2010年度 科学研究費補助金等による研究

科学研究費補助金

基盤研究(S)

■木簡など出土文字資料釈読支援システムの高次化と綜合的研究拠点データベースの構築 (渡辺 晃宏)


基盤研究(A)

■ミリ波およびテラヘルツ波を用いた文化財の新たな非破壊診断技術の開発研究 (高妻 洋成)

東アジアにおける家畜の伝播とその展開に関する動物考古学的研究 (松井 章)


基盤研究(B)

日本初期貨幣史の再構築 (次山 淳)

■南都における廃仏毀釈後の資料動態に関する調査研究 (吉川 聡)


基盤研究(B) 海外

■中国細石刃文化の基礎的研究-河南省霊井遺跡石器群の分析を中心として- (加藤 真二)


基盤研究(C)

■青銅製祭器の生産と流通からみた弥生時代の社会変化の研究 (難波 洋三)

■古代の鉛調整加工技術に関する考古学的研究 (小池 伸彦)

中国産木材の顕微鏡的特徴に関するデータベースの構築 (伊東 隆夫)

■古代律令国家の官衙と寺院の占地に関する比較研究 (小澤 毅)

■発掘調査成果の総合的な機械可読化に関する研究 (森本 晋)

■古代ガラス・釉薬の物性から探る製作技術に関する科学的研究 (降幡 順子)


若手研究(B)

銅鏡にみる古代東アジアの文化交流 (中川 あや)

木簡の構文・文字表記パターンの解析・抽出研究 (馬場 基)

古代工房の復原的比較研究-埴輪・須恵器・瓦の工房を中心に- (城倉 正祥)

■古代中世東アジアにおける八角塔・八角堂の構造と意匠に関する研究 (箱崎 和久)

南都諸大寺の中世寺院への転成過程に関する建築史学的研究 (大林 潤)

人骨に認められる刑罰痕の研究-打ち首・さらし首を例として- (橋本 裕子)

■造瓦からみた6~8世紀の日朝交渉 (高田 貫太)

■オセアニア島嶼環境へのラピタ人の適応戦略を探る先史学的研究 (石村 智)

■古代日韓における土木技術の系譜にかんする考古学的研究 (青木 敬)

■東アジアにおける失蝋法の出現と展開に関する考古学的研究 (丹羽 崇史)

■古代東アジアにおける都城と葬送地に関する考古学的研究 (小田 裕樹)

■校倉造りの歴史的変遷と地域特性に関する研究 (黒坂 貴裕)

■復原設計を方法とする東アジア古代建築の空間及び造形原理の解明 (清水 重敦)

■中世日本と中国における木造建築の架構システムに関する比較研究 (鈴木 智大)

■土質遺構保存のための基礎的研究-動水勾配を利用した塩類析出抑制法の開発- (脇谷 草一郎)

■東アジアにおけるインド・パシフィックビーズの材質と流通に関する科学的研究 (田村 朋美)

■令前木簡と古代文書の機能論的検討による日本における古代文書行政成立史の研究 (山本 崇)

■日本列島における更新世終末期から完新世初頭における資源獲得行動と社会変化の研究 (国武 貞克)

■九州における更新世末の移動・居住システムの変遷過程に関する研究 (芝 康次郎)

■奈良時代の中央と地方における建築技術の研究 (海野 聡)

■近世建造物の年代測定を目指したツガ年輪パターンの拡充と産地推定 (藤井 裕之)


研究活動スタート支援

木簡の字形分析による日本古代の異体字の基礎的研究 (井上 幸)

東アジアにおける古本州島後期旧石器文化の特殊性とその形成過程の研究 (森先 一貴)


研究成果公開促進費(学術図書)

■ラピタ人の考古学 (石村 智)


助成金を得た研究課題・事業名

財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団

■中央アジアにおける博物館収蔵考古史料の再整理 (森本 晋)


財団法人 髙梨学術奨励基金

■平安時代における須恵器生産の展開-陶邑窯を中心に- (木村 理恵)

■パラオにおける戦争の「記憶」と「遺跡」:戦争遺跡および日本統治時代の遺構の調査 (石村 智)


財団法人 日本科学協会

■漢代における中央と周縁-楽狼土城出土漢代瓦の検討- (中村 亜希子)


財団法人 三島海運記念財団

■古代東アジアと日本の蒸し料理 (庄田 慎矢)


メトロポリタン東洋美術研究センター

■カヤ材による日本古代木彫像の年輪年代的研究 (児島 大輔)


公益信託 大成建設 自然・歴史環境基金

■アンコール・トム内における仏教テラスの調査と保護 (杉山 洋)


公益財団法人 出光文化福祉財団

■日本古代における宇宙観・世界像の視覚表象に関する調査・研究 (児島 大輔)



文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所

〒630-8577
奈良市二条町2-9-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook