奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

「ならのみやこのしょくぶつえん」ギャラリートーク

 ただいま平城宮跡資料館では、毎年恒例のこども向けの企画展を開催しています。
今年は「ならのみやこのしょくぶつえん」と題して、平城宮・京跡から出土した植物をご紹介しています。

 "ならのみやこ"には、植物園といってもいいほどに沢山の植物が植えられていました。
本企画展では、発掘調査で見つかった木簡や瓦といった考古遺物、タネや花粉といった自然植物を展示しております。

 また開催期間中には、ふだん会うことのない考古学の研究員によるギャラリートーク(全2回)を行っております。

 第1回目は、瓦の研究員による解説でした!

20190729_1.jpg

 ハスの花や植えられていたはずなのに花粉も何も出土していない'まぼろしの植物'などについて楽しくわかりやすく解説してもらいました。

20190729_2.jpg

 第2回目は、8月9日(金)14時半からです!!
本展覧会のギャラリートークはこれで最終となります。
"ならのみやこ"に住んでいた人々はどのような植物を目にし、何を想っていたのでしょうか。 企画展について研究員の生解説を聞くことのできるこの機会にぜひお越しください!!

【今後のギャラリートーク・ワークショップ】
8月9日(金) 研究員によるギャラリートーク
8月16日(金)ワークショップ:オリジナル布バッグをつくろう!
8月23日(金)ワークショップ:オリジナル布バッグをつくろう!

月別 アーカイブ