玉田 芳英

タマダ ヨシヒデ/TAMADA Yoshihide

所属/職名

都城発掘調査部 副部長/考古第一研究室長(兼務)

関心

 入所以来、一貫して土器の調査研究に携わってきました。土器自体の研究はもちろん重要ですが、その奥に透けて見える土器を使った人のことを忘れてはならないと考えています。また、土器からみた古代の漆生産から運搬・流通・消費の実態や、酒造りの様相解明など、古代の物資生産についても関心を持っています。近年は、中国河南省文物考古研究所との共同研究として、唐三彩の生産と流通の研究にも取り組んでいます。

研究分野

史学、考古学

主要業績
2009年 『史跡で読む日本史1?列島文化のはじまり』吉川弘文館
2007年 『縄文土器3(後期)』日本の美術498
2001年 「奈良三彩と緑釉陶器」『古代の土器研究Ⅲ』古代の土器研究会
1999年 「漆付着土器の研究」『文化財論叢Ⅱ』奈文研
1994年 「施釉陶器の成立と展開」『古代の土器研究』古代の土器研究会
自己紹介写真
NoImage.jpg
Researchmap
 
researchmap220.gif
 
 

文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所(仮設庁舎)

〒630-8577
奈良市佐紀町247-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook