奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

きょうは何の日?

昨日6月10日は「時の記念日」でした。天智天皇が漏刻(水時計)をおいて、時を知らせ

たと記録されているのは天智天皇10年の4月25日。この日が、西暦では671年6月10

日になるため、大正9年(1920)に6月10日が「時の記念日」として定められました。

ちなみに今年の旧暦4月25日は6月11日、まさに今日です。

 

『日本書紀』によれば、天智天皇が設置した漏刻は、天皇が皇太子(中大兄皇子)のとき

に造って飛鳥に置いた漏刻だといいます。この飛鳥の漏刻の遺跡が史跡「飛鳥水落遺跡」。

飛鳥資料館の第一展示室の水落遺跡コーナーでは、漏刻の仕組みや、漏刻を支えた強固

な建物の構造を、模型や出土品を通してお楽しみいただけます。

 

飛鳥の「時」に、思いをはせてみてはいかがでしょうか?

 

 

20150611-1.jpeg