催し物 2017年度 Events

【展覧会】

平城宮跡資料館春期企画展「永野太造作品展―草創期の奈文研を支えた写真家―」 ※終了しました。

飛鳥資料館春期特別展 「藤原京を掘る-藤原京の一等地・左京六条三坊の調査-」

【現地説明会】

平城宮跡東院地区の発掘調査(平城第584次調査) ※終了しました。

【講演会】

第120回公開講演会※終了しました。

【その他】

国宝高松塚古墳壁画修理作業室の公開(第17回)※終了しました。

キトラ古墳壁画の公開(第3回)※終了しました。

キトラ古墳遺跡見学・乾拓体験 ※終了しました。

国宝高松塚古墳壁画修理作業室の公開(第18回)

キトラ古墳壁画の公開(第4回)

飛鳥資料館夏期企画展 第8回写真コンテスト「飛鳥の路」

「奈良の都の木簡に会いに行こう!」(日本学術振興会 ひらめき★ときめきサイエンスプログラム)

展覧会

平城宮跡資料館春期企画展「永野太造作品展―草創期の奈文研を支えた写真家―」

20170429.jpg

 奈良文化財研究所は、古都奈良に伝わる数々の文化財を現地で総合的に調査研究するために、昭和27年(1952)に設置され、美術工芸、建造物、歴史の3研究室で南都諸寺の総合調査を進めました。同時に、さまざまな美術史的研究、建造物調査、典籍文書調査でも大きな成果を収めています。そうした草創期の奈文研の調査に同行し、写真撮影をしたのが、永野太造氏です。奈文研には、台帳登録第1号のものを含む、氏が撮影した1929枚もの文化財写真が残されています。今回の展覧会では、それらから、草創期の奈文研の研究活動とそれを支えた写真家に光をあてたいと思います。

【会 期】

2017年4月29日(土)~5月31日(水)

月曜休館

【開催会場】

平城宮跡資料館 企画展示室

【開館時間】

9:00~16:30(入館は16:00まで)

【お問合せ】

0742-30-6753 (奈良文化財研究所連携推進課)

チラシのご案内 (2.1MB)

平城宮跡資料館サイトはこちらへ

飛鳥資料館春期特別展「藤原京を掘る-藤原京の一等地・左京六条三坊の調査-」

【日 時】

平成29年4月28日(金)~7月2日(日)※月曜休館

【場 所】

飛鳥資料館 特別展示室

【時 間】

午前9時~午後4時半(入館は午後4時まで)

【主 催】

奈良文化財研究所飛鳥資料館

【後 援】

文化庁、近畿日本鉄道株式会社

【料 金】

 一般270円(170円)/大学生130円(60円)
 高校生及び18歳未満、65歳以上は無料
(年齢のわかるものが必要です)※( )は20名以上の団体

 

今回の展覧会では、奈良文化財研究所がおこなってきた藤原京の発掘調査のうち、左京六条三坊の調査研究成果を展示します。

 

 

【講演会開催のお知らせ】

6月10日(土)に飛鳥資料館春期特別展の講演会を開催します。今回は、大阪大学の市大樹先生に「藤原京の役所を探る」というテーマで、お話をしていただきます。事前申し込みは不要です。みなさまのご参加お待ちしています!

 

日時:平成29年6月10日(土)

午後1時半より開演 ※終了は、15時頃を予定しています。

会場:飛鳥資料館 講堂

講師:市 大樹 氏(大阪大学大学院 准教授)

演題:「藤原京の役所を探る」

 

飛鳥資料館サイトはこちらへ


現地説明会

平城宮跡東院地区の発掘調査(平城第584次調査)

【日 時】

平成29年5月21日(日) 説明は午前11時00分~、午後1時30分~ 2回実施。 ※小雨決行

現場・遺物の見学は午後3時まで。

【場 所】

発掘調査現場 ※地図へのリンクはこちら

【交 通】

近鉄 大和西大寺駅 北口より東へ徒歩約30分 又は

JR奈良駅行きバス『平城宮跡』下車南へ徒歩10分

【報告者】

都城発掘調査部 考古第二研究室 研究員 山藤 正敏

 

※駐車場はありませんので、車でのご来場はご遠慮ください。

 

【お問い合わせ先】

独立行政法人国立文化財機構

奈良文化財研究所 研究支援推進部 研究支援課

ホームページ http://www.nabunken.go.jp/

E-mail:heijo☆nabunken.go.jp (☆を@に変えてください。) 

 

℡:0742-30-6736  FAX:0742-30-6730

現地説明会資料

 

奈良文化財研究所 第120回公開講演会(聴講無料)のご案内

20170617.jpg

【日 時】

平成29年6月17日(土) 13:00~16:00(開場12:00)

【場 所】

奈良市佐紀町 平城宮跡資料館 講堂
 (近鉄西大寺駅下車 東へ徒歩10分)
<専用駐車場はありません。公共交通機関でお越しください。>

【定 員】

先着 250名(事前申込み順)

【演題・講演者】

◎トピック講演「橋はあったのか? -朱雀門周辺の発掘成果の紹介-」
 都城発掘調査部 考古第一研究室 アソシエイトフェロー 浦 蓉子
◎講演「古代建築にみる近代」
 都城発掘調査部 遺構研究室 研究員  前川 歩
◎講演「デジタル地図で読む古代人の「旅」」
 都城発掘調査部 考古第三研究室 研究員  清野 陽一

【申込み方法】

 住所、氏名、年齢、電話番号、を明記の上メール kouenkai☆nabunken.go.jp(☆を@に変えてください。)
又は『FAX0742-30-6750』へお申し込みください。
追って、参加の可否を回答いたしますので、FAXでお申し込みの場合は必ず返信用のFAX番号をご記入ください。

●先着250名様で申込を締め切らせていただきます。あしからず、ご了解くださいますよう お願いいたします。
●メール1送信につきお一人さまのお申し込みでお願いいたします。
同じメールアドレスを使って複数のお申し込みをしていただいても差し支えありませんが、1送信につきお一人さまでお願いします。

なお、当日の講演会レジメは、1部500円と有償で販売させていただきます。

【お問い合わせ先】

奈良文化財研究所 研究支援推進部連携推進課 広報企画係
E-mail:kouenkai☆nabunken.go.jp(☆を@に変えてください。)
Tel 0742-30-6753 Fax 0742-30-6750

チラシのご案内 (19MB)

その他

国宝高松塚古墳壁画修理作業室の公開(第17回)

 国宝高松塚古墳壁画仮設修理施設において,壁画・石材の修理作業を行っている「修理作業室」を公開します。(事前申込制)

 概要は次のとおりです。

【公開日時】

平成29年5月13日(土)~5月19日(金)9:30~16:00

【場  所】

国宝高松塚古墳壁画仮設修理施設

(奈良県明日香村・国営飛鳥歴史公園高松塚周辺地区内)

【公開する壁画】

西壁女子群像・東壁青龍・北壁玄武

【主  催】

文化庁,独立行政法人国立文化財機構(奈良文化財研究所・東京文化財研究所),国土交通省近畿地方整備局国営飛鳥歴史公園事務所,奈良県,奈良県教育委員会, 明日香村

【入場料】

無料(事前申込制)

【応募受付】

「国宝高松塚古墳壁画修理作業室の公開(第17回)」事務局

TEL:06-6281-3040

ホームページ:http://www.takamatsuzuka-kofun.com

事前にインターネット又は往復はがきによる応募が必要です。

詳細は、「国宝高松塚古墳壁画修理作業室の公開(第17回)」事務局 ホームページをご覧ください。

〔参考〕チラシのご案内 (2.7MB)


キトラ古墳壁画の公開(第3回)

 文化庁 キトラ古墳壁画保存管理施設(キトラ古墳壁画体験館「四神の館」内)でキトラ古墳壁画の公開をします。(事前申込制)

 概要は次のとおりです。

【公開日時】

平成29年5月14日(日)~6月11日(日)9:30~17:00

※閉室日:5月24日(水)・6月7日(水)

【場  所】

キトラ古墳壁画体験館「四神の館」内 文化庁 キトラ古墳壁画保存管理施設

(奈良県明日香村・国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区内)

【公開する壁画】

東壁(青龍、十二支・寅)

【主  催】

文化庁,独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所

【入場料】

無料(事前申込制)

【応募受付】

「キトラ古墳壁画の公開(第3回)」事務局

TEL:06-6281-3060

ホームページ:http://www.kitora-kofun.com

事前にインターネット又は往復はがきによる応募が必要です。

詳細は、「キトラ古墳壁画の公開(第3回)」事務局 ホームページをご覧ください。

〔参考〕チラシのご案内 (570KB)

 

キトラ古墳壁画体験館 四神の館サイトはこちらへ


キトラ古墳遺跡見学・乾拓体験

 キトラ古墳について学ぶミニ講座と現地見学、壁画の乾拓を体験します。(事前申し込み)

【日 時】

2017年5月13日(土) 10:00~11:30

【場 所】

キトラ古墳壁画体験館 四神の館

【主 催】

奈良文化財研究所、国営飛鳥歴史公園

【定 員】

20名

【参加費】

お一人様300円

【申 込】

キトラ古墳壁画体験館 四神の館

 TEL:0744-54-5105

 

 

ホームページ:https://www.asuka-park.go.jp/event/detail.php?id=860

 

・事前に電話による申込が必要です。

 


国宝高松塚古墳壁画修理作業室の公開(第18回)

 国宝高松塚古墳壁画仮設修理施設において,壁画・石材の修理作業を行っている「修理作業室」を公開します。(事前申込制)

 概要は次のとおりです。

【公開日時】

平成29年7月15日(土)~7月21日(金)9:00~16:00

【場  所】

国宝高松塚古墳壁画仮設修理施設

(奈良県明日香村・国営飛鳥歴史公園高松塚周辺地区内)

【公開する壁画】

西壁女子群像・東壁青龍・北壁玄武

【主  催】

文化庁,独立行政法人国立文化財機構(奈良文化財研究所・東京文化財研究所),国土交通省近畿地方整備局国営飛鳥歴史公園事務所,奈良県,奈良県教育委員会, 明日香村

【入場料】

無料(事前申込制)

【応募受付】

「国宝高松塚古墳壁画修理作業室の公開(第18回)」事務局

TEL:06-6281-3040

ホームページ:http://www.takamatsuzuka-kofun.com

事前にインターネット又は往復はがきによる応募が必要です。

詳細は、「国宝高松塚古墳壁画修理作業室の公開(第18回)」事務局 ホームページをご覧ください。

〔参考〕チラシのご案内 (2.3MB)


キトラ古墳壁画の公開(第4回)

 文化庁 キトラ古墳壁画保存管理施設(キトラ古墳壁画体験館「四神の館」内)でキトラ古墳壁画の公開をします。(事前申込制)

 概要は次のとおりです。

【公開日時】

平成29年7月15日(土)~8月13日(日)9:30~17:00

※閉室日:7月26日(水)・8月9日(水)

【場  所】

キトラ古墳壁画体験館「四神の館」内 文化庁 キトラ古墳壁画保存管理施設

(奈良県明日香村・国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区内)

【公開する壁画】

南壁(朱雀)

【主  催】

文化庁,独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所

【入場料】

無料(事前申込制)

【応募受付】

「キトラ古墳壁画の公開(第4回)」事務局

TEL:06-6281-3060

ホームページ:http://www.kitora-kofun.com

事前にインターネット又は往復はがきによる応募が必要です。

詳細は、「キトラ古墳壁画の公開(第4回)」事務局 ホームページをご覧ください。

〔参考〕チラシのご案内 (552KB)

 

キトラ古墳壁画体験館 四神の館サイトはこちらへ


飛鳥資料館夏期企画展 第8回写真コンテスト「飛鳥の路」

asukaphoto2017.jpg

 あなたの心にうかぶ、飛鳥の路の魅力はなんですか?

