建造物研究室Architectual History Section概要

建造物研究室について

 昭和27年の研究所創立時、研究室は3室ではじまり、建造物研究室はそのひとつとして発足しました。建造物研究室は、発足以来、一貫して各時代・各分野の建造物の調査研究をおこなうとともに、発掘調査部と連携して失われた建造物の復原研究をおこない、さらに、文化財建造物の保存に資する様々な活動をおこなっています。また、海外における文化財保存に対する協力や学術交流も積極的におこなっています。

 かつては、奈良県教育委員会がおこなう奈良県の重要文化財・国宝の修理にともなう調査や修理工事報告書が刊行されていない建造物の調査をおこないながら、各時代の建造物の特性を明らかにしてきました。昭和40年代以降は、文化庁の施策として全国でおこなわれた、民家緊急調査・近世社寺建築緊急調査・集落町並調査・近代和風建築総合調査・近代化遺産総合調査を積極的におこなってきました。さらに、近年は、全国で継続中の集落町並調査・近代和風建築調査・近代化遺産調査の調査をおこなうとともに、単体の建造物の調査も積極的におこなっています。

 失われた建造物の復原に関しては、平城宮跡における建造物の復原や模型製作をおこなってきました。また、全国各地でおこなわれている、遺跡における建造物復原や模型製作等への助言をおこなってきました。

 文化財保存に資する活動としては、町並保存や近世社寺建築に関する研究集会の開催や資料集を作成したり、文化庁で保管されていた、写真ガラス乾板・保存図・摺拓本を整理・管理し、それら資料の貸し出しをおこない、資料の活用に貢献しています。

 外国への協力としては、ベトナム・カンボジア・アフガニスタンにおける文化遺産保存への協力をおこなっています。



文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所(仮設庁舎)

〒630-8577
奈良市佐紀町247-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook