2006年度 科学研究費補助金等による研究

科学研究費補助金

特定領域研究

■カンボディアにおける中世遺跡と日本人町の研究 (杉山 洋)


基盤研究(S)

■推論機能を有する木簡など出土文字資料の文字自動認識システムの開発 (渡辺 晃宏)


基盤研究(A)

■東における家畜の起源と伝播に関する動物考古学的研究-特に豚、馬、牛について (松井 章)

日中古代墳墓副葬品の比較研究  (金田 明大)

古代東アジアにおける造瓦技術の変遷と伝播に関する研究 (山崎 信二)

■遺跡出土の建築部材に関する総合的研究 (川越 俊一)


基盤研究(B)

■古代官衙の造営技術に関する考古学的研究 (山中 敏史)

■富本銭と和同開珎の系譜をめぐる比較研究 (松村 恵司)

霊廟建築における荘厳手法の総合的比較研究 (窪寺 茂)

■「灰吹法」の実証的検証に基づくわが国における金・銀の製錬技術の技術史的研究 (村上 隆)

打音試験法及びアコースティックエミッション法による石造文化財の劣化診断技術の開発 (高妻 洋成)

■南都における廃仏毀釈後の資料動態に関する調査研究 (吉川 聡)

■大極殿院の思想と文化に関する研究 (内田 和伸)


基盤研究(C)

■東アジアにおける弥生時代タタキ技法波及経路の研究 (深澤 芳樹)

■古代の宮殿および官衙の占地に関する復元的研究 (小澤 毅)

■古代冶金工房の基礎的構造に関する考古学的研究 (小池 伸彦)

東アジアにおける武器・武具の比較研究 (小林 謙一)

■金工技術から見ミた倭王権と古代東アジア (高橋 克壽)

■住宅系伝統的建造物の保存修復と居住環境整備手法の研究 (島田 敏男)

日韓出土土器による3・4世紀国際交流の研究 (次山 淳)


若手研究(B)

■出土陶磁器の保存科学的研究-表面の光学的物性変化と保存処理- (降幡 順子)

■5、6世紀日朝交渉の考古学的研究 (高田 貫太)

東アジアの鉛釉陶器-考古資料にみる鉛釉陶器生産と唐三彩の影響 (神野 恵)

■弥生・古墳時代における日韓墳墓出土鉄製武器の比較研究 (豊島 直博)

■古代東アジアにおける木造塔の構造と意匠に関する研究 (箱崎 和久)

■古代中世の建築用語とその規格-造営史料と建築部材の検討を通して- (西田 紀子)

飛鳥藤原出土木簡の資料的検討と官司運営の復元 (市 大樹)

古代東アジアにおける火葬習俗の伝播に関する基礎的研究 (小田 裕樹)

■日本中世の国際都市における都市空間の展開過程に関する復元的研究 (清永 洋平)

■東アジアにおける文化遺産のオーセンティシティに関する比較研究 (清水 重敦)

倉の立地から見た集落構造とその景観文化:群倉型集落を事例として (黒坂 貴裕)


特別研究員奨励費

■中世寺院建築における意匠表現の日韓比較研究-斗?の表現方法を中心に- (崔 ゴウン[窪寺 茂])


助成金を得た研究課題・事業名

財団法人福武芸術文化振興財団

■太平洋島嶼国における考古学教育とパブリック・アーケオロジー (石村 智)


財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団

■東アジア文化財保存修復国際会議 (田辺 征夫)



文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所

〒630-8577
奈良市二条町2-9-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook