奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

特集展示「埋(うず)もれた大宮びとの横顔―薬・まじない・庄園の木簡」の展示替えをおこないました

 現在、藤原宮跡資料室玄関ホールで開催している特集展示「埋(うず)もれた大宮びとの横顔―薬・まじない・庄園の木簡」は、4月18日から後期の木簡展示をおこなっています。

 後期にご紹介する2点の木簡は、いずれも大型の帳簿で、弘仁元年から2年にかけての庄園の収支簿と、都へ米を進上した記録木簡です。藤原宮の跡地に営まれた平安初期の庄園の様相がうかがえる貴重な資料を、保存処理前の水漬けの状態でご覧いただけます。
 是非、この機会に藤原宮跡の散策とあわせて、藤原宮跡資料室にお越しください。

 なお、配布資料は学術情報リポジトリからダウンロードできます。

・リーフレット https://repository.nabunken.go.jp/dspace/bitstream/11177/6952/1/20190408.pdf
・展示リスト  https://repository.nabunken.go.jp/dspace/bitstream/11177/6966/1/20190408_zenki_list.pdf

【会期】
2019年4月8日(月)~4月26日(金)
※木簡の保全に万全を期すため、会期中展示替えをおこないます。

【場所】
都城発掘調査部(飛鳥・藤原地区)藤原宮跡資料室 玄関ホール

【開館時間】
9:00~16:30

【入館料】
無料

【アクセス】
都城発掘調査部(飛鳥・藤原地区)の周辺地図 

【お問い合わせ】
0744-24-1122(都城発掘調査部(飛鳥・藤原地区))

190418_FM_0001.jpg

月別 アーカイブ