奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

ネコ足大賞発表!

みなさん、こんにちは。

以前チラッとご紹介した天平ツリーひろばでのどうぶつあそび(体験コーナー)。

今回の記事では、みなさんに製作していただいた作品の中から

素敵な作品をご紹介したいと思います。


天平ツリーひろばでは、常時4つのどうぶつあそびを楽しんでいただけるのですが、

その中に、「ネコの足は何についていた?」というあそびがあります。

どういうあそびかといいますと…、

平城宮・京跡では、たまに「ネコ科の動物の足」だけが出土することがあります。

このような形の焼き物です↓



 





専門用語では「獣脚(じゅうきゃく)」と呼びますが、

これが一体当時何のパーツだったのか、

皆さんのアイディアを絵に描いてもらうというあそびです。
  
   

 

 

 





ちなみに、この「獣脚」のパーツを備えた

"すずり"や"火ばち"(専門用語では「火舎」)が

奈良時代に使われたことがわかっています。

でも、もっと他にもあったかもしれないですよね?

そこで、皆さんのお知恵拝借、というわけです。


オープンから2週間で、集まったネコ足アイディアは50件!

一番多かったのは、やはり容器系ですね。

おちゃわん、お風呂、カップ、みずがめ…。

斬新系としては、孫の手、ネズミの竹馬、箸置きなど。

その中で、特に光っていたアイディアをいくつか紹介します。

まずは、ネコ足にくわしい、

奈良文化財研究所のドキドキ博士が選んだ

ドキドキ大賞はこちら。「線香立て」
 

 

 


音までついて迫力満点です。

続きましてドキドキ優秀賞は「うちわ」

 

 




思わず握りしめたくなる取っ手がポイントですね。

では最後に、今回の展示を担当した展示企画室が選んだ

ニャイス!アイディア賞に輝いたのはこちら。

 

 

 







こんなのあれば履いてみた~い!

みなさん、素敵なアイディアありがとうございました!!


この「ネコの足は何についていた?」のどうぶつあそびは

今週から違うどうぶつあそびに入れ替わっていますので、

また遊びにいらしてくださいね。