考古第二研究室Archaeology Section 2概要

研究室の業務

 考古第二研究室では、都城発掘調査部がおこなった発掘調査で出土する土器・土製品を主な対象として調査・研究をしています。調査で出土した土器類を洗浄、接合、復元し、形状や製作方法から、年代や生産地、器種構成を調べます。これらの土器の分析から、遺構の年代や遺跡の性格の推定、土器の生産体制や交易・流通情況の解明、当時の生活様式の復元などに関する研究をおこなっています。

 
出土土器の洗浄作業

土器の復原作業


巡訪研究室(平城地区)

土器は生活に密着した道具
 都城発掘調査部平城地区の考古第二研究室は、平城宮跡や平城京跡の調査で出土した土器や土製品の調査、研究をしています。プラスチックやビニールなどの素材がない時代、人々は土器を使っていろいろな生活道具を作りました。奈良時代には、やや低い温度で焼かれた土師器と、窯を使って高い温度で焼かれた須恵器の2種類の土器が使われていました。これらは食器でもあり、水などを貯蔵する容器や料理を作る調理具でもありました。時には硯(すずり)や祭祀具(さいしぐ)、おもちゃなども焼き物で作りました。このような土器・土製品の使い方がわかれば、当時の人々の生活をよりリアルに知ることができるのです。
(1)191223_hdsc_0030.jpg
写真1 瓦磚以外のさまざまな「焼き物」が研究対象
年代をはかる「ものさし」づくり
 発掘調査で土器の研究が果たすべき重要な役割のひとつが年代を決定することです。土器は作られた時代や年代によって、形や大きさ、製作技法が微妙に異なります。出土した土器が作られた年代がわかれば、地層の年代や遺構の年代を考える有力な手がかりになります。そのため、私たちは、日々「ものさし」の精度を上げるべく研究に励んでいるのです。
土器の研究は、水洗いから始まる
 発掘現場から出土した土器は、どこから出土したかを書いたカードと一緒に研究室に届きます。このカードと離れてしまわないように、気をつけながら、土や泥のついた土器を水で洗うところから研究がスタートします。洗うときも、漆や炭化物が付いていないか、注意しながら慎重に洗わなければなりません。土器の使い方がわかるような痕跡が付いているかもしれないからです。洗った土器は乾かして、発掘現場で書かれたカードに記された出土地点や出土日を小さな字で書き込みます。
(2)191128_hdsc_0010.jpg
写真2 1日の始まりは土器の洗いから
(3)191128_hdsc_0016.jpg
写真3 水に溶けないカードは出土状況のデータを記録した大切な情報
(4)191128_hdsc_0049.jpg (5)191128_hdsc_0083.jpg
写真4 土器に出土地点の情報を小さな字で書き込む 写真5 約60年の発掘調査で出土した土器の記録台帳
 土器をくっつける作業は、まるで三次元パズルのようです。破片が足りない部分は、石膏などで埋めて彩色します。ある程度の大きさに復元できた土器は、実測図を作成します。この実測図を見れば、研究者はどのくらいの大きさなのか、この土器がどのように作られたのかがわかる、いわば、土器の設計図のようなものです。また、土器のなかには、墨で字が書かれた土器や、唐や新羅などの外国から運ばれた土器もあります。こういう特殊なものについては、データベースに登録していきます。
(6)191128_hdsc_0087.jpg (7)191128_hdsc_0109.jpg
写真6 割れた土器を接合して、石膏やセメントで足りない部分を補う 写真7 土器を実物大の図面(実測図)に描く
(8)191128_hdsc_0116.jpg (9)191128_hdsc_0120.jpg
写真8 実測図をデジタルでトレースする  写真9 特殊な遺物は写真を撮ってデータベースに登録する
考古第二研究室はおもしろい個人研究の宝庫!
 平城京からは、食器ばかりでなく、さまざまな道具として作られた土器・土製品も、たくさん出土します。平城地区の考古第二研究室に所属する研究員は、4人。平城宮跡に関する調査以外に、それぞれ土器・土製品に関するおもしろい個人研究もおこなっています。ニックネームをつけながら、その研究について紹介していきましょう。"埴輪コレクター"の大澤さん。古墳の年代を検討するために、奈良市にあるウワナベ古墳から出土した円筒埴輪を組み立てています。その数、なんと100本! "めざせ!遊戯王"の小田さんは、奈良時代の官僚が、土器を遊具に転用して遊んでいたことを発見しました。最近は、その遊具に使われていたと考えられる木製のサイコロ?を探しているようですよ。"型にはまらない鋳型研究者"の丹羽さんは、古代の金属製品を作るのに使われた鋳型(いがた)を研究しています。実際に金属を鋳型に流す実験もやっています。最近、火遊びが過ぎるのは"火付け人"の神野さん。灯明皿に火をつけて煤のつき方などを実験しています。
(10)191223_hdsc_0029.jpg (11)191223_hdsc_0021.jpg
写真10 平城京内には古墳がたくさんあり、埴輪も多く出土する 写真11 韓国のユンノリに似た盤上遊戯は奈良時代には「かりうち」と呼ばれた
(12)191223_hdsc_0014.jpg (13)191223_hdsc_0015.jpg
写真12 冶金に使われる鋳型やさまざまな道具が土製で作られた 写真13 煤や油がついた灯明皿は古代から近世までたくさん出土する
 考古第二研究室では、これからも土器・土製品の研究を通じて、古代の人々の生活に密着した研究を進め、現代の私たちの素朴な疑問に答えるような研究を積み重ねていきたいと思っています。
(14)191223_hdsc_0007.jpg (15)191118_hdsc_0005.jpg
写真14 たくさんの土器に囲まれながら日々土器の研究をしています 写真15 考古学を勉強する学生さんたちの助けを借りながら

巡訪研究室(飛鳥・藤原地区)

 藤原宮・京に限らず、飛鳥・藤原地区に所在する古代の遺跡からは、大量の土器が出土します。これらの土器を用いて日々研究を行っているのが、私たち考古第二研究室です。毎日の整理作業・研究の様子は、すでに詳しく紹介されていますので(巡訪研究室(7)「都城発掘調査部(平城地区)考古第二研究室」)、今回は、考古第二研究室(飛鳥・藤原地区)が取り組んでいる新しい技術による研究手法についてご紹介します。

三次元計測機を用いた土器の実測
 2019年7月、都城発掘調査部(飛鳥・藤原地区)は三次元計測機を導入しました。考古第二研究室では、年々増加する実測作業の負荷を軽減し、業務を効率化することを目的として、手測りによる実測作業とあわせて、この三次元計測機を運用しています
junpou19_1.jpg
都城発掘調査部(飛鳥・藤原地区)で導入した三次元計測機の設置状況
 導入した三次元計測機は元来、工業用部品の製品検定に使われるものです。このため、歪みの大きい古代の土器をどのように計測し、三次元モデルを作成するのか、まずこの点が問題になりました。試行錯誤の末、三次元計測前の準備から実測図作成にいたるまでの一連の作業工程を組み上げることができたので、以下ではその概要を紹介します。

三次元計測の準備
 実測用に土器を三次元計測する場合には、事前の準備が必要です。通常、土器の実測図には、表面に残されたさまざまな情報を書き込みます。三次元計測をおこなうと、こうした情報は微細な凹凸や画像(テクスチャ)情報として保存されます。しかし、土器の表面の凹凸が明瞭ではない場合や、見た目の違いもはっきりしない場合には、三次元モデル上で十分に表現されないことになります。これを防ぐために、後から消せる素材で土器の文様や、撫でたり削ったりした痕跡をあらかじめなぞっておきます。

