山藤 正敏

ヤマフジ マサトシ/YAMAFUJI Masatoshi

所属/職名

都城発掘調査部考古第二研究室 研究員

関心

 西アジアの地中海沿岸域、南レヴァントにおいて紀元前3000年頃に出現した人類最古級の都市社会の成立背景や変遷について、セトルメント・パターンや土器の技術的特徴に主に基づいて研究してきました。
 また、最近では、中央アジアのキルギス共和国において、シルクロード沿いに建設された中世都市の発掘調査・研究に携わっています。広い視点からユーラシア大陸における都市社会の成立を研究しています。

研究分野

考古学

主要業績
2015年 『ヨルダン南部ショウバック北地域における考古学踏査成果報告書(2010~2015年)』(共著)
2014年 「銅生産拠点後背地の土地利用形態--ヨルダン南部ショウバック北地域における前期青銅器文化の変遷-」『金沢大学考古学紀要』35
2013年 A Preliminary Report of the Shawbak North Archaeological Project (SNAP), 2012-2013. Annual of the Department of Antiquities of Jordan 57.(共著)
2012年 「前期青銅器時代パレスティナ地域における土器製作技術の変遷―生産関連遺構・遺物と調整痕から―」『史観』167
2009年 「南レヴァントにおける広域分布土器の生産体制―硬質土器(Metallic Ware)の分析から―」『農耕と都市の発生:西アジア考古学最前線』(分担執筆)
自己紹介写真
 
yamafujimasatoshi.jpg
Researchmap
 
researchmap220.gif
 
 

文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所

〒630-8577
奈良市二条町2-9-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook