歴史研究室History Document Section 調査と研究

古都所在寺社の歴史資料等に関する調査研究

 近畿地方の古寺社には、膨大な量の文化財が伝存しています。人間の手によって伝世されてきた文化財としては、質・量ともに世界的にも誇るべきものです。ですから、それらの文化財を調査・研究することは、当研究所発足以来の、中心的なテーマの一つと位置づけられています。歴史研究室は、それら有形文化財のうちの書跡資料・歴史資料、すなわち、文化財保護法が定める有形文化財の区分で言うと、書跡、典籍、古文書と歴史資料に関して、主な調査研究対象にしています。

 歴史研究室では、継続的に、興福寺・東大寺・薬師寺・唐招提寺・西大寺・仁和寺・氷室神社大宮家などの資料調査をおこなってきました。また、石山寺・法隆寺・高山寺・醍醐寺などの資料調査に協力してきました。そのような古寺社が所蔵する膨大な量の書跡資料・歴史資料について、調査して目録を作成する、という基礎的な調査を、研究所発足以来実施しています。さらに、そのようにして把握した資料を調査研究して、寺社の歴史や日本の歴史を考えるための材料を提供しています。

 また、古都の歴史に関する歴史資料の調査もおこなっています。平城宮・平城京を初めて調査研究した、江戸時代後期の北浦定政に関係する資料は、当研究所による調査の結果、北浦家より当研究所に寄贈され、平成15年に歴史資料として重要文化財に指定されました。その他、明治時代の学者である関野貞関係資料をはじめとする資料の調査研究をおこなっています。


現在の調査研究

 平成21年度は、興福寺・東大寺・石山寺・仁和寺・氷室神社大宮家・薬師寺・唐招提寺所蔵の書跡資料・歴史資料調査をおこないました。
 興福寺調査は、第105函・106函・107函の調書を作成し、第90函等の写真撮影を実施しました。また昨年度刊行の『興福寺典籍文書目録第四巻』(奈良文化財研究所史料第83冊)で提示した目録の中から、戦国時代大和国の飢饉・一揆等の実態を記した資料を『奈良文化財研究所紀要2009』で紹介しました。
 薬師寺調査は、東京大学史料編纂所とも協力して、第45函~第54函の調書作成と、第24函の写真撮影を継続して実施しました。
 また石山寺の調査を実施し、石山寺一切経の一部である「大智度論」の熟覧・詳細な調書作成と、ブローニー版での写真撮影をおこないました。
 仁和寺では、御経蔵聖教第31函~35函の調書原本校正と、第31~33函・第151函の写真撮影を実施しました。
 東大寺では、東大寺図書館収蔵庫第4号室収蔵の新修東大寺文書聖教の調査を、科学研究費補助金も充当して実施しました。第5函・第15函の写真撮影を実施し、また第53函・54函・55函・59函を調査して、目録データをパソコンに入力しました。
 唐招提寺所蔵資料については、境内とその周辺を描いた絵図類を調査・写真撮影し、その成果を戒律文化研究会の大会で報告しました。
  氷室神社大宮家文書については、昨年度に引き続き奈良市教育委員会との間で共同研究をおこない、未成巻文書仮第2函1巻~35巻の調書を作成しました。
 また、平城宮跡周辺の旧家が所有する絵図・古文書について、柳沢文庫とも適宜協力しながら、調査・写真撮影を実施しました。
 その他、調査協力の依頼を受けて、文化庁依頼の醍醐寺聖教調査・東大寺図書館の東大寺貴重書調査などに協力しました。


文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所

〒630-8577
奈良市二条町2-9-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook