2012年度 科学研究費補助金等による研究

科学研究費補助金

基盤研究(S)

■木簡など出土文字資料釈読支援システムの高次化と綜合的研究拠点データベースの構築(渡辺 晃宏)


基盤研究(A)

■ミリ波およびテラヘルツ波を用いた文化財の新たな非破壊診断技術の開発研究(高妻 洋成)

■東アジアにおける家畜の伝播とその展開に関する動物考古学的研究(松井 章)

■マルチチャンネル機器を利用した高速遺跡探査技術の開発(金田 明大)新規


基盤研究(B)

■南都における廃仏毀釈後の資料動態に関する調査研究(吉川 聡)

■文化財および美術工芸材料のナノ構造・物性の解明(北田 正弘)

■和同開珎の生産と流通をめぐる総合的研究(松村 恵司)新規


基盤研究(B)海外

■中国細石刃文化の基礎的研究-河南省霊井遺跡石器群の分析を中心として-(加藤 真二)


基盤研究(C)

■青銅製祭器の生産と流通からみた弥生時代の社会変化の研究(難波 洋三)

■古代の鉛調整加工技術に関する考古学的研究(小池 伸彦)

■古代律令国家の官衙と寺院の占地に関する比較研究(小澤 毅)

■古代ガラス・釉薬の物性から探る製作技術に関する科学的研究(降幡 順子)

■近世建築に使われた木曽ヒノキの流通に関する年輪年代学的研究(光谷 拓実)

■中国における木質文化財の用材観(伊東 隆夫)

■古代東アジアにおける土木技術系譜の復元的研究(青木 敬)新規

■中世日本と東アジアの木造建築における架構システムに関する比較研究(鈴木 智大)新規


若手研究(A)

■東北アジアにおける金属器の拡散と在地社会の変化に関する考古学的研究(庄田 慎矢)


若手研究(B)

■東アジアにおける失蝋法の出現と展開に関する考古学的研究(丹羽 崇史)

■古代東アジアにおける都城と葬送地に関する考古学的研究(小田 裕樹)

■土質遺構保存のための基礎的研究-動水勾配を利用した塩類析出抑制法の開発-(脇谷 草一郎)

■東アジアにおけるインド・パシフィックビーズの材質と流通に関する科学的研究(田村 朋美)

■令前木簡と古代文書の機能論的検討による日本における古代文書行政成立史の研究(山本 崇)

■九州における更新世末の移動・居住システムの変遷過程に関する研究(芝 康次郎)

■奈良時代の中央と地方における建築技術の研究 (海野 聡)

■近世建造物の年代測定を目指したツガ年輪パターンの拡充と産地推定(藤井 裕之)

■絹文化財の簡易的な劣化指標の作成(赤田 昌倫)

■木彫仏像を中心とした日本彫刻史研究における年代決定法の調査・研究(児島 大輔)

■GT-Map等時空間解析システムを利用した木簡等出土文字資料分析の基礎的研究(馬場 基)

三次元計測による飛鳥時代の石工技術の復元的研究(廣瀬 覚)

■古代における骨角製品の動物考古学的研究(丸山 真史)

■南洋群島の戦争遺跡の保存と活用:特に水中文化遺産に重点をおいて(石村 智)新規

■弥生時代の地域間関係と青銅器の受容(石橋 茂登)新規

■甲冑編年の再構築に基づくモノの履歴と扱いの研究(川畑 純)新規

■茅葺屋根の多様性とその成立過程に関する研究(黒坂 貴裕)新規


奨励研究

■平城京木簡と飛鳥藤原京木簡の字形比較(井上 幸)新規

■文化や歴史を通じてこれからの生かたを探究する新しい学の構築に向けた実戦的研究(渡邉 淳子)新規


特別研究員奨励費

■東アジア都城出土瓦の考古学的研究(中村 亜希子)


助成金を得た研究課題・事業名

財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団

■アンコール遺跡群西トップ遺跡建築装飾群の修復・復元 (杉山 洋)

■ヨーロッパ東南アジア考古学会国際会議第14回大会(佐藤 由似)


財団法人 髙梨学術奨励基金

■サハリンにおける石刃鏃石器群の年代と石器技術について-スラブナヤ4遺跡・プガチョボ1遺跡の研究-(森先 一貴)

■放鷹の絵画化をめぐる基礎的研究-『鷹書』との関連を中心に-(水野 裕史)

■先史の奈良盆地における海産物消費の意義-唐古・鍵遺跡出土魚骨の分析を中心に-(丸山 真史)


財団法人 三菱財団

■西周王朝における馬匹生産体制解明に向けての動物考古学的研究(菊地 大樹)



文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所(仮設庁舎)

〒630-8577
奈良市佐紀町247-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook