奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

飛鳥資料館 春期特別展記念座談会を開催しました

 5月11日(日)に、春期特別展記念座談会「いにしえの技術を語る-現代の「匠」と考古学者 -」を開催しました。脇田宗孝先生(奈良教育大学名誉教授)、小泉武寛先生(和銅寛)という考古資料の復元でも著名なお二人をお迎えし、奈文研からは松村恵司(奈良文化財研究所所長)、玉田芳英(奈良文化財研究所都城発掘調査部副部長)が参加しました。司会進行は丹羽崇史(飛鳥資料館)が務めました。

 座談会では、脇田先生、小泉先生より復元品の製作にまつわるエピソードや松村、玉田より飛鳥時代のものづくりに関する考古学的・歴史的な知見などが紹介され、熱い議論が飛び交いました。

たくさんの方にお集まりいただき、ありがとうございました。

 

20140511.jpg

月別 アーカイブ