埋蔵文化財センターArchaeological Operations概要

埋蔵文化財センターについて

埋蔵文化財センターでは、主として埋蔵文化財の調査法等に関する開発研究をおこなっています。
保存修復科学研究室では、遺物や遺跡の保存科学に関する調査と研究を進めており、特に出土資料の材質や構造調査から保存修復法にいたる実践的な開発研究をおこなっています。また、遺跡の劣化診断のための保存環境調査をはじめ、地球科学的手法を用いた診断調査法の開発研究をおこなっています


X線回折法による銅鐸の調査風景
環境考古学研究室では、古環境復元に関する研究法の確立を目指した調査と研究を進めています。特に現在は、動植物遺存体による古環境の復元的研究を主体的におこなっています。また、動物骨などに残された傷跡から使用された利器の推定や、骨角器の未製品や破損品などから、製作技法の復元的研究もおこなっています。
生物環境調査課程の研修風景
年代学研究室では、考古学・建築史学・美術史学・歴史学など文化財に関わる様々な分野に資するべく、年輪年代学による木製文化財の調査・研究を行っています。調査手法の開発にも取り組んでおり、当研究所で開発したマイクロフォーカスX線CTやデジタル画像による手法は、非破壊を原則とする文化財調査に有効となっています。また、標準年輪曲線の拡充など年輪年代学に関する基礎研究のほか、木製文化財の樹種同定調査なども行っています。
国宝永保寺開山堂(岐阜県)の屋根葺替修理工事に伴う年輪年代調査の作業風景
遺跡・調査技術研究室では、全国の遺跡調査・研究の質的向上と発掘作業の効率化に資するため、文化財の調査技術や遺跡の計測・探査技術の研究をおこなっています。近年は特に、三次元計測技術の応用研究を進めています。
東大寺における地中レーダー探査風景
その他、埋蔵文化財センターでは、他部局の各研究室の協力を得て、研究成果を「埋蔵文化財ニュース」として定期的に刊行し、情報の提供をおこなっています。


文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所(仮設庁舎)

〒630-8577
奈良市佐紀町247-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook