ヒト(Human)

fukyu_index.jpg

ヒト(Human)

概要

 ヒトの骨格は、ウシやウマのような大型動物を除く他の動物骨と比べて、各部位が大きく、長いという特徴がある。成人骨格は個人差があるものの約206個の骨からなる。頭蓋骨のように成長が停止するにつれ癒合していくものもある。ヒトを他の哺乳類と比較すると、一般的な特徴として、骨の表面が多孔質であることが挙げられる。これは鯨類、鰭脚類などと共通する点であるが、骨の重さは人骨の方が軽く感じられる。上腕骨や大腿骨などが破片の場合、骨幹部の断面形や筋肉粗面の形状、骨自体が直線的な点など、 ヒグマ、ツキノワグマと類似する印象を受ける。それに対して、イノシシ、シカ、カモシカなどは、骨の表面が平滑で綴密なことから、ヒトと区別することができる。
【参考文献】松井章 編2008『動物考古学』京都大学学術出版会。

閲覧方法

ブラウザ上では、3次元データを閲覧できません。


Google Chromeの場合:部位を右クリックし「名前を付けてリンク先を保存」にてPDFを保存
Internet Explorerの場合:部位を右クリックし「対象をファイルに保存」にてPDFを保存

全身骨格図


human.jpg
文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所

〒630-8577
奈良市二条町2-9-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook