山崎 健

ヤマザキ タケシ/YAMAZAKI Takeshi

所属/職名

埋蔵文化財センター環境考古学研究室 主任研究員

関心

 食や使役、道具素材など「人が動物をどのように利用してきたのか」という多様な動物資源利用の歴史に関心があります。また、古代都城を中心として、環境考古学の研究を実践したいと考えています。単に過去の自然環境を復原するのではなく、当時の人々がどのように周囲の自然環境へ適応し、自然環境から様々な資源を獲得し、自然環境を改変したのかを解明していきたいです。

研究分野

文化財科学、史学、考古学

主要業績
2013年  「生業研究としての焼骨の可能性―新潟県域を事例として―」『動物考古学』30、pp.49-66
2013年 「東海地方における縄文時代晩期の生業変化―地域性と共通性―」『東海縄文論集』、pp.25-35
2012年 「藤原宮造営期における動物利用―使役と食を中心として―」『文化財論叢Ⅳ』、pp.345-365
2012年 “Estimation of Age at Death of Sika Deer (Cervus nippon) from an Archaeological Site Based on Radiographs of Mandibular Molariform Tooth Development” International Journal of Osteoarchaeology 22-2,pp.185-193 
2012年 「動物遺存体の形成過程をめぐる民族考古学と実験考古学-モンゴルにおける動物資源利用を事例として-」『動物考古学』29、pp.19-44
自己紹介写真
yamasakitakeshi.jpg
Researchmap
 
researchmap220.gif
 
 

文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所(仮設庁舎)

〒630-8577
奈良市佐紀町247-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook