保存修復科学研究室Conservation Science Section概要

概要

 保存修復科学研究室は、出土遺物や遺構の保存科学に関する基礎的研究をはじめ、保存処理技術・保存材料などの開発研究をおこなっています。これまでに当研究室で開発・実用化したものには、出土木簡の真空凍結乾燥法・遺構の減圧含浸工法・地層転写法・高吸水性ポリマーを用いた金銅製遺物の緑青さびのクリーニング法などがあります。これらの技術は、文化財分野をはじめ他の分野でも広く活用されています。

 また、当研究室では平城宮跡発掘調査部が実施する発掘現場と密接な協力体制をとっており、脆弱遺物の取り上げや遺構断面の転写・遺構の保存処理をはじめ、出土した木製品・金属製品・土器・石製品・ガラス製品などの分析・構造調査から保存処理までを担当しています。

 外部機関に対しては、各地から出土する遺物の保存処理に関する指導・助言や地方公共団体に所属する発掘技術者を対象とした研修「保存科学」課程を実施しています。また諸外国からの研修も受け入れています。



文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所(仮設庁舎)

〒630-8577
奈良市佐紀町247-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook