浦 蓉子

ウラ ヨウコ/URA Yoko

所属/職名

都城発掘調査部考古第一研究室アソシエイトフェロー

関心
 原始古代における「木のものづくり」を明らかにすべく研究を進めています。木の道具は当時、欠かせなかった生活の道具であり、当時の生活を豊かに復元することができます。また、当時の人々が、現代のビニール紐のようにサクラ樹皮を紐として使い、物作りに多用してきたこともわかりつつあります。
 樹皮や葉を含め、どのように樹木を素材として、木の道具を作ったのか、そして使ったのかを明らかにしたいと考えています。
研究分野

考古学、文化財科学、民具

主要業績
2014年 「第XI章 樹皮製品」 『八日市地方遺跡Ⅱ-小松駅東土地区画整理事業に係る埋蔵文化財発掘調査報告書- 第4部木器編』小松市教育委員会 pp.253-264
2013年 「結合技術からみた四方転び木製品」 『立命館大学考古学論集』立命館大学考古学論集刊行会 Ⅵ pp.171-182
自己紹介写真
urayoko.jpg  
Researchmap
 
researchmap220.gif
 
 

文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所(仮設庁舎)

〒630-8577
奈良市佐紀町247-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook