奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

平城宮東院地区の発掘調査(平城第593次調査)の現地説明会のご報告

平成29年12月23日(土) 、平城宮東院地区の発掘調査(平城第593次調査) の現地説明会を開催しました。
当日は823名の方にご参加いただきました。

発表資料はこちらです。 >>学術情報リポジトリ

 

発掘担当者からのコメント:都城発掘調査部 考古第二研究室 研究員 小田裕樹

説明会当日は寒風が吹くなか、多くの方々にお越しいただき誠にありがとうございました。

今回の調査では、大規模な井戸とそこから派生する溝や建物など、平城宮では今まで知られていない遺構の調査となりました。調査担当者として、日々新たな発見に接することができる喜びと予想通りにいかない発掘の難しさを感じながら調査を進めていました。

今回の説明会では、実際に井戸を調査する状況を皆さまにご覧いただく「ライブ発掘」という試みをおこないました。私たちが日々おこなっている、土や出土遺物を慎重に観察しながら掘り進める様子をご覧いただき、発掘調査の楽しさ・面白さを感じていただけたでしょうか。

東院地区の調査はこれからも続きます。また現地説明会にも足をお運びください!

 

 

IMG_0645.jpgDSCF5796.jpg

 

IMG_0612.jpgIMG_0644.jpg

 

IMG_0616.jpgIMG_0619.jpg

 

IMG_0634.jpgIMG_0636.jpgIMG_0640.jpg