 飛鳥時代、都に往還する人々が歩いた山田路や下ツ道などの大道。持統天皇が吉野へ行幸した芋峠越えの街道。長い歴史をもつ路が、飛鳥にはあります。

 今も飛鳥には、日々、人々が歩む路があります。古い集落をぬける路。田畑の畦道。寺社の参道。路傍にたたずむ石仏や季節の花々が、懐かしい景色をいろどります。

 古代から現代まで、あまたの人々が行き交い、歴史を重ねてきた飛鳥の路。

 第8回の写真コンテストでは、「飛鳥の路」をテーマに、飛鳥地域の歴史や文化、人々の営みを感じる「路」を撮影した写真を募集します。飛鳥の路の魅力を写真で表現してください。

【応募締切】

2017 年7 月2 日(日)必着

【展示期間】

2017 年7 月28 日(金)~ 9 月3 日(日) (※月曜休館)

【来館者投票期間】

2017 年7 月28 日(金)~ 8 月20 日(日) (※月曜休館)

 

飛鳥資料館サイトはこちらへ

 


「奈良の都の木簡に会いに行こう!」
(日本学術振興会 ひらめき★ときめきサイエンスプログラム)

 みなさんは木簡(もっかん)を見たことがありますか?
 平城宮跡にある研究所で、夏休みの1日を木簡とともに過ごしてみませんか?
 概要は次のとおりです。

20170822_23.jpg

【日 時】

2017年8月22日(火)・23日(水)9時30分から17時まで(同一プログラムで2回おこないます)
(受付開始:9時30分)

【対 象】

小学5・6年生、中学生(保護者同伴可)

【募集人数】

各日とも10人(応募締切2017年7月28日。応募多数の場合は抽選になります)

【会 場】

奈良文化財研究所・平城宮跡(佐紀町)

【プログラム】

9:30-9:45 受付(集合場所:奈良文化財研究所仮庁舎南棟1階受付)
9:45-10:00 開講式(挨拶・オリエンテーション、科研費の説明)
10:00-10:45 講義:「木簡に会ってみよう―保存処理済み木簡を読んで木簡に親しむ」(講師:渡辺晃宏)
10:45-11:00 小休憩
11:00-12:00 実習①:木簡を探してみよう-木簡を含む土の洗浄・選別作業を体験
12:00-13:00 昼食(奈良パークホテルの協力で復元された古代食を含む弁当を提供)
※保護者・学校関係者の方にもご希望があれば同じ弁当を実費でご用意します。
13:00-14:00 実習②:木簡に触れてみよう-木簡収蔵庫で木簡の水替え作業を体験
14:00-14:15 小休憩
14:15-15:00 演習:木簡を読んでみよう-平城宮第1号木簡の解読に挑戦
15:00-15:30 クッキータイム
15:30-16:40 見学:平城宮跡に出かけよう-第1号木簡発見地を訪ねる
16:40-17:00 修了式(アンケートの実施、未来博士号の授与)
17:00 終了、解散

【申 込】

 日本学術振興会のホームページ(https://www.jsps.go.jp/hirameki/index.html)または、下記の必要事項を記入しFAX(0742-30-6750)もしくはメール(jimu@nabunken.go.jp)でお申し込みください。

参加申込書 (19KB)

 

【必要事項】

1.参加希望日
2.氏名(フリガナ)
3.在学する学校名、学年
4.生年月日、性別
5.連絡先住所(郵便番号)
6.TEL
7.FAX(無ければ空欄可)
8.E-mail(必ずパソコンからのメールを受信できるように設定しておいてください)
9.保護者・学校関係者の見学(参加)の有無、及び弁当の要・不要
 (「有」の場合、見学(参観)者の氏名(フリガナ)を記入してください。)
10.保護者からの参加同意(受講希望者は必ず保護者の同意を得ることとしています。)
11.応募するにあたって聞きたいこと、知りたいことなどがあれば記入してください。

【プログラムに関するお問い合わせ】

都城発掘調査部・史料研究室
電話:0742-30-6837
FAX:0742-30-6830
E-mail:history-labo@nabunken.go.jp
〔電話受付時間〕10時から16時まで(土日祝を除く)
※いただいた個人情報は、参加者名簿の作成、参加年齢の確認、緊急時の連絡、保険加入申請、その他安全な運営のために利用します。

チラシ(5MB)