三次元モデルの作成
 今回導入した三次元計測機は、計測台のサイズ(直径30㎝)以内の大きさの土器ならば、通常の手順で三次元計測することができます。これよりも少し大きめの土器の場合には、分割して三次元計測したデータを後から組み合わせて、三次元モデルを作成します。
 破片資料の場合、表面・裏面2回の計測で三次元モデルを作成することができます。完形資料の場合には、杯などの食器類では2回程度の計測を行いますが、甕などの球体に近い器種の場合は、内面全体を計測できるように角度を少しずつ変えて複数回計測します。置き方は簡単、土器が一番安定するようにそのまま計測台に配置します。
junpou19_2.jpg
三次元計測機への計測対象資料の配置
 三次元計測では通常、360°全周の計測を行いますが、1回の計測に3分程度かかります。つまり、比較的単純な形態の破片資料であれば、6分ですべての計測が終わる計算です。
junpou19_3.jpg
三次元計測中の画像
 計測データを記録したら、表裏面(破片資料の場合)のデータを合成して、1つの三次元モデルに仕上げます(写真4)。出来上がった三次元モデルの口縁部に水平面を設定し、実測図作成に適した座標系を新たに付与します。
junpou19_4.jpg junpou19_5.jpg
計測データの合成 三次元モデルの座標系の設定
実測図作成に必要なデータの取得
 土器の実測図に必要な基本情報は、①断面・輪郭、②内外面の器面調整(画像情報)、③復元できた口縁部の直径(復元口径、破片資料の場合)です。すでに作った三次元モデルからこれら3種類の情報を取得します。取得したデータは、あとで図面作成に使えるように適切な場所に保存します。
junpou19_6.jpg junpou19_7.jpg
断面データの取得 復元口径の計測
デジタル実測図の作成
 当初、断面データを取得した後は、この断面データを原寸大で印刷して、これを方眼紙に手書きで転写した後に、通常どおりに手測りで実測作業を行うことを考えていました。しかし、三次元計測機の導入目的である作業の効率化をもっとも適切に実現できるのは、実測図完成までの全ての作業工程を一貫して同じPC上で行えるようにすることだと、三次元計測を行うなかで徐々にわかってきました。
 そこで現在では、保存した断面データをai形式ファイルに書き出せるようにして、Adobe Illustrator®上で実測図まで作成しています。また、実測図がデジタルである強みを十分に活かすため、実測資料の基本情報をメタデータに書き込んでいます。
junpou19_8.jpg junpou19_9.jpg
作成した輪郭・断面図への内外面画像の配置 完成した実測図

junpou19_10.jpg
メタデータの入力画面
まとめにかえて
 杯などの比較的単純な器形の場合には、1点の完成までに、手測りの実測の後にデジタル・トレースを行った場合のおよそ半分の時間である約40分程度で済みます。思いのほか長いと思われるかもしれませんが、完成した実測図をすぐにトレース図として使用できるので、作業の省力化につながっています。また、三次元計測機はタイミングをずらせば一度に2~3個体を同時に扱えるので、ここでも時間が短縮できます。結果として、三次元計測機を導入した当初の目的は達成できたといえるでしょう。また、副次的効果として、すべての作業工程と使用したデータが残るため、作成した図面をあとから検証・再現することもできるようになりました。
 今後の課題は、誰もがある程度使いこなせるようにすることです。三次元計測機は操作通りに機械的に遺物を計測してくれますが、操作するのは人間です。つまるところ、操作する人が土器や実測について必要な知識を有していることが前提になっているのです。こうしたことを踏まえて、現在、三次元計測機を用いて実測図作成の実践を行いつつ、土器整理室の作業補助員が土器実測の方法を学んでいます。年単位の長い時間を要しますが、複数人が分担して作業を行えるようになれば、業務がさらに効率化し、結果として、古代の土器研究がさらに進むことが期待できます。
 将来的に、三次元計測のますますの発達・普及にともない、遺物の実測作業が従来と大きく変わると予想されますが、技術的知見を積み重ねている現在はその過渡期にあります。今後もしばらくは、手測りによる実測と三次元計測による実測を併用して、研究を進めていくことになります。さらに、三次元計測で得られた膨大なデータから新たな研究方法を開拓すべく、今後も議論と実践を重ねていく予定です。

文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

YouTube

奈文研facebook

飛鳥資料館facebook

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所

〒630-8577
奈良市二条町2-9-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730