丹羽 崇史

ニワ タカフミ/NIWA Takafumi

所属/職名

都城発掘調査部考古第二研究室 研究員

関心

以下のような内容について研究を進めています。
①飛鳥・奈良時代における手工業生産技術と生産体制の研究
②東アジアにおける金属技術・窯業技術の変遷
③鋳造技術を対象とした実験考古学的研究
④殷周時代における青銅器生産・流通の考古学的研究
⑤博物館における展示手法の検討

研究分野

史学、考古学

主要業績
2013年  「中国周辺地域における出現期「失蝋法」の比較検討‐東アジアにおける失蝋法の出現と展開に関する研究序説(2)‐」『FUSUS』第6 号
2013年 「窯道具からみた唐三彩窯成立・展開過程-三国・晋・南北朝・隋唐における窯道具の基礎的研究-」『河南省鞏義市白河窯跡の発掘調査概報』
2012年 「奈良時代における湾曲羽口の再検討」『文化財論叢Ⅳ』奈良文化財研究所創立60周年記念論文集
2011年 「従窯具来観察鞏義窯‐以三叉支墊為中心的研究‐」『中国鞏義窯』中国華僑出版社
2010年 「中国における高錫青銅器の展開―先秦期を中心に―」『アジアの高錫青銅器-製作技術と地域性-』
2009年 「従製作技術看戦国時代江漢地区出土青銅鼎−論包山2号墓・天星観2号墓・望山1、2号墓出土青銅鼎−」(中国語)『三代考古』3
2008年 「中国における失蝋法の出現をめぐる学史的検討‐東アジアにおける失蝋法の出現と展開に関する研究序説(1)−」『FUSUS』1
自己紹介写真
niwatakafumi.jpg
Researchmap
 
researchmap220.gif
 
 

文化財保存修復研究基金

なぶんけんブログ

奈文研学術情報リポジトリ

独立行政法人国立文化財機構
奈良文化財研究所

〒630-8577
奈良市二条町2-9-1
TEL 0742-30-6733
FAX 0742-30-6730


奈文研facebook

飛鳥資料館facebook