研究報告」を学術情報リポジトリで公開しました。 本文をPDFで閲覧いただけます。


https://repository.nabunken.go.jp/dspace/handle/11177/9413


目次

例言

Ⅰ論考

 [1]文化財の多言語化に失敗しないためには

 [2]「文化財」を翻訳する

 [3]文化財を「翻訳」する-より良い訳文を提供するために-

 [4]韓国語における日本語表記法の変遷過程― 「東京」から「토오쿄오(トオキョオ)」へ、そして「도쿄(ドキョ)」へ ―

 [5]平城京・平城宮の遺跡名や地名の韓国語表記方法に関する提案

 [6]多言語化事業における校閲者の役割

Ⅱ事業報告

 [7]全国の模範となる多言語化に向けて― 関西での文化財機構の取り組みについて ―

Ⅲ実験

 [8]文化財関係用語シソーラスの構築と実践活用例:文化財多言語事業への展開を見据えて

Ⅳ資料

 [9]奈良時代の律令制における中央官制の日英翻訳集

 [10]文化財関連用語日中対訳集

 [11]文化財関連用語日韓対訳集

Table of Contents

BC06378873_hyoushi500.jpg

表紙

月別 アーカイブ