写真室Photography Section 概要

写真室について

 写真室では、発掘調査における遺跡・遺物をはじめとする文化財の撮影、フィルムの現像・プリント、デジタルデータの管理・保管の業務をおこなっています。


文化財における写真の役割

 文化財における写真の役割とは、対象の情報を詳細に記録し、かつその記録を後世にまで保存していくことです。特に埋蔵文化財の分野において土の中から発掘される遺物の中には、急激な酸化等により取り上げた時点では原形を保っていたものが時間の経過とともに変形・変色し、最悪の場合出土品そのものが滅失することもあります。また発掘調査が終了すれば、遺構は埋め戻され二度と見ることができない場合が多く、撮影した写真が調査結果を検討し、成果を明らかにするための重要な手段となります。そのためには、検出した遺構の様子を把握し、出土した遺物の観察ができるように、最良の機材を選択しつつ出来る限り最高の画質をもって的確に撮影することで、将来的な検証に耐えるとともに、資料として活用できるように保存する努力が必要です。

 私たち写真室では、遺跡や遺物の撮影には4×5inchや8×10inchなどの大判フィルムカメラを使用しています。また、撮影したフィルムは、温湿度の保たれた部屋で保管しています。デジタルスチルカメラにおいても、ハイエンドデジタルカメラを使用し、高精度な画像を記録することを心がけています。

  



文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所(仮設庁舎)

〒630-8577
奈良市佐紀町247-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook