催し物 2020年度 Events

【展覧会】

2020年 平城宮跡資料館ミニ展示「古代のいのり -疫病退散!」

2020年度 平城宮跡資料館夏期企画展
 同時開催「奈良の都の考古学 -発掘された平城2019」「古代のいのり -疫病退散!」

【その他】

国宝高松塚古墳壁画修理作業室の公開(第30回)

国宝キトラ古墳壁画の公開(第16回)

 

展覧会

2020年 平城宮跡資料館ミニ展示「古代のいのり -疫病退散!」

現在、私たちは新型コロナウイルス感染症という目に見えないウイルスと闘っていますが、奈良時代の人々も天然痘とみられる疫病と闘っていました。発掘調査によれば、古代の人々はこの大災禍に、まじないや人形、土馬などを用いて立ち向かったことが明らかになっています。また、現代にも通じるような汚染された食器をまとめて捨てた状況も確認されています。本展示では、古代の人々の疫病対策について、最新の成果をもとに出土資料とパネルでご紹介します。

 

※参考資料「コラム作寶樓 古代都市平城京の疫病対策」もご覧ください。
 https://www.nabunken.go.jp/nabunkenblog/2020/05/20200515.html

 

【出 品】

平城宮・京出土資料ほか約50点

【会 場】

平城宮跡資料館 企画展示室

【会 期】

2020年6月16日(火)~ 2020年7月19日(日)

ご好評につき会期延長!
会期:7月23日(木・祝)~ 8月30日(日)
※7月20日は休館、21日~22日は準備のため企画展示室を閉室していますので、展示はご覧いただけません。

【開館時間】

9:00~16:30(入館は16:00まで)

休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)
入館料:無料

【お問い合わせ】

TEL:0742-30-6753

FAX:0742-30-6750

(奈良文化財研究所連携推進課)

チラシのご案内 (1.38MB) 配布資料(2.12MB)


2020年度 平城宮跡資料館夏期企画展
同時開催
奈良の都の考古学 -発掘された平城2019
古代のいのり -疫病退散!

 今年の夏、平城宮跡資料館では、「奈良の都の考古学 -発掘された平城2019」展と「古代のいのり -疫病退散!」展を同時開催します。前者は、2月に新型コロナウイルス感染症によりやむなく中断した冬期企画展「発掘された平城2019」をリバイバルしたものです。2018年度におこなった平城地区の発掘調査のうち、平城宮東院地区、東区朝堂院、京内寺院である西大寺旧境内などの調査成果を展示します。後者では、奈良時代の人々の疫病対策について、出土した遺物から学んでいきたいと思います。当時の人々はどう闘っていたのか、現代の私たちと比較してご覧ください。

 

 

【出 品】

平城宮・京出土資料 約100点

【会 場】

平城宮跡資料館 企画展示室

【会 期】

2020年7月23日(木・祝)~ 2020年8月30日(日)
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ギャラリートークなどのイベントは実施いたしません。

【開館時間】

9:00~16:30(入館は16:00まで)

休館日:月曜(祝日の場合は翌平日)
入館料:無料

【お問い合わせ】

TEL:0742-30-6753

FAX:0742-30-6750

(奈良文化財研究所連携推進課)

チラシのご案内 (31.5MB) 


その他

国宝高松塚古墳壁画修理作業室の公開(第30回)

 国宝高松塚古墳壁画仮設修理施設において、壁画・石材の修理作業をおこなってきた「修理作業室」を公開します。(事前申込制)

概要は次のとおりです。

 

【公開日時】

令和2年7月18日(土)~7月24日(金)9:00~16:30 

【場 所】

国宝高松塚古墳壁画仮設修理施設
(奈良県明日香村・国営飛鳥歴史公園高松塚周辺地区内)

【公開する壁画】

西壁女子群像,東壁女子群像,東壁青龍,北壁玄武

【主 催】

文化庁,独立行政法人国立文化財機構(奈良文化財研究所・東京文化財研究所), 国土交通省近畿地方整備局国営飛鳥歴史公園事務所,奈良県,明日香村

【入場料】

無料(事前申込制)

【第一次応募の受付】

インターネット:令和2年6月16日(火)10時~6月21日(日)23時59分まで

往復はがき  :令和2年6月16日(火)~6月21日(日)※当日消印まで有効

 

詳細はこちら:http://www.takamatsuzuka-kofun.com

「国宝高松塚古墳壁画修理作業室の公開(第30回)」事務局

TEL:06-6281-3040

 

【見学される方へのお願い】

・マスク着用でご来場ください。また、手指消毒にご協力ください。
・体調に不安のある方は見学を御遠慮ください。当日受付にて検温・過去2週間の健康状態を確認いたします。

〔参考〕チラシのご案内 (1.82MB)


国宝キトラ古墳壁画の公開(第16回)

 「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」内 文化庁キトラ古墳壁画保存管理施設で国宝キトラ古墳壁画を公開します。(事前申込制)

 概要は次のとおりです。

 

【公開日時】

令和2年7月18日(土)~8月16日(日)9:30~16:30

※閉室日:7月29日(水)・8月12日(水)

【場  所】

「キトラ古墳壁画体験館 四神の館」内 文化庁キトラ古墳壁画保存管理施設

(奈良県明日香村・国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区内)

【公開する壁画】

東壁(青龍,十二支・寅),南壁(朱雀)

【主  催】

文化庁,独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所

【入場料】

無料(事前申込制)

【第一次応募の受付】

インターネット:令和2年6月16日(火)10時~6月21日(日)23時59分まで

往復はがき  :令和2年6月16日(火)~6月21日(日)※当日消印まで有効

 

詳細はこちら:http://www.kitora-kofun.com

「キトラ古墳壁画の公開(第16回)」事務局

TEL:06-6281-3060

 

【見学される方へのお願い】

・マスク着用でご来場ください。また、手指消毒にご協力ください。
・体調に不安のある方は見学を御遠慮ください。当日受付にて検温・過去2週間の健康状態を確認いたします。

〔参考〕チラシのご案内 (3.06MB)

 

キトラ古墳壁画体験館 四神の館サイトはこちらへ