考古第一研究室Archaeology Section 1 概要

研究室の業務

 考古第一研究室では、都城発掘調査部が調査した遺跡から出土した遺物のうち、木製品、金属製品、石製品などの調査研究をおこなっています。平城宮や藤原宮の周辺では、木簡などとともに多量の木製品が出土します。また工房跡などからも多様な金属製品や銭貨などが出土しています。これらの遺物の中には、正倉院に見られるものと類似しているものもあります。土器や瓦などと比較して出土数は少ないとはいえ、その調査研究は非常に重要です。扱っている遺物は、脆弱なものが多いので、常に自然科学関連研究室と連携しながら、保管、保存、管理しています。

 

 
平城宮東方官衙出土檜扇

飛鳥池遺跡出土富本銭と鋳棹






奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所(仮設庁舎)

〒630-8577
奈良市佐紀町247-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook