庄田 慎矢

シヨウダ シンヤ/SHODA Shinya

所属/職名

都城発掘調査部考古第一研究室 主任研究員

関心

 先史時代以来、日本を含めた東北アジア地域が、農耕・金属器・仏教・都城制などの中国中原地域からの影響を受けながら、どのような独自の歴史的変遷をたどったのか、考古学の立場から復元を試みています。また、様々な自然科学的手法の考古学的適用と、それによって考古学的思考がどう変わるのかを、日々考えています。最近は、東アジアを中心とした地域の食文化の歴史についても研究しています。

研究分野

文化財科学、史学、考古学

主要業績
2013年  「日本特別史跡平城宮遺跡の発掘・整備・活用」『慶州月城保存整備政策研究総合研究報告書 』(共著)
2010年  「土器作り叩き板の考古民族植物学的研究」『考古学と自然科学』60(共著)
2009年  『青銅器時代の生産活動と社会』学研文化社
2008年  『炊事の考古学』書景文化社(分担執筆) 
2007年 『土器焼成の考古学』書景文化社(編著)
自己紹介写真
shodashinya.jpg
Researchmap
 
researchmap220.gif
 
 

文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所

〒630-8577
奈良市二条町2-9-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook