奈良文化財研究所に関するさまざまな情報を発信します。

奈良文化財研究所研究報告第24冊「デジタル技術による文化財情報の記録と利活用2」

奈良文化財研究所研究報告第24冊「デジタル技術による文化財情報の記録と利活用2」を学術情報リポジトリで公開しました。 本文をPDFで閲覧いただけます。

https://repository.nabunken.go.jp/dspace/handle/11177/6950

目次

凡 例

1.文化財情報のオープン化・ネットワーク化

  [1]考古学における研究成果公開の動向 -データ管理・方法の透明性・再現性-

  [2]考古学ビッグデータの可能性と課題

  [3]考古学のためのデータビジュアライゼーション

  [4]研究者にとってのオープンサイエンス

  [5]海外の日本研究と知のネットワーク -デジタルアーカイブのユーザを考える-

  [6]文化財の多言語化に失敗しないためには

2.文化財デジタルデータの保管と活用

  [7]デジタルデータによる図面等記録類の取扱いについて

  [8]奈良文化財研究所におけるフィルムのデジタル化

  [9]文化財デジタルデータ長期保管の実務

  [10]デジタルデータ長期保存における記録メディアの選択

  [11]三次元データの可能性 -活用と課題-

  [12]文化財デジタルデータ長期保存のためのファイル形式

  [13]発掘調査から報告書公開までのデジタル技術

  [14]報告書掲載データとWebコンテンツ

3.文化財情報と知的財産権

  [15]著作権法における資料保存のための複製 -フィルム、ビデオテープのデジタル化を例に-

  [16]映像資料の権利処理とその実務

  [17]三次元データの公開に伴う著作権等の整理

  [18]文化財情報を真の公共財とするために

4.文化財調査におけるGISの活用

  [19]GISの基礎 -文化財におけるGIS利用の概要-

  [20]地理院地図の利活用

  [21]文化財業務で使うGIS -QGISを利用した実践的操作-

  [22]文化財調査でのGISの利用

5. 文化財報告書の電子公開

  [23]発掘調査報告書の公開

  [24]遺跡抄録の現状と注意点

  [25]発掘調査報告書とデータの公開利用 -「記録保存」と情報のフロー、再現性・再利用性-

  [26]数字で見る全国遺跡報告総覧

  Table of Contents

 

ResearchReports24_hyoshi.jpg

表紙

月別 アーカイブ